海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > その南アフリカワイン、日本で買ったら一体いくら? ...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年6月30日

その南アフリカワイン、日本で買ったら一体いくら? 現地購入の「お得」度を考える


メール プリント もっと見る

その南アフリカワイン、日本で買ったら一体いくら? 現地購入の「お得」度を考える

1506_wine02.jpg


知る人ぞ知る、ワインの一大生産国・南アフリカ。旅のお土産に南アフリカワインを買って帰ろう!という人もいるんじゃないかと思います。


ところで、南アでワインを購入すると、どれくらい「お得」なのでしょうか。一時帰国を前にしてちょっと気になったので、調べてみることにしました。


おすすめワイン3本の価格を日本と南アで比較!

1506_wine01.jpg

ブシャール・フィンレイソンは最近の常備アイテムです


日本で手に入るワインからおすすめを中心に3本をピックアップして、南アでの蔵出し価格と比べてみました。


【1】ボーモント ホープ・マルグリット 2012

日経新聞電子版「専門家推薦 世界旅行気分に浸れる、あの国のワイン 」にも登場したボーモント・ワインズ(Beaumont Wines)のフラッグシップです。これ、すごく美味しいですよ。南アと日本との価格差が小さくてちょっとビックリです。


日本国内販売価格: 2786円(参考ページ

蔵出し価格: 185ランド(参考ページ ) ※2013年ヴィンテージ


【2】ブシャール・フィンレイソン オーヴァーバーグ・クロコダイル・レイル・シャルドネ・カイマンガ 2013

最近好きなワイナリーが多いウォーカーベイ(Walker Bay)からブシャール・フィンレイソン(Bouchard Finlayson)の樽香を効かせたシャルドネです。ブシャール・エイネ当主のポール・ブシャール氏と南ア屈指の醸造家ピーター・フィンレーソン氏とのジョイントベンチャーとして、1989年に活動を開始しました。フラッグシップはまだ飲んだことがありませんが、何を飲んでも美味しい優秀なワイナリーです。


日本国内販売価格: 2894円(参考ページ

蔵出し価格: 130ランド(参考ページ ) ※2014年ヴィンテージ


【3】サディ・ファミリー・ワインズ パラディウス 2012

サディ・ファミリー・ワインズは、南アワインガイドの決定版Platter's Wine Guideで全体で50本程度選ばれた5つ星に3本をランクインさせた凄腕ワイナリー。2015年は同書が選ぶワイナリー・オブ・ザ・イヤーにも選ばれました。パラディウスにはシュナン・ブラン、グルナッシュ・ブラン、クラレテ・ブラン、ヴィオニエ他10種類のブドウが使われています。


日本国内販売価格: 11664円(参考ページ

蔵出し価格: 475ランド(参考ページ


日本との価格差は2〜3倍 お土産にぜひワインを!

1506_wine03.jpg


比較したヴィンテージが微妙に違うものもあること、また、ボーモントの値付けが異常に安いので断言はできませんが、日本と南アでのワインの価格差はだいたい2〜3倍くらい。やっぱり南アでワインを買うのは圧倒的に「お得」です!


ここでは価格を比較するために日本で手に入るワインを取り上げましたが、日本に輸入されていない名ワインはまだまだたくさんあります。


訪問したワイナリーでワインを買えばいい記念になりますし、そこまで時間がない......という人はワインショップに行けば幅広い品揃えから自分に合った1本を見つけられるはずです。


旅の思い出に、お気に入りの1本をぜひ日本に連れて帰ってください。


(6月お題"お土産")


最後までお読みいただきありがとうございます

ブログランキングに参加しています。下のバナーかテキストをクリックしていただくと、ランキング順位が上がります。記事が役に立った、面白かったらクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

南アフリカ ブログランキング


記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2015年6月30日
« 前の記事「ソウェトで自転車に乗って走る、走る! 旧黒人居住区で大冒険(後編)」へ
»次の記事「アフリカで生牡蠣が食べられるって本当?」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    行ってきました、喜望峰!(その2)
    行ってきました、喜望峰!(その1)
    ワールドカップが人気過ぎてコンゴ民主共和国が停電の危機?!
    「勝ち抜けはコートジボワールとコロンビア」 南アフリカのメディアが分析
    巨大な壺がお出迎え ちょっと怪しげな中華食堂
    南アフリカのアジア人

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集