海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 外務省「海外安全情報ホームページ」更新 気になる情...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年8月 9日

外務省「海外安全情報ホームページ」更新 気になる情報をピックアップ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2014年8月版)


メール プリント もっと見る

外務省「海外安全情報ホームページ」更新 気になる情報をピックアップ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2...

めまぐるしく変わる南アフリカの治安情報。このブログでも情報が入り次第単発で記事を更新してきましたが、まとめ記事とも言える外務省「海外安全情報ホームページ」が去る8月6日に更新されました。


●南アフリカについての渡航情報(危険情報)の発出/外務省 海外安全ホームページ

http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo.asp?infocode=2014T112


そこでこの中から、特に気になった情報を何点かピックアップして、関連記事とともに紹介します。引用元は全て上記ホームページです。


事件はヨハネスブルグのダウンタウンで起きている


ヨハネスブルグ中央駅付近や長距離バスターミナル等においては、日本人旅行者が付近を通行中に首絞め強盗(複数の犯人が突然背後から首を絞めて所持品を奪う強盗)に襲われる事件が複数件発生しています。これらの事件は白昼、人通りが多い場所でも発生していますので、興味本位でCBDへは立ち入らないようにしてください。


日本人に限らず、南アフリカ人(黒人)の友人もピアスや鞄をひったくられる(未遂を含む)被害に遭っています。武勇伝欲しさにわざわざ近寄るのはやめておいた方がいいです。


地方都市や隣国から利用した長距離バスから下車した直後に襲われた方もいますので、やむなく長距離バスを使う場合には、宿泊先や訪問先に出迎えを依頼し、出迎えが来るまでターミナルビル内に留まるようにしてください。


最近もこの手の事件があったと聞いています。


日本国内の旅行代理店を通じて宿泊ホテルを手配した場合、現地の事情をよく理解しない代理店がCBD地区内に所在する宿泊施設を予約し、ホテル周辺を散歩していた日本人旅行者が強盗被害に遭うケースも発生していますので、予約ホテルの所在地等も事前に十分確認しておいてください。


これは随分酷いですね......。


パスポート、黄熱病、そして子連れ旅行

南アフリカでは、2014年5月26日に改正入国管理法が施行されたこともあって、手続き面で気をつけるべき事柄が増えています。


南アフリカ滞在中、外国人はパスポートの携行義務がありますが、外出時にパスポートを所持していなかった在留邦人が警察に拘束されるという事件も発生しています。滞在中は常にパスポートを携行するようにしてください。


僕はうっかりしていて暗に賄賂を要求されました。お気をつけください。


●関連記事:賄賂を払いたくないあなたへ

https://tokuhain.arukikata.co.jp/johannesburg/2013/11/south_africa_do_not_pay_bribe.html


黄熱感染国から入国する場合には、たとえ経由であったとしても、黄熱予防接種証明書が必要となります。本年に入り、西アフリカの黄熱感染国から入国しようとした日本人が同証明書を所持していないとして入国を拒否され、退去処分となった事案が発生しています。


本件がややこしいのは南ア政府が定める「黄熱病感染国」の中には、その国に入国するための条件として黄熱病の予防接種を条件としない国が含まれるためです。南アフリカ国際関係・協力省のホームページ から詳細を確認してください。


●関連記事:イエローカード不所持で強制退去処分に?/旅行者のための南アフリカ治安情報(2014年7月版)

https://tokuhain.arukikata.co.jp/johannesburg/2014/07/south_africa_security_yellow_fever.html


一方で、妊婦や乳児に対しては例外措置も取られています。


●関連記事:【世界遺産】ヴィクトリアの滝 黄熱病の予防接種は必要なのか?

https://tokuhain.arukikata.co.jp/johannesburg/2014/07/south_africa_yellow_fever_exemption.html


2014年10月1日以降に18歳未満の子供が南アフリカを出入国する場合には、その都度、英文の出生証明書の携行が義務づけられるとのことです。また、18歳未満の子供が両親とではなく、片親又は第3者に連れられて、乃至単独で南アフリカを出入国する場合には、別途、片親又は両親からの同意を英文宣誓供述書の形で用意しておく必要があるとのことです。


英文宣誓供述書をどのように用意すればいいのかなど、この記事を執筆している時点では未確認の事柄も残されています。渡航前に在日南アフリカ共和国大使館に問い合わせるなどの対策を取ることをオススメします。


●関連記事:出入国拒否の可能性も 子連れで南アフリカを訪れる方に必ず知っておいて欲しいこと/旅行者のための南アフリカ治安情報(2014年7月版)

https://tokuhain.arukikata.co.jp/johannesburg/2014/07/south_africa_security_new_immigration_law.html


しっかりと情報を収集していただき滞在が楽しいものとなるよう、心から願っています。


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 生活・習慣・マナー
2014年8月 9日
« 前の記事「【世界遺産】ロベン島訪問記(その2)」へ
»次の記事「えっ、陸から肉眼でクジラが見える? 地元の人に連れられてハーマナスでホエールウォッチング」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    旅行者のための南アフリカ治安情報(2013年8月版/ニセ警官対策ほか)
    【世界遺産】マプングブエの丘・徹底ガイド たった70年間だけ栄えた南部アフリカ初の王国(その3)
    世界の人の「ふつうのくらし」をインタビュー!
    【世界遺産】マプングブエの丘・徹底ガイド たった70年間だけ栄えた南部アフリカ初の王国(その2)
    【世界遺産】マプングブエの丘・徹底ガイド たった70年間だけ栄えた南部アフリカ初の王国(その1)
    アフリカン・クラフト・マーケットの営業休止について
    夏のヨハネスブルグで犯罪よりも怖いもの
    モノをあげる援助の賛否を考える TOMSのチャリティシューズを例に
    大好きな村の食堂 クロスロード・チキン・ブラーイ スローターズ&アライブ
    ご当地メニューあり! 南アフリカのマクドナルド事情
    もしもアフリカでシナボンを食べたくなったら

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集