海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 焚き火とアンティークとクラフトビール

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年5月31日

焚き火とアンティークとクラフトビール


メール プリント もっと見る

焚き火とアンティークとクラフトビール

早いもので、5月も終わりですね。ヨハネスブルグでとっておきのビアホールを1軒紹介して、ビール強化月間を締めくくりたいと思います。


1505_44beer04.jpg


ビアホールの名前はStanley Beer Yard といいます。 場所はヨハネスブルグ南部のミルパーク(Milpark)。TVの生中継中に備えているレポーターを強盗が襲った ことで一躍有名になったミルパーク病院があるエリアですね(病院とビアホールは大通りを隔ててそれなりの距離があります。念のため)。


1505_44beer03.jpg


Stanley Beer Yard に行くとしたら、オススメは夜の時間帯です。今の時期、ボマ(焚き火)が用意されるテラス席はとても雰囲気がありますし、アンティークの家具や雑貨を中心に構成された店内は夜の光を得てよりいっそう魅力的になるからです。


1505_44beer06.jpg


この日は金曜日だったからか、店内にはDJブースが出現。この音楽のセレクションがブルース好きの義父の好みにがっちりハマったようで、1杯だけ......と話していたのが、2杯、3杯と空のグラスが増えていきました。


1505_44beer05.jpg


肝心のビールはその種類こそThe Beer House に軍配が上がりますが、南アフリカのさまざまな醸造所から取り寄せた10種類くらいの生ビールはタイプもさまざまで、飲み比べも十分に楽しめるはずです。

1505_44beer02.jpg

フードはソーセージやハンバーガーなどシンプルなものが多いですね。


また、ここではビールを飲む人がほとんどだと思いますが、ワインも150〜200ランドで取り扱いがあって、例えばBabylonstorenのシュナン・ブランが150ランド、DMZのシャルドネが180ランド。だいたい小売価格の2倍前後という良心的な値付けです。


ちなみにお店が入っている44スタンレー(44 Stanley)は、1930年代に建てられた複数の産業用建築を改装して、ブティック、雑貨屋さん、カフェ、レストラン、デザイン事務所、スタジオなどを集めたとってもおしゃれな場所です。


1505_44beer01.jpg


Stanley Beer Yard 以外にも自家焙煎の珈琲店Bean There Coffee Company やチーズケーキとハンバーガーが絶品のSalvation Cafe はよく行きますし、この前初めて行ったイタリア料理屋のIl Giardino もなかなかよかったです。


あ、この辺りのカフェやレストランはまだ記事にしていないですね。写真が撮れたら順次紹介していきたいと思います。


お店の情報

●名称

Stanley Beer Yard


●住所

44 Stanley, Corner of Owl Street and Stanley Avenue, Milpark, Johannesburg


●電話

011-482-5791


●ホームページ

http://44stanley.co.za/shop/stanley-beer-yard/


(5月お題"ご当地ビール")


最後までお読みいただきありがとうございます

ブログランキングに参加しています。下のバナーかテキストをクリックしていただくと、ランキング順位が上がります。記事が役に立った、面白かったらクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

南アフリカ ブログランキング


記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2015年5月31日
« 前の記事「99種類を飲み比べ! もうすぐ1周年 ヨハネスブルグの人気ビアホール」へ
»次の記事「最高のベーカリーを襲ったまさかの悲劇」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    ジンバブエのムガベ大統領が辞任 歓喜に沸く南アフリカのジンバブエ人
    薪直火焼き丸鶏とクラフトビール
    南アフリカで前代未聞のベストセラー本が誕生 "The President Keepers"
    "ブルーライトギャング"を警戒せよ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    南ア全土でミニバスタクシーのスト プレトリアではデモ行進も 混乱に注意/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    3000メートル級の山が目の前に! Golden Gate Highlands国立公園
    ヨハネスブルグで日本人の犯罪被害が急増/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年10月版)
    Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカのタクシードライバーによる蛮行/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年9月版)

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集