海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 子連れで南アフリカを訪れる方へ 出生証明書、宣誓供...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年9月19日

子連れで南アフリカを訪れる方へ 出生証明書、宣誓供述書の提出義務が延期になりました/旅行者のための南アフリカ治安情報(2014年9月版)


メール プリント もっと見る

子連れで南アフリカを訪れる方へ 出生証明書、宣誓供述書の提出義務が延期になりました/旅行者のための南アフ...

子連れで南アフリカを訪れる方には必ず目を通していただきたい情報です。


南アフリカ共和国(南ア)では、2007年および2011年に改正された「2002年入管法」が2014年5月26日に施行されました。これと同時に、改正された「入管規則」も同日から施行されています。


これらによって、2014年10月1日以降、18歳未満の子どもを伴って南アに入国する場合には、出生証明書など南ア政府が求める書類の提示が必須とされる予定でした。


よろしければ、次の過去記事もご覧ください。


●出入国拒否の可能性も 子連れで南アフリカを訪れる方に必ず知っておいて欲しいこと/旅行者のための南アフリカ治安情報(2014年7月版)

https://tokuhain.arukikata.co.jp/johannesburg/2014/07/south_africa_security_new_immigration_law.html


ところが、これらの中で一部の書類については提示義務の施行が延期されたとのお知らせが届きました。そこで、その内容を抜粋してご紹介します。


なお、これはあくまでも僕個人による抜粋です。詳細は在南アフリカ共和国日本国大使館のホームページ などでご確認ください。


出生証明書、宣誓供述書の提示義務は延期されました

1409_postporn.jpg


前回の記事 では、18歳未満の子どもを伴って南アに出入国する場合に求められる書類について、次のように紹介しました。


・2014年10月1日以降、18歳未満の子どもを伴って南アに出入国する場合には、出生証明書の提示が必要です。


・片方の親、あるいは両親でない第三者(親戚、友人など)が18歳未満の子どもを伴って南アに出入国する場合には、同行しない片方の親あるいは両親からの宣誓供述書(affidavit)の提示が必要です。


・出入国の際に必要書類が提示されない場合は、該当する子どもの出入国が認められません。


ここで取り上げた「出生証明書」「宣誓供述書」の提示義務は、2015年6月1日以降に施行が延期される旨を、2014年9月16日にギガバ(Gibaga)内務大臣が議会において発表しました。


延期の理由は、次のように説明されれています。


・南ア在外公館、旅行代理店、個人旅行者等に改正入管法に関する正確な情報を確実に伝えるため


・子どもを伴って旅行する親または第三者が、必要な書類を準備する十分な時間を確保できるようにするため


・年末年始の旅行繁忙期を避けるため


(参考)Statement by the Minister of Home Affairs, Mr. Malusi Gigaba MP, in relation to the implementation of new immigration regulations on 16 September 2014 in Cape Town

http://www.home-affairs.gov.za/index.php/statements-speeches/522-statement-by-the-minister-of-home-affairs-mr-malusi-gigaba-mp-in-relation-to-the-implementation-of-new-immigration-regulations-on-16-september-2014-in-cape-town


言及がなかった書類については、在南ア日本大使館が現在必要の有無を確認しています

一方で、子どもを伴う旅行において状況に応じて必要とされるいくつかの書類については、今回の発表の中で言及がなされませんでした。これらの書類については在南ア日本大使館が現在必要の有無を確認しているそうです。


発表の中で言及がなされなかった書類は、次の通りです。


・親権を有する一方の親が子どもを伴って旅行する場合で、両親が離婚している場合、その一方の親が親権(full parental responsibilities and rights)を有する旨の裁判所命令(court order)


・一方の親が子どもを伴って旅行する場合で、もう一方の親が既に死亡している場合、もう一方の親の死亡証明書(death certificate)


・第三者が子どもを伴って旅行する場合もしくは、子どもが単独で旅行する場合において、子どもの両親または保護者の身分証明書またはパスポートのコピーおよび、両親または保護者の連絡先


・子どもが単独で旅行する場合、南アにおける受け入れ先の人物からの住所や連絡先を含むレター


この件は、0歳の子どもがいる僕にとって人ごとではありません。新しい情報が入ったらまたこのブログで紹介したいと思います。


出典:在南アフリカ共和国日本国大使館


photo credit: Mister-E via photopin cc


関連情報

本件についての詳細は、在日南アフリカ共和国大使館にお問い合わせください。


●名称

在日南アフリカ共和国大使館


●住所

〒102-0083

東京都千代田区麹町1-4 半蔵門ファーストビル4階


●電話

03-3265-3366


●ホームページ

http://www.sajapan.org/


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 生活・習慣・マナー
2014年9月19日
« 前の記事「お、いいかも? フランス語が飛び交うヨハネスブルグのパティスリー Patisserie de Paris」へ
»次の記事「事件多発のダウンタウンを回避 長距離バスの降車はプレトリアが便利かも」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    世界最大のバオバブに大興奮 樹齢はなんと6000年!
    ユザワヤもビックリ! どんな生地でも揃うヨハネスブルグのオリエンタルプラザ
    ヨハネスブルグでイタリアマンマの味を満喫!
    混戦のサッカー2014年W杯アフリカ予選 南アフリカはブラジルへの夢をつなげるか?
    週末ショッピングの新定番 ノーウッドに日曜マーケットがオープン!
    Google翻訳がズールー語に対応!
    ヨハネスブルグ特派員流・南アフリカ行き格安航空券の探し方

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集