海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > ヨハネスブルグでライオンに遭遇

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年8月17日

ヨハネスブルグでライオンに遭遇


メール プリント もっと見る

ヨハネスブルグでライオンに遭遇

※この記事には、蹄(ひづめ)と革がついた牛の足を食べるライオンが登場します。このような写真が苦手な方は、恐れ入りますが閲覧をお控えください。


せっかくアフリカに来たからには、サファリに行くなどして野生動物を見てみたいもの。


とはいえ、スケジュールやその他の事情でサファリを諦めざるを得ないという場合もあるかと思います。そんな時はヨハネスブルグ(Johannesburg)北部にあるライオンパーク(Lion Park)に行ってみましょう!


1966年にチッパーフィールド・サーカス(Chipperfield Circus)によって設立されたライオンパークは、50年近い歴史を持つ「野生動物」の公園です。ライオンパークという名前が示すようにライオンはもちろんのこと、チーター、キリン、シマウマ、ハイエナ、インパラ、ダチョウなど、さまざまな動物たちが敷地内に生息しています。


今回僕たちは、自家用車で動物の生息エリアをドライブするセルフドライブ(Seld Drive)と子ライオンとのふれあい体験に参加しました。


1408_lionpark01.jpg

フロントガラス越しにライオンを発見


1408_lionpark03.jpg

車を気にも留めない雄ライオン


セルフドライブではガイドさんの案内や先導車両もなく、自分の運転で敷地内を進んでいきます。ラッキーなことに、毎週日曜日の12時はライオンの食事が見られるとのことで、車の中で待つことにしました。


1408_lionpark09.jpg


生肉かと思いきや、蹄がついた牛の脚が登場......。


1408_lionpark04.jpg


さっそく、雌ライオンが肉の確保に成功です。


1408_lionpark07.jpg


都会のライオンに野性味は期待していなかったのですが、やっぱりライオンはライオン、肉を引きちぎりながら牛の脚を食べる訳です。「ガリガリ、バキ」。間近で見ていると、音がはっきりと聞こえてきて大迫力。前足の筋肉の盛り上がりもすごいです。


大満足でセルフドライブを終えた後は、車を降りて子ライオンとのふれあい体験へ。


1408_lionpark08.jpg


見た目はネコのような愛らしさです。


1408_lionpark11.jpg


でも、よく見るとまだ赤ちゃんなのに手が大きいこと!


1408_lionpark06.jpg


いくつかの注意事項を守れば、こんなに近づいて写真を撮ることもできます。子どもも入場OK。僕の子ども(10ヵ月)は子ライオンの頭を少しだけなでさせてもらいました。


施設の情報

●名称

Lion Park


●住所

C/O Malibongwe Drive and R114 Road, Lanseria, Gauteng South Africa


●電話

087-150-0100

011-691-9905

●ホームページ

http://www.lion-park.com/


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 見所・観光・定番スポット
2014年8月17日
« 前の記事「えっ、陸から肉眼でクジラが見える? 地元の人に連れられてハーマナスでホエールウォッチング」へ
»次の記事「ここは本当にヨハネスブルグ? ナオミ・キャンベルも泊まった高台のブティックホテル」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    旅行者のための南アフリカ治安情報(2013年8月版/ニセ警官対策ほか)
    【世界遺産】マプングブエの丘・徹底ガイド たった70年間だけ栄えた南部アフリカ初の王国(その3)
    世界の人の「ふつうのくらし」をインタビュー!
    【世界遺産】マプングブエの丘・徹底ガイド たった70年間だけ栄えた南部アフリカ初の王国(その2)
    【世界遺産】マプングブエの丘・徹底ガイド たった70年間だけ栄えた南部アフリカ初の王国(その1)
    アフリカン・クラフト・マーケットの営業休止について
    夏のヨハネスブルグで犯罪よりも怖いもの
    モノをあげる援助の賛否を考える TOMSのチャリティシューズを例に
    大好きな村の食堂 クロスロード・チキン・ブラーイ スローターズ&アライブ
    ご当地メニューあり! 南アフリカのマクドナルド事情
    もしもアフリカでシナボンを食べたくなったら

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集