海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 南アフリカで前代未聞のベストセラー本が誕生 &qu...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 竹内 千尋

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月14日

南アフリカで前代未聞のベストセラー本が誕生 "The President Keepers"


メール プリント もっと見る

南アフリカで前代未聞のベストセラー本が誕生 "The President Keepers"

「5000部売れればベストセラー」といわれる南アの出版業界で、今、ちょっとした事件が発生しています。


"The President Keepers "という本が爆発的に売れているのです。


発売1週間で2万部が完売 大手書店で入荷待ちが続く

The President's Keepers: Those keeping Zuma in power and out of prison


10月末の発売以来、


●初版第1刷2万部は発売から1週間ほどで完売


●慌てて1万5000部を緊急増刷するも、既に大手書店で完売


●電子書籍の海賊版がWhatsAppやメールで広まり、著者・版元は違法コピーに手を出さないようお願いする声明を発表(違法コピーは犯罪ですが、事実として)


と異常事態が続いています。


それにしても、南ア人がここまで関心を持つ"The President Keepers "とは、いったいどんな本なのでしょうか?


一度は引退したベテランジャーナリストがズマ大統領の汚職とネットワークを告発

実はこの本は、南アの政治を取り上げた本です。


一度は引退して田舎でゲストハウスを経営する隠居生活を送っていたJacques Pauw氏が綿密な調査に基づいて、ズマ大統領による汚職とこれを可能にしている取り巻きを真正面から告発する内容になっています。


著者のPauw氏はアパルトヘイト政策の支配下にあった南アで、当時の政権国民党による反アパルトヘイト活動家たちに対する暴力をアフリカーンス語のメディアで暴露した、恐れ知らずのラディカルなジャーナリスト。


数々の疑惑を切り抜けてきたズマ大統領に対して今度こそ引導を渡す一冊になるか?と異例の関心が集まっているという訳です。


本の目次は次の通りです。


●1. The spy in the cold

●2. Projects Vodka, Pack and Psycho

●3. The shadow state

●4. Glimmers of horror

●5. Little altar boy

●6. President on a payroll

●7. I beg you, Mr President

●8. Tom's tempest

●9. The gentlemen gangster and his donkey

●10. Up in smoke

●11. Tom's tax bones

●12. The spiders in the centre of the web

●13. Somebody in a neighbourhood full of nobodies

●14. Gladiators

●15. Top Hawk down

●16. Jeremy of the Elsies and the woman of trouble

●17. Killer, KGB, and a guy in a crumpled suit

●18. The one who laughs while grinding his enemies


政府当局による出版差し止め要求でさらなる注目

ところで、ズマ大統領やANCの汚職を告発する、あるいは批判する本はこれまでにも多数出版されています。一体今回は、何が特別だったのでしょうか?


南アの報道では、ズマ大統領の意向を忖度した(あるいは命令に従った)政府関係機関State Security Agency(SSA)による脅迫とも取れる出版差し止め要請が大きな転機になった、との見解で一致しています。


アパルトヘイト下での暗い過去をふまえて、南ア国民は言論の自由に対して敏感です。言論封鎖とも取れるSSAの動きに対して、


「政府の行動は本の信憑性を裏付けたようなものだ」


「言論の自由を守ろう!」


と世論が反応して、異例の売れ行きになったという訳です。


Jacques Pauw氏の元には匿名での殺害予告も届いているようですが、当の本人にとっては初めての経験ではなく権力と対峙する姿勢が何ら変わることはなし。公の場にも積極的に姿を見せています。


先週、南ア最大の書店チェーンExclusive Booksで行われた出版記念イベントは大盛況に終わりました。



Hyde Park店での様子。



PretoriaのBrooklyn Mallでの様子。


ペーパーバックは未だ品薄状態が続いていますが、Exclusive Booksは11月15日(水)までに南ア全国の店舗合計で2万刷を入荷すると発表しています。少しは手に入りやすくなるかもしれません。


また、電子書籍版はAmazonKobo の大手オンラインプラットフォームで取り扱われていて、南ア国外からの購入も可能です。



1冊の本による影響がどこまで広がるのか、しばらく目が離せません。


photo credit: GovernmentZA President Jacob Zuma addresses 2017 National Youth Day commemoration in Ventersdorp via photopin (license)


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ


南アフリカの最新情報はこちら!



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ ショッピング・雑貨・お土産 文化・芸術・美術
2017年11月14日
« 前の記事「"ブルーライトギャング"を警戒せよ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)」へ
»次の記事「薪直火焼き丸鶏とクラフトビール」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    ジンバブエのムガベ大統領が辞任 歓喜に沸く南アフリカのジンバブエ人
    薪直火焼き丸鶏とクラフトビール
    南アフリカで前代未聞のベストセラー本が誕生 "The President Keepers"
    "ブルーライトギャング"を警戒せよ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    南ア全土でミニバスタクシーのスト プレトリアではデモ行進も 混乱に注意/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    3000メートル級の山が目の前に! Golden Gate Highlands国立公園
    ヨハネスブルグで日本人の犯罪被害が急増/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年10月版)
    Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカのタクシードライバーによる蛮行/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年9月版)
    1年前の同じ月に投稿された記事
    南アフリカの読書&書店事情
    ヨハネスブルグの市民プールに行ってみた

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      竹内 千尋
      南アとの関わりは学生時代の東ケープ州での調査から。年に数回行き来する生活を経て、ついに南アに根を張ることになりました。ワインとクラフトビールのレベル向上にビックリ。長期休暇には家族とキャンプ、トレッキング。マラソンにも挑戦中。Fujifilm XE-1を愛用。横浜出身。1983年生まれ。 DISQUS ID @chihirotakeuchi

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集