海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 巨大な壺がお出迎え ちょっと怪しげな中華食堂

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年6月 8日

巨大な壺がお出迎え ちょっと怪しげな中華食堂


メール プリント もっと見る

巨大な壺がお出迎え ちょっと怪しげな中華食堂

細かいことは気にしない、美味しいものを食べたい!という人向けの記事です。


前回の記事 でヨハネスブルグ(Johannesburg)のチャイナタウンに少し触れました。


シリルディーン(Cyrildene)地区にあるこのチャイナタウンは、500メートルほどの通りの両側に中華料理店やスーパーマーケット、床屋、旅行代理店、漢方薬店などが並んでいるというものです。


僕は特に、レストラン、スーパー、そして八百屋をよく活用しています。スーパーでは中華食材を中心としたアジア食材が、八百屋では普通のスーパーでは手に入りにくい空芯菜、青梗菜、菜心などの青菜をはじめ、大根、里芋、ごぼう、レンコンなども取り扱うという嬉しい品揃えなのです。この辺りは掘り下げると面白いのですが、旅行・観光情報とはだいぶ離れるのでこれ以上詳しく書くのはやめておきます。


では、オススメのレストランはどこなのか。今回は順徳(Shun De)や旺角(Mongkok)、北方小吃(Chinese Northern Foods Restaurant)、真味海鮮(Fisherman's Plate)などの定番どころをあえて外して、僕が一押ししたいお店を紹介します。


巨大な壺の中に小さな壺 小さな壺の中に名物料理が

1406_pot08.jpg


お店の名前は「焼罐世家(Delicious Casserole Food)」といいます。小さな壺からいただく煮込み(スープ)が名物のレストラン......いや、食堂と呼んだ方がしっくり来るような、庶民的なお店です。


実はこのお店、初めて入るのまでにはちょっと抵抗がありました。お店の前の大きな壺が気になる。でもなんだかちょっと怪しい......。あれこれ考えながら、ある日勇気を出して入ってみたら予想以上に美味しくて、すっかりお気に入りのお店になりました。


1406_pot01.jpg

壺に具材の内容が書かれている


このお店で必ず食べたいのは、店名にもなっているキャセロール料理です。このキャセロール料理は提供方法がとてもユニーク。メニューの中から好みの具材を注文すると、お店の前に置いてある大きな壺の中から、該当する壺を持ってきてくれます。


1406_pot09.jpg


1406_pot07.jpg

壺の中に壺


もちろん提供方法だけではなく、味にもお店のこだわりがあります。まず、具材はよく煮込まれていてほろほろ、スープはしっかりと出汁の味わいが感じられる日本人が好きそうな味です。また、それぞれの具材に応じてスープの味が違うんです。僕がリピーターになったのも、色々な味に出会える楽しさがあるからのような気がします。


ところでこのお店はほとんど英語が通じません。ですので中国語が話せない人には英語のメニューが渡されると思いますが、これはお断りして中国語のメニューと格闘しましょう。というのは、英語版には回鍋肉や麻婆豆腐などの定番だけが抜粋して掲載されているため、メニューが面白みに欠けるのです。もしかすると、キャセロール料理は載っていないかも......。


ここは、中国語を自分なりに理解してえいや!と注文してみましょう。


1406_pot04.jpg

水煮牛肉。痺れる辛さに大満足


1406_pot03.jpg

皿の上には大量の枝豆が これは予想外だった


食堂と書いたようにテーブルやサービスは簡素です。でも、料理がユニークで美味しく、お店のお姉ちゃんとおばちゃんが優しい(頑張って理解しようとしてくれる)なんて素敵なお店じゃないですか。遅い時間はキャセロール料理の種類が限られることがあるので、訪問は早めの時間帯がオススメです。


1406_pot06.jpg

店内入口付近に置かれたお惣菜の数々


1406_pot05.jpg

隣の席の家族連れと仲よくなってみた


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2014年6月 8日
« 前の記事「南アフリカのアジア人」へ
»次の記事「「勝ち抜けはコートジボワールとコロンビア」 南アフリカのメディアが分析」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    薪直火焼き丸鶏とクラフトビール
    南アフリカで前代未聞のベストセラー本が誕生 "The President Keepers"
    "ブルーライトギャング"を警戒せよ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    南ア全土でミニバスタクシーのスト プレトリアではデモ行進も 混乱に注意/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    3000メートル級の山が目の前に! Golden Gate Highlands国立公園
    ヨハネスブルグで日本人の犯罪被害が急増/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年10月版)
    Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカのタクシードライバーによる蛮行/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年9月版)
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    1万円未満でサファリを楽しむ? クルーガー国立公園訪問記(後編)
    民族で違う「おふくろの味」 南アフリカの主食パップの話
    1万円未満でサファリを楽しむ? クルーガー国立公園訪問記(前編)
    南アフリカに持参すべき変換プラグはこれ!(2013年6月版)
    サッカー2014年W杯 予選敗退の南アフリカにわずかな望み?
    無線LAN&コーヒーお代わり自由 便利なカフェMugg & Beanでひと休み
    インド系南ア人が自信を持ってオススメする南インド料理店 ドーサハット
    南アフリカワイン 2013年トップ100ランキング!
    必要?不要? 南アフリカのチップ事情(駐車場編)
    ネルソン・マンデラ元大統領が入院 心ないデマも飛び交う
    旅行者のための南アフリカ治安情報(2013年6月版)
    175kmを駆け抜けろ 「バオバブ」自転車レース開催中!
    若きスパザショップ経営者のちょっといい話
    富裕層から庶民向けまで 南アの食はスーパーマーケットにあり!
    ヨハネスブルグ特派員が交代します

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集