海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 【閲覧注意】アフリカで昆虫を食べてみた

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年10月17日

【閲覧注意】アフリカで昆虫を食べてみた


メール プリント もっと見る

【閲覧注意】アフリカで昆虫を食べてみた

※注意! この記事には芋虫の写真が登場します。苦手な方は読み進めるのをお控えください。

1510_mopani02.jpg


南アフリカを代表する食事といえば、何といっても「パップ」です。「ミリミル」と呼ばれる白トウモロコシの粉をお湯で練り上げた姿は、どことなくお餅に似ています。パップを手で一口大にちぎって、おかずやグレービーソースと一緒に口に運べばもちもちとした食感が楽しめます。


1510_mopani03.jpg

鶏肉、キャベツ、トマトソースは定番の組み合わせ


パップに添えられるおかずは野菜や肉、魚など、好みや収入によってさまざまですが、中には日本人にとって馴染みのない食材が並ぶこともあります。


1510_mopani01.jpg

マゲゲ(中央)とモパニワーム(右) 赤いものはトマトソース


はい、どうぞ! 昆虫です。せっかく昆虫を好んで食べる人が多い地域に住んでいるんだから一度体験してみようと村の知人にお願いしたところ、快く容易してくれました。


茶色の小さい虫は、マゲゲというシロアリの一種です。調理方法は「薄く油を敷いたフライパンで煎る」というシンプルなもの。さくさくさくしていて、これは意外と美味しい! 川海老の素揚げのような感じで、パップよりもビールとの相性がよさそうです。


抜群の存在感を放っている2匹の幼虫はモパニワームと呼ばれています。正式にはヤママユガ科の蛾(ガ)の幼虫なのですが、この幼虫がモパニという木に生息するためこのような名前がついています。


「ちょうど新鮮なものが手に入った」とかで、提供されたのは中抜き後にボイルされたもの。虫の味がダイレクトに味わえる調理方法ですね。味は......中抜きしてあるので嫌な苦味こそないのですがあまり際立った味もなく、個人的にはマゲゲの方が好みでした。


ちなみにモパニワームは年間を通じてタクシー乗り場やローカルスーパーなどで乾燥品が売られていますが、生のものが食べられるのは夏の限られた期間だけです。また、南アフリカだけではなくボツワナでも食べられていて、「ボツワナ産が一番美味しい」と聞きました。

「アフリカで昆虫を食べる」と聞くと言葉の響きにビビってしまいがちですが、日本にもイナゴや蜂の子など伝統的な昆虫食文化がある訳です。機会があればぜひ試してみてください。


最後までお読みいただきありがとうございます

ブログランキングに参加しています。下のバナーかテキストをクリックしていただくと、ランキング順位が上がります。記事が役に立った、面白かったらクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

南アフリカ ブログランキング


記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2015年10月17日
« 前の記事「「太ったシマウマ」で食べる絶品ランチ」へ
»次の記事「移動遊園地がやってきた!」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    とことこ歩く赤ちゃんをチョベ国立公園で見たゾウ
    テーブル・マウンテンの頂上へ 眼下に広がるケープタウン 遠くにはロベン島も
    圧倒的に美味しいパンに惚れた! シェフはオーストリア出身 港町のベーカリー Ile de pain
    【世界遺産】ザンベジ川で国境越え ザンビア、ジンバブエ、ボツワナ、ナミビアの交差点を通過/ヴィクトリアの滝(ザンビア側)
    【世界遺産】15分175米ドル ヘリコプター遊覧にその価値はあるのか/ヴィクトリアの滝(ザンビア側)
    【世界遺産】ゴゴゴゴゴゴゴゴ...... ずぶ濡れ対策、絶景、虹/ヴィクトリアの滝(ザンビア側)

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集