海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > ここは本当にアフリカ? ビール醸造所で食べる超本格...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年3月28日

ここは本当にアフリカ? ビール醸造所で食べる超本格ドイツ料理/ナミビア・スワコップムント情報


メール プリント もっと見る

ここは本当にアフリカ? ビール醸造所で食べる超本格ドイツ料理/ナミビア・スワコップムント情報

1503_brauhaus01.jpg


スワコプムント(Swakopmund)到着2日目のディナーに選んだのは、街の中心部に位置するBrauhaus 。ドイツ語でビール醸造所を意味するこのレストランは、本格的なドイツ料理が評判のお店です。


ちょっと待って、なんでナミビアでドイツ料理なの?という声が聞こえてきそうなので、簡単に解説したいと思います。


かつて「未開な人々に文明を与える」という大義名分の元でヨーロッパ諸国がアフリカ各地を植民地化していた頃、ドイツもアフリカ大陸内に複数の植民地を保有していました。その1つとして独領南西アフリカ、つまり現在のナミビアを保有していたため、今でもナミビアにはドイツの影響が様々な形で残っているという訳なのです。


さて、話を戻します。Brauhaus はスワコプムントに数あるレストランの中でも屈指の人気店の1つです。年末の繁忙期に訪れた僕たちは、宿の人にお願いして開店と同時に席を確保しておいてもらいました。


1503_brauhaus02.jpg


メニューにはシーフードも掲載されていますが、ドイツ料理を注文しない訳にはいきません。大人2人+子ども1人(1歳3ヵ月)で4品は多いかなと思いつつ、アイスバイン、茹でソーセージ(ボックヴルスト)、焼きソーセージ(ブラートブルスト)、フィッシュスープを注文しました。


1503_brauhaus07.jpg


ビールを飲みながら料理を待っていると、お店の前には早くも行列ができています。これは予約してもらって大正解でした。


1503_brauhaus04.jpg


こちらはブラートヴルスト。ご覧の通り、マッシュポテトとザワークラウトが添えられています。香ばし焼き目に「これはビールにぴったりだなぁ」と思っていたのですが、結構な量を子どもに食べられてしまったような気がします。


1503_brauhaus03.jpg


ふと隣を見ると、何やら気になるものを飲んでいる人がいます。聞くと、このお店名物の2リットルビールなんだそう。「名物」と聞いてしまっては注文しない訳ないはいかないねぇ......ということで、2人で1杯をオーダー。


既に乾杯で500mlは飲みきっていて、これからアイスバインが到着するというのに、大丈夫なのでしょうか。


1503_brauhaus05.jpg


ほどなくしてアイスバインが登場です。これは......でかい! クネーデルとザワークラウトが添えられていますが、主役はあくまでも肉。大胆にナイフを入れて、肉の旨味を味わいましょう。


1503_brauhaus06.jpg


2リットルのビールを飲み干し、食事も完食......とまでは行かなかったものの、おつまみ程度の量を持ち帰り用に包んでもらってお店を後にする頃、テーブル席はもちろんバーカウンターまでが人で埋め尽くされていました。


確かに、この味とボリュームなら人気があるのも納得です。
シーフードに負けない魅力があるナミビアの本格ドイツ料理店、胃袋に自信がある方はぜひアイスバインに挑戦してみてください。


お店の情報

●名称

Swakopmund Brauhaus


●住所

The Arcade 22, Sam Nujoma Drive


●電話

+264- 64-402-214(ナミビア)


●ホームページ

http://www.swakopmundbrauhaus.com/


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2015年3月28日
« 前の記事「なぜ? 数百万人がリンポポ州のとある街に大集合」へ
»次の記事「2014年度によく読まれた記事ベスト10!」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ホシヤブガメと地ビールのいい関係
    今年もやります「ヨハネスブルグ地ビール祭」 チケット絶賛発売中!
    わざわざ足を運ぶ価値あり! ボルダーズビーチのアイスクリーム屋さん
    石炭が雨で濡れたので、只今から計画停電を行います

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集