海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 南アフリカのお土産は、何といってもコレ!

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年6月21日

南アフリカのお土産は、何といってもコレ!


メール プリント もっと見る

南アフリカのお土産は、何といってもコレ!

一時帰国時に、これを買わずに帰国したことは今までありませんでした。「南アフリカの鉄板お土産」と言い切ってしまって、差し支えはないでしょう。


世界でここだけ! 南アフリカの名産品ルイボスティー

1506_rooibos01.jpg

南アフリカ人なら誰でも知ってるFreshpak


そうです、ルイボスティーです。ケープタウン(Cape Town)の北に広がるセダルバーグ(Cederberg)のみで生育が可能なルイボスティーは、南アフリカきっての名産品。ノンカフェインで妊娠中・授乳中の女性でも安心して飲めることなどから日本でも人気が出てきていて、最近ではペットボトル入りのものも発売されている と聞きました。


1506_rooibos03.jpg

スーパーの棚に並ぶ赤ちゃんや子ども用のルイボスティー


発祥の地、南アフリカでもルイボスティーは大人気。砂糖やミルクをたっぷり入れる人が多いですが、日本人と同じようにストレートで飲む人もたまに見かけます。また、ノンカフェインという特徴を活かして赤ちゃんの水分補給にも大活躍です。


さてそんなルイボスティーのお値段は、原産国ということで日本と比べてかなり割安です。日本では1000円/80〜100袋がだいたい最安 のところ、南アフリカ人なら誰もが知っているFreshpakは20ランド(=約200円)/80袋 と値段はなんと4分の1ほど。自宅用にも、ちょっとしたお土産にも嬉しい値段ですね。


1506_rooibos02.jpg


南アフリカではハーブティーとのブレンドなどバリエーションも豊富です。写真左は、ルイボスティーに5種類のスパイスをブレンドしたもの。お湯か温かい牛乳を注ぐだけで、スパイスが効いたルイボス・チャイの完成です。他にもハニーブッシュフーディア 、写真右のブフなど、南部アフリカ原産のハーブをブレンドした商品が手頃な値段で手に入れられます。


ルイボスティーの購入はスーパーマーケットで

さて、ルイボスティーをお土産に買おうと思ったら、どこへ行くのがいいのでしょうかか。


普通のルイボスティーならピッカンペイ(Pick n Pay)ウールワース(Woolworth)チェッカーズ(Checkers) などのスーパーマーケットに必ず、ルイボスティーのコーナーが設けられています。また、オーガニック食材やこだわりのデリを扱うお店をのぞいてみると、面白いハーブティーが見つかるかもしれません。


冷茶も美味しい! サファリロッジ直伝の飲み方を紹介します

最後に、日本の夏に向けてサファリロッジで提供された素敵なルイボスティーの飲み方を紹介しましょう。


一度煮出したルイボスティーに好みのスパイスやフルーツ、あるいはハチミツなどを加えて冷蔵庫でしっかり冷やすと、オリジナルのアイス・ルイボスの完成。カットフルーツを飾ればちょっとしたおもてなしの一杯になります。


サファリロッジまでの長距離運転で疲れた体に、シナモン&ハチミツ入りの冷たいルイボスティーが嬉しかったこと。ぜひ、おもてなしのレパートリーに加えてみてください。


(6月お題"お土産")


最後までお読みいただきありがとうございます

ブログランキングに参加しています。下のバナーかテキストをクリックしていただくと、ランキング順位が上がります。記事が役に立った、面白かったらクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

南アフリカ ブログランキング


記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2015年6月21日
« 前の記事「ヨハネスブルグでレゴアート」へ
»次の記事「ソウェトで自転車に乗って走る、走る! 旧黒人居住区で大冒険(前編)」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    行ってきました、喜望峰!(その2)
    行ってきました、喜望峰!(その1)
    ワールドカップが人気過ぎてコンゴ民主共和国が停電の危機?!
    「勝ち抜けはコートジボワールとコロンビア」 南アフリカのメディアが分析
    巨大な壺がお出迎え ちょっと怪しげな中華食堂
    南アフリカのアジア人

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集