海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > テーブル・マウンテンの頂上へ 眼下に広がるケープタ...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年10月24日

テーブル・マウンテンの頂上へ 眼下に広がるケープタウン 遠くにはロベン島も


メール プリント もっと見る

テーブル・マウンテンの頂上へ 眼下に広がるケープタウン 遠くにはロベン島も

ケープタウン(Cape Town)のランドマーク、テーブル・マウンテン(Table Mountain)。


1410_tm07.jpg

ロベン島から見えるテーブル・マウンテン


街から見上げたり、ネルソン・マンデラ元大統領が27年間を過ごしたロベン島 から眺めたりとケープタウン滞在中は常に身近な存在だったのですが、縁がないのか、南アフリカ在住3年目だというのにまだ未登頂でした。ついに念願叶って!ロープウェーで頂上まで登ることができました。


1410_tm08.jpg

photo credit: flowcomm via photopin cc


僕たちを頂上まで連れて行ってくれるのは、このボールのような形をした青色のロープウェーです。一度に65人を運ぶことができるとあって、乗り込むと室内は広々。全員が見晴らしを楽しめるようにと、横にゆっくりと回転しながら頂上へと向かって行きます。


1410_tm01.jpg

頂上に着くと、ワイヤーが巻かれているリールが目につきました。支える重量が重量なので、かなりの大きさです。


1410_tm03.jpg

横を振り向くと、絶壁の上で作業をしている人の姿が!


話しかけてみると、ロープ伝いにテーブル・マウンテンを垂直格好するアブセイル(ラペリング)というアクティビティの準備をしているんだそう。


いやぁ、この絶壁を降りるのはちょっと遠慮したいなぁ......冒険に関心がある人はリンクを見てください。


●Absail Africa

http://abseilafrica.co.za/


1410_tm02.jpg

ついでに、岩の上で遊んでいるこの動物は何?と聞いてみると、「ダシー(Dassie)と呼ばれているんだよ」と親切に教えてくれました。ところでこの動物はなんと、DNAレベルで考えた時にアフリカゾウの近種にあたるんだとか。いつ、何が、両者に違いをもたらしたのでしょうか。


1410_tm06.jpg

所々に用意された展望台から下を見ると、ケープタウンの街並みなどを一望できます。ちなみに、写真の左上に写っているのがロベン島 です。本土から島まではたったの12kmしか離れていないので、肉眼で十分に捉えられるんですね。


1410_tm04.jpg

子ども連れだったので1時間ほどで戻りましたが、頂上にはトレッキングコースが整っていたり、お洒落なカフェがあったりします。晴れている日はここでのんびりするものいいかもしれません。


1410_tm05.jpg

こちらを見つめるアカバネテリムク


ちなみにテーブル・マウンテンのロープウェーは強風時、また、不定期に行われるメンテナンス時には運行が休止されます。個人で向かう場合は、事前に宿泊施設やホームページなどで運行状況を確認してから向かうことをオススメします。


施設情報

●名称

Table Mountain Aerial Cableway


●住所

Tafelberg Road, Cape Town, 8001


●電話

021-424-8181


●ホームページ

http://www.tablemountain.net/


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2014年10月24日
« 前の記事「圧倒的に美味しいパンに惚れた! シェフはオーストリア出身 港町のベーカリー Ile de pain」へ
»次の記事「とことこ歩く赤ちゃんをチョベ国立公園で見たゾウ」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    薪直火焼き丸鶏とクラフトビール
    南アフリカで前代未聞のベストセラー本が誕生 "The President Keepers"
    "ブルーライトギャング"を警戒せよ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    南ア全土でミニバスタクシーのスト プレトリアではデモ行進も 混乱に注意/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    3000メートル級の山が目の前に! Golden Gate Highlands国立公園
    ヨハネスブルグで日本人の犯罪被害が急増/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年10月版)
    Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカのタクシードライバーによる蛮行/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年9月版)
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    南アフリカの東大で人類の歴史を学ぶ!
    ピンクのカフェ 4th Avenue Coffee Roasters
    俺達がコーヒーで世界を変える! 魂のカフェ・Motherland
    口コミ情報 ローズバンクのルーフトップ・マーケットが11月に復活?
    トルコ・フェスティバルで本場の料理に大興奮!
    ヨハネスブルグのクリエイター行きつけ?の電源カフェ WARM & GLAD
    2013年度前半によく読まれた記事ベスト10!

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集