海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > とことこ歩く赤ちゃんをチョベ国立公園で見たゾウ

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年10月29日

とことこ歩く赤ちゃんをチョベ国立公園で見たゾウ


メール プリント もっと見る

とことこ歩く赤ちゃんをチョベ国立公園で見たゾウ

サファリ。


南部アフリカに来るからには、ぜひ体験して欲しいアクティビティの1つです。


1410_chobe_01_09.jpg

サファリ用に改造された4WDに乗って動物を探す


ところで一口に「サファリ」と言っても、人によって期待するもは少しずつ違うんじゃないかと思います。


例えば、


・とにかく野生の◯◯を見てみたい


・自然に囲まれた豪華なロッジで至福のときを過ごしたい


・動物と触れ合いたい


・せっかくだから、自分で運転しながら動物を探してみたい


・小さい子どもも一緒に連れて行きたい


など、色々とありますよね。


もしもあなたのサファリへの期待が「野生のゾウを見てみたい」人だとしたら、行き先はボツワナにあるチョベ国立公園(Chobe National Park)の一択......かもしれません。


チョベ国立公園は世界一のゾウ密集地帯 その数なんと12万頭

ところでなぜ、ゾウ好きの人にチョベ国立公園をオススメするのでしょうか。


それは、チョベ国立公園は世界でもっともたくさんのゾウが集まっている場所だからです。1万566平方キロメートル(岐阜県ほどの大きさ)の地域に、12万頭ものゾウが生息していると推定されています。


これだけたくさんの数が集まっていれば、探しに行かなくてもゾウと出会ってしまうというもの! 僕たちが2泊3日を過ごした中で、ゾウを目にしない日はありませんでした。


1410_chobe_01_06.jpg

鼻を使って上手に水を飲みます。口を大きく開いた表情がかわいい。


1410_chobe_01_02.jpg

赤ちゃんゾウだって負けていません。「体重は120kgくらいじゃないかな」とレンジャーさん。


1410_chobe_01_05.jpg

親子?兄弟?で仲よく水浴び中。


1410_chobe_01_08.jpg

ゾウの群れは、最大で1日200kmの距離を移動します。


もちろんゾウに加えて、他の動物も見ることができました。


今回は運良く、ビッグ4と呼ばれるライオン、ゾウ、ヒョウ、水牛を制覇。この他にもカバやキリン、ワニなどをかなりの至近距離で見られたんです。


ライオンの群れが車の前を横切った時は、思わず身構えちゃいました。


1410_chobe_01_10.jpg

水牛はなんとなく眠たそう。


1410_chobe_01_11.jpg

数メートル先を横切ったライオンのカップル。


チョベ国立公園に行くのなら、一足延ばしてヴィクトリアの滝へ!

遠いように見えるチョベ国立公園ですが、実はとても便利な場所にあるんです。


3kmほど離れたカサネ(Kasane)の街まで出て国境を越えれば、ヴィクトリアの滝 まであと一息。ザンベジ川を渡っての国境越え を選べば、アフリカ4ヵ国(ボツワナ、ザンビア、ジンバブエ、ナミビア)の国境が交わる場所が見られるというおまけ付きです。


あー、それにしても赤ちゃんゾウは可愛かったなぁ。子どもが大きくなったらまた連れて行ってあげたいものです。


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2014年10月29日
« 前の記事「テーブル・マウンテンの頂上へ 眼下に広がるケープタウン 遠くにはロベン島も」へ
»次の記事「年末にモザンビークからナミビアまで船旅をします」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    ジンバブエのムガベ大統領が辞任 歓喜に沸く南アフリカのジンバブエ人
    薪直火焼き丸鶏とクラフトビール
    南アフリカで前代未聞のベストセラー本が誕生 "The President Keepers"
    "ブルーライトギャング"を警戒せよ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    南ア全土でミニバスタクシーのスト プレトリアではデモ行進も 混乱に注意/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    3000メートル級の山が目の前に! Golden Gate Highlands国立公園
    ヨハネスブルグで日本人の犯罪被害が急増/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年10月版)
    Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカのタクシードライバーによる蛮行/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年9月版)
    1年前の同じ月に投稿された記事
    南アフリカの東大で人類の歴史を学ぶ!
    ピンクのカフェ 4th Avenue Coffee Roasters
    俺達がコーヒーで世界を変える! 魂のカフェ・Motherland
    口コミ情報 ローズバンクのルーフトップ・マーケットが11月に復活?
    トルコ・フェスティバルで本場の料理に大興奮!
    ヨハネスブルグのクリエイター行きつけ?の電源カフェ WARM & GLAD
    2013年度前半によく読まれた記事ベスト10!

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集