海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > ワールドカップが人気過ぎてコンゴ民主共和国が停電の...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年6月25日

ワールドカップが人気過ぎてコンゴ民主共和国が停電の危機?!


メール プリント もっと見る

ワールドカップが人気過ぎてコンゴ民主共和国が停電の危機?!

グループステージが佳境を迎えつつある、サッカーの2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)。もちろんアフリカでも注目度は抜群です。南アフリカでもSABC(日本のNHKに相当)で毎日全ての試合が生中継されています。


ところでW杯に関連して、アフリカ大陸で第3位(約6500万人)の人口を擁するコンゴ民主共和国からショッキングなニュースが飛び込んできました。W杯のあまりの人気っぷりに、国全体が停電の危機に直面しているというのです。


1406_drc02.jpg


●Soccer-Turn off lights to keep TVs on, Congo's World Cup viewers told/Reuters

http://af.reuters.com/article/drcNews/idAFL6N0P03OD20140619


●Congo switches off to watch the World Cup/Aljazeera

http://www.aljazeera.com/news/africa/2014/06/congo-switches-off-watch-world-cup-20146245617251998.html


報道によると、コンゴ民主共和国の国営電力会社SNELは国民に対して、次のような異例のお願いを行ったそうです。


「W杯の試合中は冷蔵庫、調理器具、電灯などありとあらゆる電気製品のスイッチをOFFにしてください。そうすればみんなが試合を観るだけの電力が確保でき、試合中の大停電を防ぐことができます」。


国全体の大停電を阻止しようと、SNELは必死です。まず、各試合前にはスポークスパーソンがテレビに出演して、不必要な電気製品のスイッチを切るように消費者に対して呼びかけを実施しています。また、「エネルギー効率よく試合を見られるように」と、これまでに16の巨大スクリーンを国のあちこちに設置。これら既存のものに加えて、首都キンシャサには新たに12の巨大スクリーンを設置する、と発表しています。


コンゴ川という大河が流れるコンゴ民主共和国には、水力発電で国中に電気を供給できるポテンシャルがあります。しかし、電力の大半を供給しているインガダム(Inga dam)の水力発電設備が破損しているため、電力にアクセスできるのは国民のわずか9%だけ。停電は日常茶飯事となっています。このような状況のため、W杯観戦に伴う電力需要増に見合うだけの電力が供給できないという訳です。


では状況が改善される見通しはあるのでしょうか? 元UNHCR職員の米川正子氏の報告によると、仮にインガダムの設備が復旧したとしても、電力がコンゴ民主共和国の国民に広く供給される保障はなさそうです。


●アメリカの「パワー・アフリカ」事業(No.1)~電力普及で得するのは誰なのか?

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/92814


●アメリカの「パワー・アフリカ」事業(No.2) ~電力増大より「死んだ国家」への対処を

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/106658


コンゴ民主共和国の国民が心おきなくW杯を楽しめる日は、いつか訪れるのでしょうか。


(6月お題"2014サッカーinブラジル")


photo credit: Richard_of_England via photopin cc


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 スポーツ・観戦
2014年6月25日
« 前の記事「「勝ち抜けはコートジボワールとコロンビア」 南アフリカのメディアが分析」へ
»次の記事「行ってきました、喜望峰!(その1)」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    ジンバブエのムガベ大統領が辞任 歓喜に沸く南アフリカのジンバブエ人
    薪直火焼き丸鶏とクラフトビール
    南アフリカで前代未聞のベストセラー本が誕生 "The President Keepers"
    "ブルーライトギャング"を警戒せよ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    南ア全土でミニバスタクシーのスト プレトリアではデモ行進も 混乱に注意/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    3000メートル級の山が目の前に! Golden Gate Highlands国立公園
    ヨハネスブルグで日本人の犯罪被害が急増/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年10月版)
    Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカのタクシードライバーによる蛮行/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年9月版)
    1年前の同じ月に投稿された記事
    1万円未満でサファリを楽しむ? クルーガー国立公園訪問記(後編)
    民族で違う「おふくろの味」 南アフリカの主食パップの話
    1万円未満でサファリを楽しむ? クルーガー国立公園訪問記(前編)
    南アフリカに持参すべき変換プラグはこれ!(2013年6月版)
    サッカー2014年W杯 予選敗退の南アフリカにわずかな望み?
    無線LAN&コーヒーお代わり自由 便利なカフェMugg & Beanでひと休み
    インド系南ア人が自信を持ってオススメする南インド料理店 ドーサハット
    南アフリカワイン 2013年トップ100ランキング!
    必要?不要? 南アフリカのチップ事情(駐車場編)
    ネルソン・マンデラ元大統領が入院 心ないデマも飛び交う
    旅行者のための南アフリカ治安情報(2013年6月版)
    175kmを駆け抜けろ 「バオバブ」自転車レース開催中!
    若きスパザショップ経営者のちょっといい話
    富裕層から庶民向けまで 南アの食はスーパーマーケットにあり!
    ヨハネスブルグ特派員が交代します

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集