海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/釜石・岩手特派員ブログ

日本国内/釜石・岩手特派員ブログ 佐々木美鈴

日本国内・釜石・岩手特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

こんにちは。釜石・岩手特派員の佐々木美鈴です。
岩手では比較的暖かい釜石ですが、日に日に寒さが増しています。


釜石は三方を山に囲まれています。
斎太郎節ではないですが、前は海後ろは山というところでしょうか。
釜石の西側仙人峠道路を下って来て初めに目に入る建物。
DSCN0253[1].jpg


釜石の西の玄関、道の駅 釜石仙人峠です


mitinoeki.jpg


道の駅 釜石仙人峠は岩手県31番目の道の駅として2015年4月21日にオープンしました。
遠野市や大船渡市、住田町、山田町には道の駅があるのになんで釜石にはないんだと思っていたのでとても嬉しかったです。
愛称はアユ躍る清流と甲子柿の里です。
そう、あの甲子柿です。


kaki24_sub1.jpg


甲子柿は道の駅周辺で多く生産され、道の駅店内では市内のどこの店より甲子柿の取扱いが多いです。
もちろん、試食もできます。
ジェラードやジャムなどの甲子柿の加工品をお求めいただけます。


そしてもう一つの【アユ躍る清流】とは、道の駅の裏を流れる甲子川です。


sasaragi.jpg
甲子川のアユは昨年岐阜県で行われた利き鮎大会でグランプリをとりました。
まさにアユ躍る清流です。
川を眺めるベンチやテラスもあります。


terasi.jpg
terasu2.jpg


そして、道の駅といえば、やっぱりソフトクリームですね。


sofuto.jpg


釜石の道の駅のソフトは醤油味!
地元の藤勇醸造の醤油を使ったソフトクリームです。
醤油っていうとしょっぱいような気がしますが、みたらし団子みたいでと~ても美味しいんです。
もちもちのみたらし団子が口の中でふわっととける、そんな感じです。


天気の良い日は川のせせらぎを聞きながらソフトを食べるのは如何でしょうか?


もう一つ是非味わっていただきたいのは、釜石ラーメンです。
ra-menn.jpg
正直言って、あまり期待していなかったのですが、食べてビックリ!
美味しい!
スープまで全部いただいてしまいました。
昼時は旅行者の方だけでなく地元の方もいらして混んでいます。
同席したご夫婦は市内の方で時々食べにいらっしゃるそうです。


釜石に着いてすぐ、釜石ラーメンが食べられる。
最高です。


ラーメンとソフトを食べたら腹ごなしに店内をご覧くださいませ。
釜石の特産品が勢ぞろいしています。
一般のお店には並んでいないような商品もここにくればあります。
釜石の味覚が凝縮されているそんな場所です。


気軽に寄って、食べて、見て下さいね。


道の駅 釜石仙人峠
釜岩手県釜石市甲子町7-155-4
営業時間 9:00~18:00
電話・FAX 0193-27-8530


2017年12月 1日

こんにちは。随分とご無沙汰してしましました。
釜石・岩手特派員の佐々木美鈴です。
11月も下旬になりましたね。先日、釜石にも初雪が降りました。
11月は秋だと思っていましたが、冬が始まりますね。
釜石へお越しの際は冬タイヤの装着をお勧めいたします。

デリケートな箱入り娘。
それは、甲子柿(かっしがき)です。
kaki.jpg
■甲子柿とは
 釜石市の西部、甲子(かっし)地区で作られる特産の柿です。
 朱色のまん丸の姿はトマトと間違えてしまいます。
 
とっても柔らかくつぶれやすくてデリケート!
スーパーで買って家へ持って帰る時、気を付けていたけれどやっぱり割れていました。
ショック!
kaki3.jpg
地方発送する時は1個づつ包んで箱に入れて送ります。
kaki24_sub1.jpg
ね、デリケートな箱入り娘でしょう。
割れたからといって味に変わりがあるわけではないですけど、やっぱりつぶれない方が・・・

味はといいますと、と~ても甘くてジューシー。
そして、ぜりーのようなとろっとした独特の食感です。
kaki2.jpg
作り方も独特で、渋柿を石造りの室に入れて、一週間ほど薪の煙で燻して渋を抜きます。
全国でも甲子地区だけの伝統秘法。
燻す時間、使用する木の違いなど作る農家の方によって味が変わって様々な味わいが楽しめます。

釜石まつりの頃に店頭に並びはじめ約一ヶ月ほど販売されます。
釜石の秋は甲子柿に始まり甲子柿に終わるといっても過言ではないでしょう。
秋だけしか味わえない味覚。
それが甲子柿。

秋だけではもっていないと、最近ではジェラードやレアチーズケーキ、ジャム、ドレッシングなどの加工品が
次々と作られています。
中でも、急速冷凍技術によって「瞬間凍結甲子柿」が作られるようになり秋でなくても甲子柿が食べられるようになりました!
解凍すれば本来の甘くぷるんとした食感を味わえ、凍ったままでシャーベットのようにしても召し上がれます。
今年は、お正月の限定販売となるそうです。
お正月が楽しめです。

甲子柿についてのお問い合わせ先
■釜石甲子地区活性化協議会  TEL 0193-27-3365
■道の駅 釜石仙人峠     TEL 0193-27-8530

2017年11月22日

こんにちは。釜石・岩手特派員の佐々木美鈴です。
今日は、釜石の紅葉の名所をご紹介いたします。
標高887メートル、釜石と遠野の境にある仙人峠です。
その昔、仙人が住んでいたので仙人峠と呼ばれるようになったと言われています(諸説あり)
2007年(平成19年)新仙人峠道路が開通してからは交通量が減りましたが、紅葉を見に訪れる方は沢山いらっしゃいます。

急勾配、急カーブの坂道を登っていくとまず目につくのは釜石鉱山跡です。

kouzann.jpg

まるでファンタジーの世界に迷い込んだようでしょう。

さらに進むと朱塗りの橋が見えてきます。

gouro.jpg

どうしても撮りたくなる赤い橋です。

kouyou1.jpg

さらに登って仙人トンネル付近から見下ろすと・・・

kouyou3.jpg
まるで油絵のようだなと思いました。
あの橋の下の道路を通り、橋を渡ってきたんだなぁと思うと感無量です。

この素晴らしい紅葉の中10月末の日曜日には仙人峠マラソンが行われます。
標高差約400メートル、平均斜度4.5%、は全国的にも珍しい難コースだそうで、箱根駅伝の峠コースにも匹敵するそうです。
今年も636人の方が参加されたそうです。

見てよし、撮ってよし、走ってよしの仙人峠の紅葉。
皆様も山の奥深さを味わってみてはいかがでしょうか。


2017年11月 3日
2017年10月26日
2017年10月 9日
2017年10月 5日
⇒すべての記事を見る

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岩手県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都佐賀八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2東京3松前栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 釜石・岩手特派員

    釜石・岩手特派員
    佐々木美鈴
    夫の脱サラに伴い浜の姐さんなって15年。地方の口コミサイトの記者、新聞のタウンリポーターを経て釜石市を中心に三陸沿岸、岩手の情報を発信しています。豊かな自然あふれる釜石・岩手の魅力をお伝えしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_mn6bIasbTR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集