海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > マンデラ氏が死去 その数時間後、深夜の自宅前からの...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年12月 8日

マンデラ氏が死去 その数時間後、深夜の自宅前からの報告


メール プリント もっと見る

マンデラ氏が死去 その数時間後、深夜の自宅前からの報告

ネルソン・マンデラ氏死去の報道を聞き、12月6日(金)の午前0時過ぎに自宅前に急行しました。


自宅前の道路は警察によって封鎖されていましたので、マンデラ氏の自宅から一本離れた道に車を停めて、徒歩で自宅前に向かいました。身分証明書の提示などは一切求められませんでした。絶対視されることを嫌い、誰とでも気さくに接してきたマンデラ氏の生前の意思が反映されたのかもしれないな、と思いました。


1312_mandela01.jpg


午前0時15分頃にマンデラ氏の自宅前に到着しました。すでに、訃報を聞きつけた大勢の市民やメディア関係者が自宅前に集まっていました。黒人、白人、カラードと肌の色に別け隔てはありません。マンデラ氏が目指した、誰もが共に安心して暮らせる「虹の国」がここでは実現されているように見えました。


1312_mandela04.jpg


午前0時30分頃に、誰ともなく南アフリカ共和国国歌の大合唱が始まりました。大きな歌声と拍手が辺りに響き渡りました。「マディバ!マディバ!」とマンデラ氏の愛称を叫ぶ声も聞こえました。


1312_mandela05.jpg


1312_mandela06.jpg


1312_mandela08.jpg


ショショローザ(出稼ぎ労働者の歌)やデモ行進時のかけ声など、曲を変えて大合唱は続きます。僕がマンデラ氏の自宅前を後にした午前3時頃にも、まだ大勢の市民がその場に残って声を響かせていました。


かつて、自由を求める闘いの中で仲間を失った時にも、人々は歌い、踊り、故人を送り出したといいます。僕はこの大合唱やかけ声から、仲間を送り出すにあたっての「彼らの流儀」を感じました。


1312_mandela02.jpg


1312_mandela03.jpg


もちろん、自宅の方向をじっと見つめて静かにマンデラ氏を見送る人たちの姿もありました。道路脇にいつの間にかできた献花台には、たくさんのキャンドルや花束が早くも集まっていました。


場の雰囲気は、「それぞれが思い思いの形でマンデラ氏を見送ろう」というものでした。嘆き、悲しむ様子が全く感じられなかったことがとても印象に残っています。


1312_mandela09.jpg


「貧困は自然現象ではなく、人間が生み出したものです。だから、人間の行動によって克服し、追放することができます。貧困の克服とは慈善行為ではなく、正義の行為であり、誰もが持つ権利を守ることです。そして、貧困が存在し続ける限り、自由はありえません」。生前マンデラ氏はこのような言葉を残しています。


僕は20代前半から、貧困の克服にさまざまな形で関わってきました。今、南アフリカに暮らす一員としてマンデラ氏の遺志をくんで、しっかりとこれからもこの課題に向き合っていこうという思いを新たにしました。


Twitterでも情報を発信しています

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています。


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、興味深かったら応援をお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 生活・習慣・マナー
2013年12月 8日
« 前の記事「ケープタウンの味をヨハネスブルグで カフェ&食材店Melissa's」へ
»次の記事「マンデラ氏に最後の別れ 政府庁舎で遺体を公開」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    薪直火焼き丸鶏とクラフトビール
    南アフリカで前代未聞のベストセラー本が誕生 "The President Keepers"
    "ブルーライトギャング"を警戒せよ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    南ア全土でミニバスタクシーのスト プレトリアではデモ行進も 混乱に注意/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    3000メートル級の山が目の前に! Golden Gate Highlands国立公園
    ヨハネスブルグで日本人の犯罪被害が急増/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年10月版)
    Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカのタクシードライバーによる蛮行/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年9月版)
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集