海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 行ってきました、喜望峰!(その1)

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年6月25日

行ってきました、喜望峰!(その1)


メール プリント もっと見る

行ってきました、喜望峰!(その1)

行ってきました、喜望峰。


南アフリカに住んでいるんだからいつでも行けそうな感じがしますが、意外とその道のりは遠いものでした。在住1年目のクリスマス休暇時にさっそく訪問してみたのですが、この時は国立公園のゲートからはるか手前まで入場待ちの車が列をつくっているという混雑っぷり。「無理。帰ろう」と言い終わらないうちにUターンする友人(ケープトニアン)の判断の早さに呆然としつつ、初めての喜望峰訪問は直前リタイアという結果に終わりました。


が、ついに!です。 念願叶って、喜望峰とケープ・ポイントに行ってきました。


ケープ半島最南端「ケープ・ポイント」へ

あの日の渋滞がウソだったかのように、今回は数台しか車を見かけませんでした。テーブル・マウンテン国立公園(Table Mountain National Park)のゲートをくぐって、まずはケープ・ポイントの拠点へと車を走らせます。


喜望峰が位置するケープ半島は先端が2つに分かれていて、その片方が喜望峰、もう片方がこのケープ・ポイントです。日本では喜望峰が圧倒的に有名ですが、実はこのケープ・ポイントこそがケープ半島の最南端なんです。


1406_Capepoint08.jpg


国立公園だけあって、立派な施設です。ケープ・ポイントを眺められる展望台へは、ここから徒歩かケーブルカーで登ることになります。


1406_Capepoint01.jpg


ケーブルカー。かなりの急勾配です。体力に自信がある人以外は、徒歩ではなくケーブルカーを利用した方がいいかと......。


1406_Capepoint02.jpg


ケーブルカーを下車すると灯台はもう目の前です。灯台の高さは海抜248メートル。あと一息です!


1406_Capepoint04.jpg


近く見える灯台ですが、道のりは意外と大変でした。ところどころ階段の段差が違うので、うっかりすると落ちそうになるんですよね(特に下りは要注意)。足元に注意して一歩ずつ確実に登って、ようやく到着です。この灯台はかつてインド洋と大西洋間を航行する船乗りたちの大切な道しるべでした。


1406_Capepoint05.jpg


そして展望台から見える、この先端がケープ・ポイントです。眼下に広がるのは、見渡すかぎりの大西洋。たまに「ケープポイントで大西洋とインド洋が出会う」という説明を見かけますが、残念ながらこれは不正解。正しくはここから南東に約200km離れたケープ・アガラスで、大洋は出会うんだそうです。

1406_Capepoint06.jpg


この一帯は、ケープ植物区保護地域群として世界遺産に登録されています。写真を撮っている人も多かったなぁ。


1406_Capepoint07.jpg


え、ここから往復5時間のトレイル?!......と思ったら誰かがイタズラをしたみたいで、本当は往復1.5時間のようでした。ゆっくりと歩いてみてもいいのかもしれません。


次回はいよいよ、喜望峰に到着です。


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2014年6月25日
« 前の記事「ワールドカップが人気過ぎてコンゴ民主共和国が停電の危機?!」へ
»次の記事「行ってきました、喜望峰!(その2)」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    1万円未満でサファリを楽しむ? クルーガー国立公園訪問記(後編)
    民族で違う「おふくろの味」 南アフリカの主食パップの話
    1万円未満でサファリを楽しむ? クルーガー国立公園訪問記(前編)
    南アフリカに持参すべき変換プラグはこれ!(2013年6月版)
    サッカー2014年W杯 予選敗退の南アフリカにわずかな望み?
    無線LAN&コーヒーお代わり自由 便利なカフェMugg & Beanでひと休み
    インド系南ア人が自信を持ってオススメする南インド料理店 ドーサハット
    南アフリカワイン 2013年トップ100ランキング!
    必要?不要? 南アフリカのチップ事情(駐車場編)
    ネルソン・マンデラ元大統領が入院 心ないデマも飛び交う
    旅行者のための南アフリカ治安情報(2013年6月版)
    175kmを駆け抜けろ 「バオバブ」自転車レース開催中!
    若きスパザショップ経営者のちょっといい話
    富裕層から庶民向けまで 南アの食はスーパーマーケットにあり!
    ヨハネスブルグ特派員が交代します

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集