海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > ソウェトで自転車に乗って走る、走る! 旧黒人居住区...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年6月23日

ソウェトで自転車に乗って走る、走る! 旧黒人居住区で大冒険(前編)


メール プリント もっと見る

ソウェトで自転車に乗って走る、走る! 旧黒人居住区で大冒険(前編)

かつてアパルトヘイト下の南アフリカでは、人種ごとに居住地が定められていました。これらの中で、都市で働く労働者のために都市近郊に造られた居住区をタウンシップと呼びます。


ソウェトは南アフリカ最大級のタウンシップ

1506_soweto03.jpg

ソウェトのランドマーク 旧火力発電所


ソウェト(Soweto)は、ヨハネスブルグ(Johanneburg)郊外に設けられた南アフリカ最大級のタウンシップです。学生による反アパルトヘイト運動の1つ、ソウェト蜂起で13歳の少年ヘクター・ピーターソンが殺されたことをきっかけに世界にその名を知られることになりました。


最近では、2010年サッカー・ワールドカップ決勝戦を行った場所としての方が知名度が高いかもしれません。


1506_soweto01.jpg

ソウェトの街並み


ネルソン・マンデラ元大統領の旧自宅やヘクター・ピーターソン博物館など見どころが多いソウェトには、ヨハネスブルグからガイド付きのツアーも数多く行われています。でも、車の窓ガラス越しに街を眺めて博物館や記念碑を回るだけで、本当にソウェトを知ることができるのでしょうか。


......バックパッカー時代を思いだせ、街を知るためには自分の足を使うのが基本じゃないか! ということで、ソウェト内を自転車で疾走するサイクルツアー、Soweto Bicycle Tour に参加することにしました。


バックパッカーズホステルが主催 ツアーの所要時間は約2時間

1506_soweto18.jpg


このツアーは、ソウェト内のバックパッカーズホステルLebo's Soweto Backpackers が運営するもの。体力や関心に応じて2時間と4時間のコースが用意されています。僕たちは日曜日の午後に出発する2時間のコースをチョイス。出発の15時よりちょっと前に集合場所のホステルに到着しました。


1506_soweto04.jpg


ホステルに到着したら、まずは免責同意書に目を通して自筆のサインをします。続いて、ゲストハウス前に止められた自転車から自分に合ったものを選んで、ヘルメットをかぶったらいざ出発! グループの前に1人、後ろに1人、参加者をはさむ形でガイドさんがついて、安全面に気を配ってくれます。


1506_soweto05.jpg


出発直後にさっそく、山登りの洗礼が待っていました。あれ、これは意外とキツイかも......と思っていたら、見晴らしのいい高台でガイドさんが止まります。


「ははは、これは最初のテストだよ。この坂を登りきれれば大丈夫!」


とりあえず、ガイドさんからのお墨付きをもらうことはできました。この調子で2時間しっかり走り続けられることを願って、中編に続きます!


| 前編 | 中編 | 後編 |


最後までお読みいただきありがとうございます

ブログランキングに参加しています。下のバナーかテキストをクリックしていただくと、ランキング順位が上がります。記事が役に立った、面白かったらクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

南アフリカ ブログランキング


記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2015年6月23日
« 前の記事「南アフリカのお土産は、何といってもコレ!」へ
»次の記事「ソウェトで自転車に乗って走る、走る! 旧黒人居住区で大冒険(中編)」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    ジンバブエのムガベ大統領が辞任 歓喜に沸く南アフリカのジンバブエ人
    薪直火焼き丸鶏とクラフトビール
    南アフリカで前代未聞のベストセラー本が誕生 "The President Keepers"
    "ブルーライトギャング"を警戒せよ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    南ア全土でミニバスタクシーのスト プレトリアではデモ行進も 混乱に注意/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    3000メートル級の山が目の前に! Golden Gate Highlands国立公園
    ヨハネスブルグで日本人の犯罪被害が急増/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年10月版)
    Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカのタクシードライバーによる蛮行/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年9月版)
    1年前の同じ月に投稿された記事
    行ってきました、喜望峰!(その2)
    行ってきました、喜望峰!(その1)
    ワールドカップが人気過ぎてコンゴ民主共和国が停電の危機?!
    「勝ち抜けはコートジボワールとコロンビア」 南アフリカのメディアが分析
    巨大な壺がお出迎え ちょっと怪しげな中華食堂
    南アフリカのアジア人

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集