海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカ...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 竹内 千尋

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年9月28日

Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカのタクシードライバーによる蛮行/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年9月版)


メール プリント もっと見る

Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカのタクシードライバーによる蛮行/旅行者のための南アフリ...

1709_Uber01.jpg


Uberの本格参入によって南アの生活は劇的に変わりました。でも、少なくともしばらくの間は、UberやTaxifyとのお付き合いを考えた方がいいかもしれません。旧来のメータータクシーによる暴力が激化しているのです。


UberやTaxify以前の飲み会事情

実は南アでは、飲酒運転が完全に違法という訳ではないんです(詳細はこちら )。とはいえ、飲酒運転はいろいろな意味であまりオススメできません。ですのでUber登場以前の南アで飲み会に行く場合、リスクを取って飲酒運転をする以外には、


1) 下戸の友達や家族を誘う

2) 運転代行サービスを利用

3) メータータクシーを手配


というのが主な選択肢でした。


ただし、毎回下戸の友達や家族が捕まる訳ではなし、運転代行サービスは月会費制がほとんどで割高、メータータクシーは車が古い割に高い、とそれぞれに欠点があってどれも使い勝手がいいとは言えませんでした。


Uberに次ぐTaxifyの参入 メータータクシーの蛮行

1709_Uber02.jpg


このような環境に南アで初めての配車サービスとしてUberが参入したのは2013年のこと。中間層以上にはスマホがすっかり浸透したこの国で、アプリで簡単に配車が行えて、しかも料金が割安な配車サービスが浸透するのは当然のことでした。2016年のTaxify参入を受けて競争も生まれて、配車サービスはますます使いやすいものに......なるはずでした。


ところが、これに怒ったのがメータータクシーのドライバーたち。


「客を取られた」

「UberやTaxifyは無許可で運行している」


との不満がついに、


「当局が動かないなら、自分たちで裁きを下そう」


と、あろうことか街中でUberやTaxifyの車を攻撃し始めたのです。それも、石を投げるなど生易しいものではなく、火炎瓶を使うなどの過激な手段で。


今年だけで300件以上の事件が発生 逮捕者も

2017年1月から現在までに発生した暴力の件数は、なんと300件以上。うち204件がPretoria(Tshwane)で、86件がJohannesburg、その他の地域で4件が発生しており、28人の逮捕者が発生しています。


Pretoria CBD、Sandton、Johannesburg CBD、O.R Tambo International Airportが襲撃のホットスポットとされています。


メータータクシーには強い非難の声が向けられていますが、当のメータータクシー側は、


「当局が動かない以上、自分のシマは自分で守る。どんな手段をつかっても」


と私刑の正当性を強弁するばかり。今月上旬には、Sandtonで2台が炎に包まれました。


政府は配車サービスのドライバーによるタクシー免許取得などを進めています。でも、メータータクシーが問題にしているのは免許の有無ではなく、「自分たちの商売がどうなるか」なのですから、これで問題解決といかないのは明らかなところ。


Pretoria CBD、Sandton、Johannesburg CBD、O.R Tambo International Airportでの利用はしばらく避けるのが賢明かもしれません。


Photo Credit: FotoDB.deLakeAtitlanTours Flickr via Compfight cc


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

南アフリカ ブログランキング


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 治安・渡航安全情報 生活・習慣・マナー 通信・携帯・インターネット
2017年9月28日
« 前の記事「uShaka Marine Worldでドルフィンショー!」へ
»次の記事「ヨハネスブルグで日本人の犯罪被害が急増/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年10月版)」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    3000メートル級の山が目の前に! Golden Gate Highlands国立公園
    ヨハネスブルグで日本人の犯罪被害が急増/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年10月版)
    Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカのタクシードライバーによる蛮行/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年9月版)
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      竹内 千尋
      南アとの関わりは学生時代の東ケープ州での調査から。年に数回行き来する生活を経て、ついに南アに根を張ることになりました。ワインとクラフトビールのレベル向上にビックリ。長期休暇には家族とキャンプ、トレッキング。マラソンにも挑戦中。Fujifilm XE-1を愛用。横浜出身。1983年生まれ。 DISQUS ID @chihirotakeuchi

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集