海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 気をつけよう!最近ヨハネスブルグで流行っている犯罪...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 中川 沙和

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年6月24日

気をつけよう!最近ヨハネスブルグで流行っている犯罪手口


メール プリント もっと見る

気をつけよう!最近ヨハネスブルグで流行っている犯罪手口


以前にも南アフリカの犯罪については本ブログ に書いていますが、最近新しい手口の犯罪がヨハネスブルグ北部サントン地域で流行っているという話を聞いたのでご紹介します。


1. 「ロレックス・ギャング」

これはロレックスやその他の高級時計、宝石などを身につけた人が被害の対称になっています。ショッピングセンターや銀行の帰りに車で尾行され、家のゲートの前で銃を突きつけられ、時計や宝石などを盗まれるとう犯罪手口です。


出かける時にはあまり目立つ時計や宝石を身につけないようにする、帰宅する際にはゲートに入るまで十分周りに注意を払う、などの対策が必要です。家の近くに着くと安心してしまいがちなので、ゲートの中に入るまで油断は禁物です。



2. 「自動車アラーム妨害」

これは車を駐車しロックしたつもりが、駐車場に待ち伏せていた犯罪者がリモート操作を妨害し、車が開いた状態のままになってしまうという犯罪です。もちろん駐車した人は車をロックしたつもりでいるのでそのまま買い物などに出かけ駐車場に戻ってくると、車の中にあったものが盗まれている、ということになります。私の友達も何人が被害にあっています。


対策としては、リモートロックに頼らず、かならず車がロックされているかチェックする必要があります。


3. 「Smash & Grab」

これは以前からよくある犯罪手口ですが、相変わらず被害が多いとのことなので改めてご紹介します。犯罪手口としては、運転している車の窓ガラスが割られ、車の中に置いてあったバッグや携帯電話を盗まれるというものです。


対策としてはもちろん窓から見えるところに持ち物を置かない、に限ります。私は携帯は外から見えにくいところに置き、その他ハンドバッグなどの持ち物は必ずトランクに入れています。これは昼間でも起きる犯罪なので、十分気をつけましょう。




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 生活・習慣・マナー
2012年6月24日
« 前の記事「南アフリカは冬真っただ中」へ
»次の記事「雪降るヨハネスブルグ」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ツー・オーシャン マラソンご報告

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      中川 沙和
      生まれは東京。その後中東、欧州、米国、と世界を転々とする渡り人。ヨハネスブルグには2002年に出張で訪れて以来、その後10回ほどの訪問を経て2009年7月より在住。趣味はヨガ、テニス、フルート、読書、そして南アフリカではゴルフにも挑戦。最近は現地の食材を駆使した和食の作り方を試行錯誤中。専門は金融及び国際開発。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集