海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > えっ、大統領が宝くじに当選? 南アフリカのエイプリ...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年4月 2日

えっ、大統領が宝くじに当選? 南アフリカのエイプリル・フール


メール プリント もっと見る

えっ、大統領が宝くじに当選? 南アフリカのエイプリル・フール

昨年は5月に総選挙を控えていたこともあって、政治ネタが優勢だった南アフリカのエイプリル・フール。2015年はどんなニュースが4月1日を盛り上げたのでしょうか。


計画停電は3Gへ 電力公社エスコムの新たな秘策?

今、南アフリカは深刻な電力不足です。そのため、電力需給の逼迫状況に基づいて3ステージに分かれている計画停電が日常的に行われています。


大手新聞社Dairy Starは、電力公社エスコム(Eskom)社がこんな状況を改善するために新たな計画停電「ステージ3G」を発表したと報じました。


同紙によると、この新しい計画停電策は主にスマホユーザーを対象としたもの。ステージ3Gの計画停電が行われると、FacebookとWhatsAppを使っているユーザーはインターネットから強制的に切断されます。


南アフリカには2000万人のスマホユーザーが存在することから、エスコム社はこの措置によって20メガワットの電源が確保できると試算。この計画停電が行われても従来のSMSや通話の利用には支障が出ないため、国民が被る不便は限定的だろうとコメントしています。


計画停電関係ではこの他に、「8歳以上の国民全てに30分以上の自転車発電を義務化 保健省が後押し」などのニュースが出たようです(記事確認できず)。


えっ、ジェイコブ・ズマ大統領が宝くじに当選?

私邸の改築に「セキュリティ向上」の名目で2億4600万ランドの税金をつぎこんだことが問題視されている、通称ンカンドラ(Nkandla)問題。


パブリック・プロテクター(オンブズマンに相当)のツリ・マドンセラ(Thuli Madonsela)氏が調査報告書で、工事費の一部に相当する2500万ランドを国に返還するようズマ大統領に勧告していますが、工事費の返還はなされていません。


こんな現状を皮肉ったのは、「ズマ大統領が宝くじに当選! これで工事費が返還できる」というこちらの記事です。


野党第一党民主連合(Democratic Alliance=DA)党首のヘレン・ジレ(Helen Zille)氏が「債務の返済を宝くじの当選金に頼るという知性に疑問を感じる」と冷静にコメントする一方で、同じく野党の経済的解放の闘士(Economic Freedom Fighters=EFF)のジュリアス・マレマ(Julius Malema)最高司令官がいつもの調子で「2500万ランドだけではなく、当選金すべてを返済に充てろ」と吠えている感じがちょっとリアルっぽいです。


大統領私邸の中心で「金返せ!」と叫ぶ

「仮に返金がされたとしても、とにかくズマに対して何か言わせろ!」。こう思っている南アフリカ人はそれなりにいるでしょう。そんな人にグッドニュース。なんと、渦中のンカンドラが宿泊予約の受付を開始したというのです。


ある意味敵陣(?)の中心に合法的に入り込めるというこれ以上にないオファーなのですが、お値段は破格の1泊1万ランド(=約10万円)。高い! とはいえ、2億4600万ランドをつぎ込んだ施設としては安いくらいの価格設定なのかも。南アフリカの有名な旅行サイトSafariNow.com上の紹介文風に書かれた施設紹介が、その豪華さを物語っています。


ズマ大統領私邸の中心で「金返せ!」と叫ぶ。「ズマチュー」がこれから流行するかもしれません。


大統領府が架空の大臣を発表 まんまと騙されるメディアも

こちらは日本でも報道されているようなので簡単に触れる程度にしておきます。


南アフリカ大統領府は、道路・交通相など存在しないポストへの新たな閣僚起用を発表して、この報道を真に受けた一部メディアが「ニュース」として報じられる一幕がありました。


これに対して野党DAの議員は「面白いと思った」と感想を述べると同時に、「この真剣さで通常の公務にも取り組んでくれることを期待している」としています。


まとめ

計画停電ネタもあったにせよ、相変わらず政治ネタが多い南アフリカのエイプリル・フールでした。


これは裏を返せば、関心(期待にせよ怒りにせよ)が高いということ。説明が長くなるので取り上げませんでしたが、「歌手スティーブ・ホフメイアー(Steve Hofmeyr)がEFFに参画」なんてネタは政治に関心がなければ全く理解できませんからね。


ところで今年も大人気のズマ大統領、みんなの期待に反して(?)お金を返してみてはいかがでしょうか。さんざんエイプリル・フールでいじった直後のタイミングで言い出せば、みんなビックリして批判が多少弱まるんじゃないかと思うのですが......どうですかね。


ブログランキングに参加中! 応援よろしくお願いします

「一番役に立つ南アフリカブログ」を目指して、ランキングに参加しています。

記事が役に立ったり面白かったら下のアイコン(または文字列)をクリックして、応援の一票を投じていただけると嬉しいです m(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

南アフリカ ブログランキング


Twitterも続けています

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。ぜひフォローしてください♪



ご意見・ご質問をお待ちしています

執筆の励みになります。下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にお寄せください(★を@に変えてください)。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ お題 生活・習慣・マナー
2015年4月 2日
« 前の記事「ナミビアのパブで出会った絶品平目料理/ナミビア・スワコップムント情報」へ
»次の記事「リンポポ州の超ローカルなキャンプ場で過ごす週末」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ヨハネスブルグ5本の指に入る?ハンバーガー専門店 Dukes Burger
    ゴールデンウィークに南アフリカを訪れるあなたへ
    南アフリカのエイプリル・フール

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集