海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > カンボジア/カンポット特派員ブログ

カンボジア/カンポット特派員ブログ 大坂 知貴

カンボジア・カンポット特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


今回はボーコー山の巨大なモニュメント、Lok Yeay Mao Statue(ロク・ジェイ・マオ・スタチュー)を紹介します。
Mao?overlook.JPG

ロク・ジェイとは、老年の女性に対する敬称。「マオ様の像」といえばいいのでしょうか。
これは、ボーコー山を登っていると一番最初に見えてくる、ボーコーのシンボルとも言える存在です。
Mao_overlok2.JPG
その高さ、なんと29m!カンボジア国内のモニュメントとしては最大のものとなっています。



でも、マオ様ってそもそも誰?


実はカンボジア湾岸地域の守り神。
カンボジア軍の司令官として、敵対勢力であるシャム族(タイ)と勇敢に戦った・・・という逸話が残っています。
なんでも、魔法の力を使って植物を操り、シャム軍を見事に撃退した・・とか。
ほとんどおとぎ話に近い話ですが、カンボジアの人にとっては重要な守り神のようです。

モニュメントの周りには、湾岸地域を一望できる岩場や・・
Mao?Stone.JPG
カンボジアの民族音楽を演奏する一団が居たり・・・
Mao_Playing.JPG
ピクニックに来ている人たちもいて、賑やかな雰囲気が漂って居ます。

IMG_3101 2.JPG
場所はこんな感じ。中腹から山頂にかけた道に位置しています。

とにかく目立つモニュメントですが、夜は特にライトアップなどされていないので、行くなら朝から昼がおすすめですよ!



2018年12月 8日

気分の悪い日が続きます。背中に疲労感。ずーっとだるい感じ。

ググって調べてみると、考えられる可能性は・・・

・スマホのやりすぎ
・仕事上のストレス
・ホルモンバランスの崩れ
・更年期障害

前半2つは確かに当てはまるが、後半2つなんでやねん!(笑)


ストレスにせよ肥満にせよ、こういう時の対策は「身体を動かす」こと。
今回はそんな時に役立つ、カンポットのスポーツ施設を紹介します。


Blue Star Sport Clubブルースター・スポーツクラブ
machines.JPG


場所は、街の中心部から約1km。橋を渡った向こう側です。
目立たないところにあるので、意外と見逃してしまうかも。近くのゲストハウス「Ruby Resort」を目印にすると良いです。
Gym_road.JPG


まずはフロントで受付をします。何ともやる気のなさそうな受付の人(笑)。
Gym_Front.JPG


利用料金は1回2,000リエル(約50円)。かなり格安です。
スポーツドリンクや水も販売してます。キンキンに冷えてやがる・・・!!


中の設備は、ベンチプレスや各種ダンベルなど、フリーウェイト系が充実。
benchpressoverlook.JPG


その他、数は多くないものの、エアロバイクや腹筋用の椅子も揃っています。奥の方には卓球台も。
(卓球台利用は追加料金要)
machines.JPG


僕は、肩を壊さない程度にベンチプレスやスクワット、腹筋などを鍛えることが多いです。
benchpress.JPG


インストラクターがいないので、トレーニングする上で毛ガニ・・・いや怪我には十分要注意。
特にベンチプレスは、一人でやる時は無理をしないようにしましょう。
僕は筋トレに関して素人なので、時々友人にフォームを見てもらってます。
danbel.JPG

ジム内にはこんな看板も。お前のようなカンボジア人がいるか!(炭水化物多めなのでお腹がぽっこり出ている人が多い)
morimori.JPG
友人曰く、「アメリカのボディビル大会の写真」とのこと。


用具にだいぶ年季が入っているので扱いには注意が必要ですが、これだけの設備を50円で使えるのはすごい。
gym_takkyuu.JPG
少しだけ身体を動かしたい、リフレッシュしたいという人にオススメの施設です。


2018年12月 5日

kampot8.jpg
カンポットで最も人気の観光地の一つ、ボーコーマウンテン。
100年前から外国人の避暑地として親しまれた山上リゾートです。
山頂から眺めるタイランド湾の絶景は必見!カンポットに来たらマストなスポットの一つです。


高さ1075mを誇るこの山からは、タイランド湾が一望できる絶景を満喫でき・・・
kampot9.jpg

さらにお寺や豪華ホテル・・・
watsampov1.jpg
kampot15.jpg
滝のある公園に、動物とのふれあいスペース!
IMG_2903.JPG
カンポットの自然の魅力をこれでもかと詰め込んだリゾートなのです!
lokyeaymao.jpg

リゾートの歴史はとても古く、はじまりは100年前・・・フランス植民地時代に遡ります。
ホテル、別荘、郵便局、発電所、教会、農場、病院などありとあらゆる施設を山上に建設し、
富裕層向けのリゾートとする計画が持ち上がりました。

「たまにはカンボジアの暑さから逃れてゆっくり過ごしたい!」
そんなニーズを見越した計画だったようです。


1925年、当時としては最高級の設備を備えた「ボーコー・パレス」が完成。
lebokorold.JPG

その後、1950年代から60年代(シハヌーク王統治時代)、カンボジア人富裕層の間でも話題となります。
ボーコーパレス内にカジノが整備されたり、その他たくさんの建物が建てられたりと、リゾートの全盛期になりました。

しかし、1970年代、内戦でリゾートは放棄され、その後約20年間クメール・ルージュの一拠点とされていました。
1990年代になってようやく最後のクメール・ルージュが倒され、リゾートの再整備が開始され、現在の姿に。
今でも内戦の爪痕や100年前の建築物などが残っていて、歴史的にもとても意義のあるリゾートです。

・・・おっと、解説が長くなりすぎましたね。


ボーコーマウンテンの中には、100年に及ぶカンポットの歴史を知る上で重要なモノがたくさんあるんです!
もちろん事前知識ナシでも楽しめますが、その裏にある「物語」を知っておくとさらに楽しめると思いますよ!


今後、数回に分けてその「物語」・・「ボーコーを100倍楽しむ方法」を伝えていきたいと思います!


お楽しみに!


2018年11月27日
2018年11月25日
2018年11月19日
2018年11月16日
2018年11月15日
⇒すべての記事を見る

カンボジア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • カンポット特派員

    カンポット特派員
    大坂 知貴
    カンポット州観光局マーケティング担当。2018年1月よりカンボジア・カンポット州の観光振興施策に携わる。現在の業務内容は、州公式ウェブサイトにおける観光情報の記事執筆、学生向けの講演や日本人向けツアーの企画など。三度の飯より映画が好き。好きな映画は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と「ロッキー」。いつかカンポットを舞台にした映画が出来て、世界中でヒットしたりしてくれたりしないかなあ、と願っている。 DISQUS ID @disqus_MHHj1uKVTZ

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集