海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 南アフリカでリサイクルするには?

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 中川 沙和

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年5月 1日

南アフリカでリサイクルするには?


メール プリント もっと見る

南アフリカでリサイクルするには?


南アフリカでは日本やその他の先進国のように水道、電気、インフラなどの公共サービスが安定していないことが問題になっています。ゴミの分別などもあまりされておらず、貧しい地域などではゴミの処理さえもきちんとされていないことが多くあります。


公共のサービスが安定していない場合、やはり民間企業に頼ることになります。道路に開いた穴を直すにもラジオ局がスポンサーになったり、信号が故障した時に即時交通を管理するのも民間の保険会社が支援しています。


私の住む地域でもゴミの分別がされていないので気になるリサイクル活動ですが、これももちろん民間企業を通じて行われています。


まず、ヨハネスブルグで持ち込みでリサイクルできる場所にはスーパーマーケットPic 'n' Pay があります。リサイクルできるのは、プリンタインクのカートリッジ、電池、プラスチックの袋と入れ物、電球と限られていますが、買い物のついでに持ち込みができるので便利です。最近は同じくスーパーマーケットWoolworths のお店でもリサイクルボックスがあるお店を見かけることがあります。





















(Benmore GardensにあるPic 'n' Payのお店に置かれているリサイクルボックス)



持ち込みリサイクルの他には、民間の有料リサイクルサービスを利用する方法があります。私が利用している会社はWhole Earth という会社で、2週間おきに家までリサイクルゴミを取りに来てくれます。瓶、缶、プラスチックはもちろん、コンピューターなどの電化製品もリサイクルOKです。サービスは月々80ランド(約820円*)と良心的でです。もちろん瓶や缶などは洗って乾かす必要がありますが、分別する必要がなく、すべて専用のゴミ箱に一緒にいれて良いので便利です。


*1ランド=10.27円で計算





記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2012年5月 1日
« 前の記事「Happy Freedom Day!」へ
»次の記事「英観光客がチーターに襲われる!」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    薪直火焼き丸鶏とクラフトビール
    南アフリカで前代未聞のベストセラー本が誕生 "The President Keepers"
    "ブルーライトギャング"を警戒せよ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    南ア全土でミニバスタクシーのスト プレトリアではデモ行進も 混乱に注意/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    3000メートル級の山が目の前に! Golden Gate Highlands国立公園
    ヨハネスブルグで日本人の犯罪被害が急増/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年10月版)
    Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカのタクシードライバーによる蛮行/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年9月版)
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      中川 沙和
      生まれは東京。その後中東、欧州、米国、と世界を転々とする渡り人。ヨハネスブルグには2002年に出張で訪れて以来、その後10回ほどの訪問を経て2009年7月より在住。趣味はヨガ、テニス、フルート、読書、そして南アフリカではゴルフにも挑戦。最近は現地の食材を駆使した和食の作り方を試行錯誤中。専門は金融及び国際開発。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集