海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > コールドドリンクを買ってくれ

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年2月28日

コールドドリンクを買ってくれ


メール プリント もっと見る

コールドドリンクを買ってくれ

Probably the best thing about South Africa #cremesoda #sparletta #southafrica


Photo by lookitsmuhammad


Buy me cold drink.


南アで日常生活を送っていると、突然こんなお願いをされることが珍しくありません。


ある時は、港で車の出し入れを管理している守衛から。

ある時は、冷蔵庫を運んできた宅配便会社の配送スタッフから。

ある時は、路上で正面から歩いてきた人から。


最後の例は、完全に虚を突かれました。ある日、住宅街を歩いていた時のこと。正面から歩いてきた人に「仕事を探している」と話しかけられました。これだけでもビックリなのですが、あいにく力になれないのでその旨を伝えると、「じゃあ、コールドドリンクを買ってくれ」と言われ、「じゃあ」ってどういうことだ......?としばらく思い悩んだものです。


ところで「コールドドリンク」とは具体的に何を指すのでしょうか。元々の意味は清涼飲料水ですので、ジュースなども含まれるはずですが、南アでコールドドリンクといえば、コーラやスプライトなどの炭酸飲料のこと。つまり、「炭酸飲料を買ってくれ」と要求されている訳です。


南ア人は炭酸飲料が大好きです。ある調査によると、南ア人の1人あたり年間炭酸飲料摂取量は約70リットルなんだそう。毎月5.8リットル近くを摂取しているということですね。ちなみに同調査では、米国人は160リットル以上、日本人は約35リットルとそれぞれの摂取量を算出しています。


日本人の約2倍という数字から「大好き」と呼べるのかと疑問に感じる人もいるかもしれません。でも、こう考えてみるとどうでしょう。


まず、南アではの炭酸飲料の値段はモノにもよりますが、日本と比べて少し安い程度です。激安という訳ではありません。それなのに炭酸飲料を日本人の2倍消費しているということは、それだけ炭酸飲料にお金を使っている=好きと考えることができると思います。また、南アは所得格差が激しい国ですので、炭酸飲料を自由に購入できる層は毎月5.8リットルという平均以上の量を消費しているはずです。


このような炭酸飲料好きに応えようと、スーパーマーケットの棚にはグローバル商品(コカ・コーラやファンタなど)、グローバルブランドが手がけるアフリカローカル商品(ジンジャービアやアイアンブルーなど)、低所得者層をターゲットにした国産品まで、さまざまな炭酸飲料が並んでいて、目玉商品として値引きがされることも多いです。


1980年代と比較して3倍へと急上昇した肥満の問題に対処するためには、炭酸飲料への課税を強化すべきとウイットウォーターズランド大学の研究チームらによる提言を知ってか知らずか、高い需要に支えられて新商品の投入は勢いを増すばかり。


南ア人と炭酸飲料のあまーい関係はまだしばらく続きそうです。


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2015年2月28日
« 前の記事「ワインの名産地が生んだ上品な炭酸飲料」へ
»次の記事「灯台の下で味わうシーフード/ナミビア・スワコップムント情報」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    薪直火焼き丸鶏とクラフトビール
    南アフリカで前代未聞のベストセラー本が誕生 "The President Keepers"
    "ブルーライトギャング"を警戒せよ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    南ア全土でミニバスタクシーのスト プレトリアではデモ行進も 混乱に注意/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    3000メートル級の山が目の前に! Golden Gate Highlands国立公園
    ヨハネスブルグで日本人の犯罪被害が急増/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年10月版)
    Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカのタクシードライバーによる蛮行/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年9月版)
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ジンバブエの通貨が大変なことになっています
    南アフリカでのソチオリンピック
    南アフリカ旅行者/在住者のためのスマホおすすめアプリ5選
    魚、魚、魚。浜辺の豪快なレストラン Die Strand Loper
    リピ確定! 自家製アイスクリームが絶品のカフェ Trieste

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集