海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > ステーキの名店The Local Grillの厨房...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年1月31日

ステーキの名店The Local Grillの厨房に潜入


メール プリント もっと見る

ステーキの名店The Local Grillの厨房に潜入

「せっかく南アフリカにいるんだから、豪快に肉の塊が食べたいな」。


そんなゲストのリクエストに応えてある日の遅いランチに訪問したのが、パークタウン・ノース(Parktown North)にお店を構えるステーキハウス、The Local Grillです。

1401_localgrill04.jpg

肉の熟成状況を伝えるボード


肉は穀物牛と牧草牛の2種類が用意されていて、選べる部位はランプ、サーロイン、フィレ、Tボーン、リブアイの5種類。部位に応じてドライエイジング、またはウェットエイジングで熟成がなされていて、その日の熟成具合は店内に貼りだされています。


(参考)牛肉の部位別特性

http://www.matsue-torisen.co.jp/~mbca/html/niku15.html


実はステーキだけではなく、このお店はワインのセレクションにも定評があります。グラスワインが赤白それぞれ8種類くらいあった気がします。せっかくなので、僕たちも少し飲みながら前菜をつまむことにしました。


1401_localgrill01.jpg

Karoo Platter

メニューには鹿(と書いてあるけど、実際はたぶんクドゥ)のサラミとカルパッチョの盛り合わせなのですが、サラミが切れていたため、牛肉のカルパッチョに差し替えて対応してもらいまいした。二種類のカルパッチョが食べられて、むしろ大満足。


1401_localgrill02.jpg

リブアイステーキ(500g)


リブアイは500gまたは700gから選びます。お皿には肉の塊がドカン、と。付け合せは別盛りです。やっぱり骨付きの肉は美味しいですね。


焼き加減は注文の時に聞いてくれます。僕はミディアムで注文したところ、ミディアム・レアに近い感じで焼きあがってきました。もっと火を通して欲しい人は、ミディアム・ウェルで注文してください。


1401_localgrill03.jpg

オニオンリング


付け合せのオニオンリング。これは美味い! お酒が進む味です。衣はポレンタ&クミンまたは、ビールの2種類から選べます。


名店の裏側はどうなっているのか? 厨房に潜入

お店で肉を熟成しているというこのお店、実際にどんな感じなんだろう......と思っていたら、なんと熟成庫と厨房を見学させてくれるとのこと。遅いランチという時間帯がよかったのでしょうか、何事も言ってみるものです。


1401_localgrill06.jpg

肉の熟成庫。吊るされているのがドライエイジング中の肉


こちらが熟成庫の様子です。ドライエイジングされるリブアイとTボーンが吊るされています。僕が食べたリブアイステーキもここから切りだされたと思うと、本当にいい肉を食べたんだなぁという気分になりました。


棚に並んでいるのは、サーロインやフィレなどです。こちらはウェットエイジングのため、パックされて並べられています。


1401_localgrill07.jpg

巨大なグリルを中心とした厨房


厨房はディナータイムに向けて付け合せやソースの仕込み真っ最中でした。


1401_localgrill08.jpg

店内の雰囲気。15時頃撮影


ゆっくりと食事を楽しむことができる、とても落ち着いた内装です。


パークタウン・ノースにはTurn 'n Tender もあってこちらもいいお店なのですが、純粋な肉の質はこちらが一枚上という印象を持ちました。いずれにせよお腹いっぱいで大満足です。


お店の情報

●名称

The Local Grill


●住所

Corner of 7th & 3rd Avenues, Parktown North, Johannesburg


●電話

011-880-1946


●ホームページ

http://local-grill.co.za/


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2014年1月31日
« 前の記事「誰も知らないタイ・フェスティバル」へ
»次の記事「リピ確定! 自家製アイスクリームが絶品のカフェ Trieste」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集