海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 出入国拒否の可能性も 子連れで南アフリカを訪れる方...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年7月20日

出入国拒否の可能性も 子連れで南アフリカを訪れる方に必ず知っておいて欲しいこと/旅行者のための南アフリカ治安情報(2014年7月版)


メール プリント もっと見る

出入国拒否の可能性も 子連れで南アフリカを訪れる方に必ず知っておいて欲しいこと/旅行者のための南アフリカ...

たいへん重要なお知らせです。子連れで南アフリカを訪れる方は必ず目を通してください。


南アフリカ共和国(南ア)では、2007年および2011年に改正された「2002年入管法」が2014年5月26日に施行されました。これと同時に、改正された「入管規則」も同日から施行されています。


これらによって、18歳未満の子どもは出入国時に新たな書類を提出する必要があるなど、出入国手続きに大きな変更が生じています。そこで、新法・新規則の施行による変更の中から、南アフリカを旅行などで訪れる方に特に関係がありそうなことを抜粋してご紹介します。なお、これはあくまでも僕個人による抜粋です。詳細は在南アフリカ共和国日本国大使館のホームページ などでご確認ください。


子連れの場合、出生証明書などの提出が出入国の必須条件に

1407_immigration01.jpg


国籍に関わらず、18歳未満の子どもとともに南アに出入国する場合には、出生証明書の提示が義務化されました。また、子どもの同行者によっては別の書類も必要です。詳しくは次の通りです。


・2014年10月1日以降、18歳未満の子どもを伴って南アに出入国する場合には、出生証明書の提示が必要です。


・片方の親、あるいは両親でない第三者(親戚、友人など)が18歳未満の子どもを伴って南アに出入国する場合には、同行しない片方の親あるいは両親からの宣誓供述書(affidavit)の提示が必要です。


・出入国の際に必要書類が提示されない場合は、該当する子どもの出入国が認められません。


・出生証明書は、戸籍謄(抄)本に基いて日本国在外公館が作成した英文出生証明書、または、戸籍謄(抄)本に基いて英訳された出生証明書が有効です。ただし、どのような英訳の方法が有効かについては、現在日本政府が確認中です。


・宣誓供述書は、各国の法律に従って3ヵ月以内に作成されたものが有効です。形式は、英文で作成されたもの、英文と外国語が併記されたもの、外国語で作成されたものを英文翻訳したものが有効です。ただし、どのような英訳の方法が有効かについては、現在日本政府が確認中です。


・在南アフリカ共和国日本国大使館は、2014年10月1日以降に18歳未満の子どもが片親もしくは両親ではない第三者を伴って出入国を予定している人に対して、宣誓供述書に記述する内容を公証人・弁護士・法律事務所・在日南ア大使館などに相談しながら準備を進めることを推奨しています。


在南アフリカ共和国日本国大使館 はこの他に、「南アで学校に通学している子ども」「短期滞在者(出張者含む)」などの対象別に、今回の法律改正に対してどのように行動すべきかの情報をこれまでに提供しています。


南アは日本国民に対して90日以内の滞在には査証(ビザ)免除での入国を認めています。ですので、旅行者や出張者でビザなどの情報に気を配ることはあまりないのではないかと思います。しかしこれまでにも書いたように、今回の法改正は書類の不備が即、出入国拒否につながる可能性がある、重要な変更です。


宣誓供述書の作成方法など、これから詳細が明らかにされることもあります。10数時間かけてようやくたどりついたヨハネスブルグで入国拒否......そんなことにならないように、在日南ア大使館に問い合わせをするなどして早めに旅の準備を進めてください。


出典:在南アフリカ共和国日本国大使館


photo credit: Kuzeytac via photopin cc


関連情報


本件についての詳細は、在日南アフリカ共和国大使館にお問い合わせください。

●名称

在日南アフリカ共和国大使館


●住所

〒102-0083

東京都千代田区麹町1-4 半蔵門ファーストビル4階


●電話

03-3265-3366


●ホームページ

http://www.sajapan.org/


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 生活・習慣・マナー
2014年7月20日
« 前の記事「限定コラボあり ネルソン・マンデラ国際デー2014」へ
»次の記事「【世界遺産】ロベン島訪問記(その1)」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    トイレで◯◯を発見
    世界遺産でJAZZ! ジャズ・イン・ザ・クレイドル
    地図やガイドブックを信じてはいけない 南アフリカの道に潜むワナ
    ネルソン・マンデラ国際デーの南アフリカ 家の引渡しや施設の訪問、サプライズの誕生日パーティーも
    テーブル・マウンテンのケーブルカー運行停止にご用心!
    危篤のネルソン・マンデラ元大統領、95歳の誕生日を迎える
    やばっ、お土産買ってない......という時に超便利なO.R Tambo空港のショップOUT OF AFRICA
    ビール好き必見! 南アフリカのビールがまるごとわかる「ビール博物館」にいってみた
    リンポポ州の穴場的ゲストハウス「マディ・ア・ターバ」でベンダ族の文化に触れる

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集