海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 1万円未満でサファリを楽しむ? クルーガー国立公園...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年6月21日

1万円未満でサファリを楽しむ? クルーガー国立公園訪問記(前編)


メール プリント もっと見る

1万円未満でサファリを楽しむ? クルーガー国立公園訪問記(前編)

130623 kuruger_08.jpg


クルーガー国立公園にいってきました! 日本からのゲストをご案内したのですが、野生動物は何度見てもその姿、そして動きが本当に美しいですね。


ところで、サファリってとにかく「お金がかかる!」というイメージがあると思います。確かに、三食+ガイド付きの豪華なロッジに泊まってサファリを楽しみたいのであれば、それに見合うだけの金額が必要です。


でも、「豪華なロッジは必要ない。とにかく野生の動物を生で見てみたい」ということであれば話は別。クルーガー国立公園は日帰り旅行もできるし、今回の僕たちみたいにセルフケータリングのコテージを借りれば、1泊2日を1人1000ランド(=1万円)で十分にお釣りが返ってくるような金額で楽しむことだってできちゃうんです。


それではここからが詳しいレポートです。
記事がちょっと長くなりそうなので、2回に分けて書いていきたいと思います。


1泊2日でも会えました クルーガーで出会った動物たち

正直、今回の1泊2日はかなりの強行スケジュールです。ゲストにもう少し時間の余裕があれば、2泊か3泊はしたかったところ......。でも、さすがは野生動物の楽園クルーガー国立公園。キリンやシマウマ、インパラなどはもちろん、BIG5(ライオン、ヒョウ、ゾウ、サイ、水牛)にも、全部ではないけれど出会うことができました。

130623 kuruger_04.jpg

ここはボクの道だゾウ


130623 kuruger_06.jpg

ゆったりと歩くサイの親子


130623 kuruger_05.jpg

甲羅干し(?)中のワニ


130623 kuruger_07.jpg

インパラのつぶらな瞳 癒されます


いざ、クルーガーへ! 北部のプンダ・マリアゲートを利用

クルーガー国立公園は月によって開門と閉門時間が変わります。僕が行った5月の開門時間は6時でした。動物たちは朝と夜に活発に動くので、開門と同時に入れるように朝4時過ぎにマカド(Makhado)の家を出発。トーヤンドー(Thohoyandou)ロードとも呼ばれるR524をひた走って、北部のプンダ・マリア(Punda Maria)ゲートに向かいます。


トーヤンドーに到着するまでは、後ろから来る車もすれ違う車もほとんど見かけません。とはいえ、道路に突然牛やロバが飛び出してくることがあるので、油断は禁物。眠い目をこすりながら、慎重に運転します。


130623 kuruger_01.jpg

夜明け前のトーヤンドー(「像の頭」の意味)にて。右下はそれにちなんだ像


途中で休憩もしながら、1時間半強でゲートに到着! ゲートの前に一旦車を停めて、徒歩で右手に見える三角帽子のような建物に向かって受付を済ませます。受付で渡されるレシートは大切なので、絶対に失くさないようにしっかりキープしてくださいね。ロッジにチェックインする時や、クルーガーを出るときに提示を求められます。


130623 kuruger_02.jpg

右手の建物が受付です


130623 kuruger_03.jpg

6時を少し過ぎての到着。すでに何組か先客が


受付では公園内の詳しい地図が売っています。必要な人はここで買っておくといいと思います。あと、クルーガー内は決められた場所を以外で車を降りられません。トイレが心配な人は今のうちに済ませておきましょう。


これで準備は完了です。それではいよいよ、クルーガー国立公園へ!


▼1万円未満でサファリを楽しむ? クルーガー国立公園訪問記(後編)へ(準備中です)


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2013年6月21日
« 前の記事「南アフリカに持参すべき変換プラグはこれ!(2013年6月版)」へ
»次の記事「民族で違う「おふくろの味」 南アフリカの主食パップの話」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    ジンバブエのムガベ大統領が辞任 歓喜に沸く南アフリカのジンバブエ人
    薪直火焼き丸鶏とクラフトビール
    南アフリカで前代未聞のベストセラー本が誕生 "The President Keepers"
    "ブルーライトギャング"を警戒せよ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    南ア全土でミニバスタクシーのスト プレトリアではデモ行進も 混乱に注意/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    3000メートル級の山が目の前に! Golden Gate Highlands国立公園
    ヨハネスブルグで日本人の犯罪被害が急増/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年10月版)
    Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカのタクシードライバーによる蛮行/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年9月版)
    1年前の同じ月に投稿された記事
    気をつけよう!最近ヨハネスブルグで流行っている犯罪手口
    南アフリカは冬真っただ中

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集