海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > エドワード英王子も滞在 フランシュフックの最高級プ...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年4月14日

エドワード英王子も滞在 フランシュフックの最高級プライベート・コテージ


メール プリント もっと見る

エドワード英王子も滞在 フランシュフックの最高級プライベート・コテージ

1503_gp01.jpg

フランシュフックの町並み


ステレンボッシュ(Stellenbosch)、パール(Paarl)とともにワインの名産地、通称ワインランドとして名高いフランシュフック(Franschhoek)。


フランシュフックを直訳すると、「フランス人地区」。これは、17世紀末のナントの勅令廃止を受けて迫害から逃れてきたフランスのユグノー派がこの街の基礎をつくったことに由来します。


1503_gp05.jpg


この街にはお気に入りのワイナリーモレソン(Môreson) があるため今までに何回か足を運んだことがあるのですが、今回はなんと17世紀創業の老舗ワイナリーグラン・プロヴァンス(Grand Province) に併設されたオーナーズ・コテージ(The Owner's Cottage) に滞在する機会に恵まれました。


1503_gp03.jpg


白が栄えるこのコテージは、18世紀頃のオランダ植民地時代に造られたケープダッチと呼ばれる様式のもの。曲線を活かしたデザインが美しいこのコテージは、手入れが行き届いた歴史を感じさせる建物に、洗練された家具がが配置されています。

1503_gp02.jpg


1503_gp04.jpg


コテージには複数のベッドルームが用意されていますが、なんと滞在できるのは1日1グループのみ。この素晴らしい環境を心から満喫してもらおうという、ワイナリーの配慮なんだそうです。


1503_gp08.jpg

ラムのクロケット


1503_gp09.jpg


豚肉バラ肉のロースト、帆立貝の軽い燻製 りんごのエッセンス


ディナーは庭に面した素敵なダイニングルームでいただきます。併設されたレストランのシェフが腕を奮う料理は、1皿にさまざまな香りとテクスチャが盛り込まれた繊細なもの。


豚肉、帆立貝、付け合せにそれぞれ異なった調理法を用いて、スポイトに入ったリンゴのエッセンスを垂らすことで香りが変わるという凝った仕掛けのメインディッシュには思わず唸ってしまいました。


1503_gp07.jpg


帰りがけに、ロビーに飾られた小さな写真に目が留まりました。よく見ると、これは英国のエドワード王子とソフィー夫人ではありませんか。


ご夫婦はここでどのような休日を過ごしたのでしょうか。想像が膨らみました。


施設の情報

●名称

Grand Province


●住所

Main Road, Franschhoek 7690

Western Cape, South Africa


●電話

021-876-8600


●ホームページ

http://www.grandeprovence.co.za/


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル
2015年4月14日
« 前の記事「食事が美味しい子連れ大歓迎のピッツェリア 遊具が増えてさらに魅力的に!」へ
»次の記事「南アフリカの計画停電に要注意 その傾向と対策」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ヨハネスブルグ5本の指に入る?ハンバーガー専門店 Dukes Burger
    ゴールデンウィークに南アフリカを訪れるあなたへ
    南アフリカのエイプリル・フール

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集