海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > Google翻訳がズールー語に対応!

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年9月 3日

Google翻訳がズールー語に対応!


メール プリント もっと見る

Google翻訳がズールー語に対応!

南アフリカには公用語がいくつあると思いますか?


正解は11言語。南ンデベレ語、北ソト語、ソト語、スワジ語、ツォンガ語、ツワナ語、ヴェンダ語、コサ語、ズールー語、アフリカーンス語、英語が公用語として定められています。


ほとんどの観光地では英語が通じますが、ローカル言語を少しでも知っていると地元の人との距離がぐっと縮まるのは嬉しいこと。


僕も村に足を運んだ時にその地域で主に使われているツォンガ語とやヴェンダ語で挨拶をすると、とてもビックリされたり喜ばれたりして、話が盛り上がります。


夢が現実に! Google翻訳がズールー語への対応を発表

1309_google02.jpg


とはいえ、これだけたくさんの言語を覚えるのは大変です。そもそも、南アフリカのローカル言語についての情報を手に入れるのはなかなかむずかしいですし。


Google翻訳が対応してくれないかなー......と思っていたところ、なんと夢が現実に!


ナイジェリアを中心に西アフリカで話されているハウサ語・イボ語・ヨルバ語、ソマリア周辺で話されているソマリ語、そして南アフリカの公用語ズールー語の5言語を追加することを発表したのです。


https://plus.google.com/u/0/+GoogleAfrica/posts/F7U4zxy3Fwt


実は利用者数が多いアフリカのローカル言語 一部はオランダ語の話者数に匹敵


株式会社情報通信総合研究所の佐藤仁さんは、新しく加わる5言語について次のようにまとめてくれています。


アフリカには約2000~3000の言語がある。そして、今回対応するローカル言語は、それぞれ1000万人から2000万人が話している言語である。それらはオランダ語の話者数に匹敵する。


●Google翻訳がアフリカのローカル言語に対応

http://www.icr.co.jp/newsletter/global_perspective/2013/Gpre201398.html


他にアフリカで利用者数が1000万人を超える言語としては、例えばオロモ語、アムハラ語、マダガスカル語、ショナ語、フラニ語、ベルベル語などがあるようです。


これらの言語などアフリカのローカル言語への対応がさらに進めば、アフリカがぐっと身近に感じられるようになるかもしれません。


ズールー語を話せる方へ 今こそあなたの出番です!

Googleでは現在、翻訳の正確さを評価するボランティアを募集しています。内容は英語とズールー語間の翻訳をチェックして、4段階でフィードバックを行うというものです。


1309_google01.jpg

実際の作業画面。翻訳を確認して評価にチェックを入れるだけ


ズールー族の友達にやってみてもらってみたところ、「半分くらい合ってるけど、まだまだかな」とのことでした。たくさんチェックが入れば入るほど正式公開も早まると思うので、ズールー語を話せる方、ぜひご協力をよろしくお願いします。


●Do you speak Zulu and English? Help Google Translate support Zulu!

https://translate.google.com/about/intl/en_ALL/volunteer/zulu.html


え、僕が使うことが多いツォンガ語とヴェンダ語はどうなのかって?


利用者数が少ないマイナーな言語だけあって、Google翻訳への対応は実現するとしても相当先の話になりそうです。僕はもうしばらく会話集とにらめっこしながら頑張ってみたいと思います。


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 通信・携帯・インターネット
2013年9月 3日
« 前の記事「ヨハネスブルグ特派員流・南アフリカ行き格安航空券の探し方」へ
»次の記事「週末ショッピングの新定番 ノーウッドに日曜マーケットがオープン!」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集