海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 天体観測の聖地で南十字星を観る

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年6月13日

天体観測の聖地で南十字星を観る


メール プリント もっと見る

天体観測の聖地で南十字星を観る

普段はあまり意識しませんが、ふとした時に南半球に住んでいることを思い出します。


1つは、季節。日本は梅雨が近づいている頃だと思いますが、南アフリカは現在、秋。日がだいぶ短くなり、朝晩はかなり冷え込むようになってきました。


もう1つは、星空です。南アフリカから眺める星空は、北半球から眺める星空とは完全に別物。星座は日本とは反対の向きに見えますし、南十字星など南半球からしか見えない星座もたくさんあるんです。


天体観測の聖地サザランド


さて、南アフリカで星を観たいと思った時に、どこに行くのがいいのでしょうか。最も高いビルの高さが223メートル という国ですので、ヨハネスブルグでも星は割とよく見えます。


1505_sutherland01.jpg

車とすれ違うことも珍しい田舎道を進む


でも、たまには違う場所で星空を眺めてみるのもいいんじゃないかな......そう思って、天体観測の聖地として名高い北ケープ(Northern Cape)州のサザランド(Sutherland)に行ってきました。


世界でもっとも鮮明で暗い夜空が見える場所

1505_sutherland04.jpg


19世紀にその礎を持つサザランドは、現在でも人口が3000人に満たない小さな、小さな田舎町です。他の田舎町と比べて、ここの何が天体観測に適しているのか、一見しただけではわかりません。


答えは、気候です。サザランドは年間を通して気候が安定いることに加えて、世界でもっとも鮮明で暗い夜空を見ることができるんだそうです。


そのためサザランドには、南半球で最大の天体望遠鏡「ソルト(The Southern African Large Telescope=SALT) 」を始めとするたくさんの天体望遠鏡が設置されています。


本格的な天体観測が街中でも楽しめる!


1505_sutherland09.jpg


ソルトも天体観測ツアーを行っているのですが、サザランドの街からはちょっと離れていて、車で移動する必要があります。この日は小さい子ども(1歳7ヵ月)連れだったので、街の外れで個人が行っているツアーに参加しました。


1505_sutherland02.jpg


個人主催のツアーと聞いて、あなどることなかれ。庭に保有している3台の天体望遠鏡は恐らくかなりの高性能です。


「スマホ持ってたら貸してくれる?」と聞かれるがままに手渡すと、何やらスマホを覗き穴にくっつけてごにょごにょ。画面を見ると、こんなに大きな月が撮れていました。


また、天体や星座の説明はとてもわかりやすく、ずーっと人に聞かれて答えられなかった南十字星の探し方もほぼマスターできたと思います。


いよいよ、南半球最大の天体望遠鏡内部へ

さて明けて翌日。ここまで来たからには南半球最大の天体望遠鏡を一度でいいから拝もうと、ゲストハウスを後にしてソルトを目指すことにしました。


1505_sutherland03.jpg

セキュリティゲートを通って山を登り、ビジターセンターでツアーの受付を済ませます。


1505_sutherland07.jpg


そして、ついにソルトとご対面です。思っていたよりもずっと大きい!


1505_sutherland05.jpg


ツアーでは、スタッフの案内で天体望遠鏡の内部に入ることができます。


1505_sutherland06.jpg

中心に大きな鏡が設置されているのが伝わるでしょうか? この大きな鏡の直径は約11メートル。全部で91枚の鏡を組み合わせてできているんだそうです。


1505_sutherland08.jpg


敷地内には、ソルトだけではなく世界各国の天体望遠鏡が並んでいます。日本が関わっている天体望遠鏡もあるんだそうですよ。


日中の訪問だったのでこの場所から夜空を眺めることは叶いませんでしたが、「聖地」の雰囲気を存分に味わって、ソルトを後にしました。


関連情報

ソルトについては下記をご覧ください。


●名称

South African Astronomical Observatory Sutherland


●電話

023-571-2436


●ホームページ

http://www.saao.ac.za/about/visting/sutherland/


最後までお読みいただきありがとうございます

ブログランキングに参加しています。下のバナーかテキストをクリックしていただくと、ランキング順位が上がります。記事が役に立った、面白かったらクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

南アフリカ ブログランキング


記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2015年6月13日
« 前の記事「出入国拒否も? 18歳未満対象 出生証明書、宣誓供述書の提出義務が始まりました/旅行者のための南アフリカ...」へ
»次の記事「ヨハネスブルグでレゴアート」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    行ってきました、喜望峰!(その2)
    行ってきました、喜望峰!(その1)
    ワールドカップが人気過ぎてコンゴ民主共和国が停電の危機?!
    「勝ち抜けはコートジボワールとコロンビア」 南アフリカのメディアが分析
    巨大な壺がお出迎え ちょっと怪しげな中華食堂
    南アフリカのアジア人

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集