海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 【世界遺産】ロベン島訪問記(その2)

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年7月30日

【世界遺産】ロベン島訪問記(その2)


メール プリント もっと見る

【世界遺産】ロベン島訪問記(その2)


1407_robben07.jpg

石を切り出して粉砕するだけの無意味な労働「石切り」。ネルソン・マンデラ元大統領も従事していた


「どこの国から来たんですか?」


ツアーの参加者が「ドイツ」「フランス」などと答えると、ガイドさんがそれぞれの国とアパルトヘイトの関わりを簡単に説明してくれます。「日本!」と声を上げた僕は、「経済制裁をして欲しかったよ」という重たい一言を受け取ることになりました。


1407_robben02.jpg


バスが停車しました。ここからは、歩いて刑務所内に入ります。元「政治囚」の方が案内をしてくれます。


1407_robben05.jpg


ガイドの方が示している白い板は、囚人カードの複製です。刑務所内では常に携帯が義務付けられていました。


このカードにはすべての囚人に与えられる囚人番号が書かれています。ネルソン・マンデラ元大統領の番号は46664。これは、同氏が1964年にロベン島に収容された466番目の囚人だったことを意味します。


1407_robben08.jpg


僕たちが説明を聞いた場所は、雑居房。最大40人が収容されていました。むしろのような布が2枚与えられて冷たい床の上に寝るんだそうです。


1407_robben06.jpg


1404_robbene13.jpg

ネルソン・マンデラ元大統領が過ごした独房(上:2012年12月撮影、下:2013年12月撮影)


部屋の広さは2畳ほど。毛布とトイレ用のバケツだけが備わっていました。2013年12月はマンデラ元大統領が亡くなった直後だったため、花束がたむけられていました。


1970年代に服役中、仲間たちの発案でマンデラ元大統領は密かに自伝を執筆していました。計画していた60歳の誕生日には出版されませんでしたが、この原稿を元に自伝「自由への長い道(Long Walk to Freedom) 」を完成させました。


1404_robbene12.jpg


この独房を目に焼き付けようと、多くの人たちが並んでいました。


1407_robben04.jpg


帰路は海が大荒れ。船は前後左右にひらすら揺れ続け、船に備え付けのエチケット袋がすべてなくなりました。パニックになった乗客の1人は「救命胴衣を今すぐ出せ!」とクルーに詰め寄っていました。


後で地元の友人に聞いてみたら、海流の関係で帰路の方が揺れる可能性が高いんだとか。なるほど。とはいえ、出発から3時間が過ぎて頭も体も疲れているところに、激しい縦揺れはなかなか堪えます。


のべ3時間半前後のロベン島ツアー。体調をしっかり整えてから参加するのがオススメです。


【世界遺産】ロベン島訪問記(その1)へ

https://tokuhain.arukikata.co.jp/johannesburg/2014/07/south_africa_robben_island_02.html


チケットの購入はオンラインが便利

ロベン島へは個人での訪問が認められていませんので、必ずツアーに参加することになります。空席があれば当日券も購入できますが、クレジットカードで簡単に手続きができるオンラインでの購入が便利です。

購入はウェブチケット (Webtickets)からどうぞ。料金は大人250.00ランド/人、子ども(18歳未満)120.00ランド/人です。念のためスクリーンショットも貼り付けておきますね。


1407_webticket.jpg


●ウェブチケット(Webtickets)

ロベン島ツアー申し込みページ http://www.webtickets.co.za/event.aspx?itemid=76219

トップページ http://www.webtickets.co.za/


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2014年7月30日
« 前の記事「【世界遺産】ロベン島訪問記(その1)」へ
»次の記事「外務省「海外安全情報ホームページ」更新 気になる情報をピックアップ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2...」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    トイレで◯◯を発見
    世界遺産でJAZZ! ジャズ・イン・ザ・クレイドル
    地図やガイドブックを信じてはいけない 南アフリカの道に潜むワナ
    ネルソン・マンデラ国際デーの南アフリカ 家の引渡しや施設の訪問、サプライズの誕生日パーティーも
    テーブル・マウンテンのケーブルカー運行停止にご用心!
    危篤のネルソン・マンデラ元大統領、95歳の誕生日を迎える
    やばっ、お土産買ってない......という時に超便利なO.R Tambo空港のショップOUT OF AFRICA
    ビール好き必見! 南アフリカのビールがまるごとわかる「ビール博物館」にいってみた
    リンポポ州の穴場的ゲストハウス「マディ・ア・ターバ」でベンダ族の文化に触れる

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集