海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 世界の人の「ふつうのくらし」をインタビュー!

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年8月24日

世界の人の「ふつうのくらし」をインタビュー!


メール プリント もっと見る

世界の人の「ふつうのくらし」をインタビュー!

南アフリカを紹介する面白いプロジェクトを友達から教えてもらったので、シェアしたいと思います。


「ふつうのくらし」を伝えるための世界一周プロジェクト

Biotope Journal(ビオトープ・ジャーナル)というプロジェクトを知っていますか?


1308 biotope01


Biotope Journal(ビオトープ・ジャーナル)

http://www.biotopejournal.com/


ビオトープ・ジャーナルは、世界の人たちの「ふつうのくらし」を伝えるために、2012年10月に立ち上がったオンライン・メディアです。このプロジェクトのために結成されたユニット「退屈ロケット」(金沢寿太郎とスガタカシ)が世界一周をする中で、若い世代の人々の住まいや職場に足を運んで、世界の【人】が、どんな【空間】で暮らして、何をしているのかを伝えています。


「退屈ロケット」の2人は、「ガイドブックやふつうのメディアからはこぼれ落ちてしまう世界の"ふつうのくらし"が、ぼくたち自身の日常を編み直すヒントになるのではないか」と考えてこのプロジェクトを始めたそうです。


これまでに中国、中央アジア、トルコ、ヨーロッパ、モロッコ、ヨルダン、イスラエル、エジプト、タンザニアなどを旅してきた2人がついに南アフリカに到着して、南アフリカの「ふつうのくらし」を伝えてくれています。



より大きな地図で Boredom Rocket Route を表示


ビオトープ・ジャーナルの南アフリカ編から僕が独断と偏見でオススメする記事はこれ!

南アフリカでは今までに、ヨハネスブルグ、ステレンボッシュ、ケープタウンの「ふつうのくらし」が取り上げられています。これらの中から、僕が面白いなと思ったものをピックアップしてみます。


●Mike lives in the Ponte tower - ヨハネスブルグ 世紀末ビルの新世紀


白人のマイクは「世界一危険なビル」と称されるポンテ・シティ・アパートメントに住んでいる。いったい何をしているのか?


http://www.biotopejournal.com/people/20130708/000295

http://www.biotopejournal.com/people/20130709/000296

http://www.biotopejournal.com/people/20130710/000297

http://www.biotopejournal.com/people/20130711/000298

http://www.biotopejournal.com/people/20130712/000299

http://www.biotopejournal.com/people/20130713/000300

http://www.biotopejournal.com/people/20130714/000311


●Ksenia loves different cultures - ヨハネスブルグ 街を冒険する方法


クセニヤは最近話題のオンラインマガジンGummieを立ち上げた。きっかけは?そして、どんな生活をしているのか?


http://www.biotopejournal.com/people/20130715/000302

http://www.biotopejournal.com/people/20130716/000303

http://www.biotopejournal.com/people/20130717/000304

http://www.biotopejournal.com/people/20130718/000305

http://www.biotopejournal.com/people/20130719/000306

http://www.biotopejournal.com/people/20130720/000307

http://www.biotopejournal.com/people/20130721/000308


2人はすでに南アフリカを後にしてしまっているものの(残念!)、まだしばらく南アフリカの記事が続きます。


具体的には、人物に焦点を当てる「人とくらし」記事をあと2人分(2週間)、そして空間に焦点を当てる「空間と人」という記事として、南アフリカを含めたアフリカについての記事(ケニア、タンザニア、南アフリカ)を更新するんだそうです。


写真を見ているだけでも素敵なので、ぜひチェックしてみてください。


参考情報

●名称

Biotope Journal


●ホームページ

http://www.biotopejournal.com/


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 生活・習慣・マナー
2013年8月24日
« 前の記事「【世界遺産】マプングブエの丘・徹底ガイド たった70年間だけ栄えた南部アフリカ初の王国(その2)」へ
»次の記事「【世界遺産】マプングブエの丘・徹底ガイド たった70年間だけ栄えた南部アフリカ初の王国(その3)」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    雪降るヨハネスブルグ

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集