海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > クルーガー国立公園も白旗? ダーバン近郊の穴場でサ...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年7月22日

クルーガー国立公園も白旗? ダーバン近郊の穴場でサファリを満喫


メール プリント もっと見る

クルーガー国立公園も白旗? ダーバン近郊の穴場でサファリを満喫

南アフリカでサファリと言えばクルーガー国立公園の専売特許のように思われがちです。


でも、そんなことはありません。南アフリカ第三の都市ダーバン(Durban)の近郊にあるヒュヒュウェ=インフォロジ(Hluhluwe-iMfolozi)国立公園では「クルーガー国立公園より魅力的」と欧米のガイドブックに評価されるほど充実したサファリが楽しめるんです。


論より証拠、噂の国立公園に行ってみました

ということで、ヒュヒュウェ=インフォロジ国立公園に行ってみました。ダーバンからの道のりは片道約240km。車で約2時間半のドライブです。


1507_kzn01.jpg

ロッジの玄関


1507_kzn02.jpg

素敵なラウンジ


宿泊先に選択したのは、その名の通り山の頂上にあるヒルトップ・キャンプ&ムトゥワジ・ロッジです。メモリアル・ゲートから国立公園の中に入って、動物を探しながら山道をゆっくり登るとやがてロッジに到着しました。


セルフドライブは子連れの方に絶賛おすすめです!

1507_kzn03.jpg

セルフドライブは子ども連れにおすすめ


ここではクルーガー国立公園と同様に、レンジャーのガイドが付くサファリと、セルフドライブ(自家用車でのサファリ)の両方が楽しめます。子連れ(1歳7ヵ月)の僕たちは、迷わず後者を選びました。


オープンカーで移動するサファリは、意外と体力を消耗するもの。時間も動き方も全て自分たちで決められるセルフドライブは、小さい子どもやお年寄り連れの方にはぴったりだと思います。


また、南アフリカの国立公園は道路がよく整備されているので普通の乗用車でも問題なし。高いお金を支払って四駆を借りなくても大丈夫です。

こんなに近くて大丈夫? 自家用車で動物たちに大接近

そうは言っても乗用車だと動物の近くに寄れないんじゃないの?という声が聞こえてきそうなので、実績を示しましょう。

1507_kzn06.jpg


サイとの距離は長めに見積もって5メートル、


1507_kzn07.jpg


群れになるとライオンより強いと言われるバッファローだってこの通りです。


今回のドライブではビック5(ライオン、ゾウ、ヒョウ、サイ、バッファロー)のうちヒョウを除く4種類ををコンプリート。象に通せんぼされてしまったり、バッファローの群れと鉢合わせてしまうなど、動物を探すどころか動物にぶつからないように気をつける必要があるほどでした。


キッチン付きのロッジは何かと便利です

1507_kzn04.jpg

レストランでの夕食。メインはその場で切り分けるローストポーク


ロッジの部屋には、キッチンが備え付けられています。毎食レストランで食べると動けなくなってしまうので、滞在中は自炊とレストランの利用が半々くらいでした。


ロッジの売店で手に入る食材は種類が限られるので計画的に持参する必要がありますが、時間を気にせずに食べられる自炊と、手間のかからないレストランを使い分けられるのは便利です。

1507_kzn05.jpg


実は今回のサファリは「古稀のお祝いに」と日本から招待した義父へのプレゼントでした。親子3世代でサファリを満喫した2泊3日。山肌から顔を出す朝日に見送られながら、公園を後にしました。


関連情報

最新の情報はクワズールー・ナタール州が運営するホームページをご覧ください。


●名称

Ezemvelo KZN Wildlife


●電話

033-845-1000


●ホームページ

http://www.kznwildlife.com/

最後までお読みいただきありがとうございます

ブログランキングに参加しています。下のバナーかテキストをクリックしていただくと、ランキング順位が上がります。記事が役に立った、面白かったらクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

南アフリカ ブログランキング


記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2015年7月22日
« 前の記事「人生最高のランチを南アフリカのワイナリーで」へ
»次の記事「スタバ上陸がコーヒー価格値上げのきっかけに?」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    【世界遺産】ロベン島訪問記(その2)
    【世界遺産】ロベン島訪問記(その1)
    出入国拒否の可能性も 子連れで南アフリカを訪れる方に必ず知っておいて欲しいこと/旅行者のための南アフリカ治安情報(2014年7月版)
    限定コラボあり ネルソン・マンデラ国際デー2014
    【世界遺産】ヴィクトリアの滝 黄熱病の予防接種は必要なのか?
    真冬の音楽祭 Fête de la musique
    イエローカード不所持で強制退去処分に?/旅行者のための南アフリカ治安情報(2014年7月版)

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集