海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > アフリカで一番高いビル 場所はヨハネスブルグのダウ...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年12月10日

アフリカで一番高いビル 場所はヨハネスブルグのダウンタウン


メール プリント もっと見る

アフリカで一番高いビル 場所はヨハネスブルグのダウンタウン

ヨハネスブルグのダウンタウンにそびえ立つ50階建ての高層ビル、カールトンセンター(Carlton Centre)。高さ223メートルを誇るこのビルはアフリカ大陸でもっとも高い建築物であることから、「トップ・オブ・アフリカ」とも呼ばれています。


1412_topofafrica06.jpg

カールトンセンターの外観

photo credit: Jeppestown via photopin cc


カールトンセンターが建設されたのは1973年のことです。今でこそ、治安の悪化から空きビルが目立つダウンタウンですが、当時はここダウンタウンこそがヨハネスブルグの中心地。5つ星のカールトンホテルも隣接されたカールトンセンターは、大いに賑わっていたそうです。


1412_topofafrica01.jpg

展望台から撮影したヨハネスブルグの街並み スマホのカメラでこの迫力


現在でもオフィスと商業の複合ビルとして営業されているカールトンセンター。ショッピングセンターとしての魅力はあまり高くありませんが、最上階に設けられた展望台は訪問の価値ありです。50階からの眺めは「トップ・オブ・アフリカ」の名に恥じない素晴らしいものです。


展望台のいいところは、高い目線から眼下に広がる一帯の全体像を把握できるところです。ヨハネスブルグに何日か滞在した後にこの展望台から東西南北を眺めると、今までは点でしかなかったそれぞれの場所が線、あるいは面でイメージできるようになると思います。

1412_topofafrica04.jpg

記念撮影をする南アフリカ人の若いカップル


1412_topofafrica03.jpg

簡素なカフェも


1412_topofafrica02.jpg

さすがに古めかしい作りは隠せない


さてここで問題になってくるのは、「犯罪多発地帯」とも言われるダウンタウンの中心地にどうやってアクセスするかということです。


駐車場から展望台へのエレベーターまでエスコートしてくれた警備員さんに聞いてみたところ、「日曜日の日中がオススメだよ。みんな教会で忙しいから、渋滞や交通事故に巻き込まれる可能性も低いし、駐車場も簡単に見つかる。展望台そのものも空いているしね」とのこと。


確かに、僕は今回日曜日の日中に自分で車を運転して行ったところ、思っていた以上に何もかもがスムーズに運んでちょっと拍子抜けしたくらいでした(渋滞と駐車場が心配でした)。しかも日曜日限定で「展望台登頂者はカールトンセンターの地下駐車場が無料」というプロモーションをやっているので、この点からも日曜日の日中はオススメできます。


1412_topofafrica05.jpg

日曜日はビル内の人もまばら


それでは平日はどうでしょうか。僕は内務省への用事などで平日ダウンタウンに行くことがたまにあるのですが、そんな時にまず心がけているのは日が出ている時間帯以外には足を運ばないということです。通勤・帰宅の時間帯はどうしても路上でのトラブルが多くなるもの。近づかないことが懸命という訳です。また、警備員さんの話を信じて、個人で行くなら平日の日中有は避けた方がよさそうです。


個人ではなく、ツアーに参加するというのも1つの方法です。例えば、有名どころではCity Sightseeing という南アの「はとバス」的な都市型観光バスはカールトンセンターを定期運行ルートに含んでいて、展望台の上まで乗務員が同行してくれることになっています。これなら曜日をあまり気にしなくてもいいかもしれません。


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2014年12月10日
« 前の記事「味はなかなか、接客も気持ちいい 友人宅近くのメキシコ料理店Mexican Fresh」へ
»次の記事「乗り合いタクシーとヒルブロウ地区について 公立病院の外傷外科見学の経験から/旅行者のための南アフリカ治安...」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    ヨハネスブルグの路上八百屋で中華野菜をまとめ買い
    あと90日 ケープタウンの水道から水が消える日
    ヨハネスブルグのチャイナタウンで手打ち麺&餃子を食べる
    これはひどい ヨハネスブルグの恐竜展The Dino Expoが驚愕の低クオリティ!
    ヨハネスブルグの人気マーケットLinden Market 4月の開催が決定!
    ヨハネスブルグから約900km! QunuのNelson Mandela Museumに行ってみたら......
    Economist紙も特集 南ア政権与党ANCの総裁選挙、まもなく始まる
    ヨハネスブルグの住宅街でクリスマスマーケット
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ヨハネスブルグで男子厨房に入る
    ヨハネスブルグでのクリスマス難民化にご用心!
    ヨハネスブルグで最高の朝食を食べる! Nice on 4th
    今、マンデラ氏の自宅前は 故郷クヌでの埋葬翌日の様子
    マンデラ氏に最後の別れ 政府庁舎で遺体を公開
    マンデラ氏が死去 その数時間後、深夜の自宅前からの報告

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集