海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 【世界遺産】ヴィクトリアの滝 黄熱病の予防接種は必...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年7月14日

【世界遺産】ヴィクトリアの滝 黄熱病の予防接種は必要なのか?


メール プリント もっと見る

【世界遺産】ヴィクトリアの滝 黄熱病の予防接種は必要なのか?

親孝行でヴィクトリアの滝に行くことになりました。滞在先の関係で、ザンビア側に入国します。


準備を進める中で、ふと黄熱病の予防接種のことが気にかかりました。色々と調べてみたところ、意外な事実がわかりましたので共有したいと思います。


黄熱病の予防接種は南ア帰国の条件。でも乳児の健康への影響が心配

1407_immigration.jpg


そもそも黄熱病の予防接種は、ザンビア入国の条件ではありません。


ところが、この記事 に書いたように南アフリカ共和国(南ア)政府は黄熱病感染国からの入国者に対して、南ア入国時に同証明書を提示をできないと入国を拒否し、退去処分にするという措置を行っています。


ですので、予防接種をしないことにはヴィクトリアの滝には行けても、南アに帰国できません。さすがにそれは避けたい......。


ここで悩ましいのが、旅行に同行する9ヵ月の子どもと授乳中の妻の扱いです。帰国できないのは困る。でも、黄熱病の予防接種が二人にとって安全と言い切れるのだろうか......と悩みながら医療大手のネットケア(NetCare)が経営するトラベルクリニック に行ってみたところ、意外な解決策を教えてもらいました。


黄熱病の予防接種には免除証明書が存在する!

1407_zambia02.jpg


これは、トラベルクリニックに行って事情を説明したところ、予防接種を行う代わりに発行された免除証明書(Exemption Certificate)という書類です。


黄熱予防接種証明書(イエローカード)と同じ黄色ですが、これは全くの別物。黄熱病感染国に渡航しながらも黄熱病の予防接種を行わない特別な事情があることを示すものです。


担当者の説明によるとこの証明書は、「黄熱病の予防接種を避けることが望ましい事情」があり、「黄熱病感染国なれど感染のリスクが低い地域への渡航」という場合に発行されるそう。つまり、感染リスクと予防接種によるリスクを天秤にかけるという訳です。


ちなみに僕たちの場合は、次のような事情に基いて判断がなされました。


(事情)

・母乳育児中、生後9ヵ月の乳児という、黄熱病の予防接種を避ける事が望ましい事情がそれぞれにある。

・ザンビアに入国するが、滞在はビクトリアフォールズ周辺のみ。黄熱病リスクの高い北部には立ち寄らない。


乳児、授乳中の母親という以外にも、例えば、年齢が60歳以上の方や特定のアレルギーがある方も考慮の対象となります。


ということで、今回はこの免除証明書を持って渡航することにしました。「入国審査場の係官がこれを知っているだろうか......?」というドキドキ感は若干残るのですが、うん、たぶん大丈夫でしょう!


あくまでも例外的な対応ですが、何か心配事がある人はトラベルクリニックに相談してみると、このように色々とアドバイスがもらえると思います。


photo credit: rickpilot_2000 via photopin cc


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2014年7月14日
« 前の記事「真冬の音楽祭 Fête de la musique」へ
»次の記事「限定コラボあり ネルソン・マンデラ国際デー2014」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    トイレで◯◯を発見
    世界遺産でJAZZ! ジャズ・イン・ザ・クレイドル
    地図やガイドブックを信じてはいけない 南アフリカの道に潜むワナ
    ネルソン・マンデラ国際デーの南アフリカ 家の引渡しや施設の訪問、サプライズの誕生日パーティーも
    テーブル・マウンテンのケーブルカー運行停止にご用心!
    危篤のネルソン・マンデラ元大統領、95歳の誕生日を迎える
    やばっ、お土産買ってない......という時に超便利なO.R Tambo空港のショップOUT OF AFRICA
    ビール好き必見! 南アフリカのビールがまるごとわかる「ビール博物館」にいってみた
    リンポポ州の穴場的ゲストハウス「マディ・ア・ターバ」でベンダ族の文化に触れる

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集