海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 南アフリカのビール事情

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年5月29日

南アフリカのビール事情


メール プリント もっと見る

南アフリカのビール事情

ワインのイメージがある南アフリカですが、大衆は圧倒的にビールを支持しています。

1403_jozibeerfest11.jpg

ビール、最高!


10年以上前から、アルコール市場の半数以上をビール(56.5%)が支配する構図が固定されていて、ワインは大きく水を開けられた第二位(16.5%)が定位置に。ウイスキー(6.6%)、ブランデー(5.3%)がこれに続いているという現状です。


出典:Platter's 2015 South African Wine Guide ※統計は2013年のアルコール含有量ベース


ヨハネスブルグでの金鉱脈発見時に醸造会社が誕生

130628_beer06.jpg

かつてビールの宣伝に使われていた車


南アフリカのビール市場は、今のところSABミラー社の一社独占と言って差し支えがないでしょう。


南アフリカが誇るこの酒造メーカーは、金鉱脈の発見に沸く1895年のヨハネスブルグでSouth African Beer Breweries)として創業。2002年の米国ミラー社買収に伴い、社名をSABミラー社へと変更しました。


醸造料は現在世界第2位。ピルスナー・ウルケル(チェコ)、ペローニ(イタリア)、ミラー(米国)、グロールシュ(オランダ)を含む150程の地域ブランドを持つ、グローバル・酒造メーカーです。


一社独占というとビールの種類が少ないように聞こえるかもしれませんが、このようにSABミラー社が幅広いブランドを保有しているため、南アフリカの酒屋さんにはさまざまなビールが並んでいます。


また、一社独占というのは大量生産されるビールに限っての話で、クラフトビールに目を向けるとその選択肢は実に多様です。ですがクラフトビールもカバーすると話がとても長くなるので、今回は大手メーカーによるビールに絞って話を進めていきたいと思います。


南アフリカで一般的に飲まれている銘柄は?

さて、南アフリカで一般的に飲まれている銘柄にはどのようなものがあるのでしょうか。


1505_sabeer01.jpg

カステル・ラガー


まず、南アフリカ発祥のブランドとしては次のようなものがあります。


●カステル(Castel)

ラガー、ライト、ミルクスタウトの3種類。英語読みだとキャッスルですが、カステルと発音する人が多いような気がします。。


●ブラックレーベル(Carling Black Rabele)

ペールラガー。アルコール度数は5.5%とやや高め。タウンシップや村では、この大瓶を持って昼からぶらぶら歩いている人を見かけることもあります。飲兵衛ご用達?


●ハンサ(Hansa Pilsener)

ピルスナータイプ。のどごしがいいビールです。姉妹商品でアンバーラガータイプのHansa Marzen Goldというものもありますが、あまり頻繁には見かけません。人気がないのかなぁ。


1505_sabeer02.jpg

ウイントフック・ラガー


南アフリカの隣国、ナミビアのビールも日常的に飲まれています。ドイツによる植民支配の経験からか、ナミビアは意外とビール大国なのです。


●ウイントフック(Windhoek)

ラガー、ドラフト、ライトの3種類。ウイントフック・ラガーは僕のオススメです。


●タフェル(Tafel)

ナミビアではウイントフックより人気が高い?とも聞きました。南アでは、小さい酒屋さんだと取り扱っていないところも多いですね。


この他の銘柄だと、ミラー、アムステル、グロールシュ辺りがよく飲まれているでしょうか。


もっと知りたい人は、ビール博物館へGO!

南アフリカのビールをもっと知りたい! そう思った人は、ヨハネスブルグのビール博物館のツアーがおすすめです!


このツアーは、ビールの歴史や生産プロセスはもちろん、今でも伝統儀式の時に飲まれているンコンボティ(ソルガムなどの雑穀を発酵させてつくるどぶろく)の試飲や、ゴールドラッシュに沸くヨハネスブルグの酒場を再現したパブでの生ビール試飲などがついてくる、盛りだくさんな内容です。


●ビール好き必見! 南アフリカのビールがまるごとわかる「ビール博物館」にいってみた

https://tokuhain.arukikata.co.jp/johannesburg/2013/07/south_african_breweries_world_of_beer.html


ところでこの記事ではカバーしきれなかった、クラフトビールについてはどうなのでしょうか。その盛り上がりを肌で感じられるイベント、Jozi Craft Beer Festa についこの前行ってきたので、下記の記事をぜひ読んでみてください。

●ヨハネスブルグで地ビール祭
https://tokuhain.arukikata.co.jp/johannesburg/2015/05/south_africa_jozi_beer_festa_2015.html


(5月お題"ご当地ビール")


最後までお読みいただきありがとうございます

ブログランキングに参加しています。下のバナーかテキストをクリックしていただくと、ランキング順位が上がります。記事が役に立った、面白かったらクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

南アフリカ ブログランキング


記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2015年5月29日
« 前の記事「ヨハネスブルグで地ビール祭」へ
»次の記事「99種類を飲み比べ! もうすぐ1周年 ヨハネスブルグの人気ビアホール」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集