海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > カンボジア/カンポット特派員ブログ

カンボジア/カンポット特派員ブログ 大坂 知貴

カンボジア・カンポット特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


遺産建築ホテル「Le Bokor Palace」特集、後編始めます!
前編含めたボーコーの過去の記事は以下からどうぞ!


街一番の観光スポット、ボーコーマウンテン
ボーコーマウンテンの守り神!?
ボーコーマウンテンのパワースポット「ワット・サンボー・プラム」
神秘的な廃教会 inボーコーマウンテン
ブラック・パレス-シハヌーク王別荘跡へ
遺産建築に泊まろう!その1

早朝、日の出前のホテルの様子です。うっすらと空の色が変わり始め、だんだん東から日が顔を出して来ます。
DSC_4965のコピー.jpgDSC_4975のコピー.jpg

カンポットには基本高層建築物が無いため、日の出の様子は割とどこからでも見られます。
それでも、山の上から見る朝日は素晴らしいものがあります。登山の経験者ならわかるはず!
DSC_4989のコピー.jpgDSC_4991のコピー.jpg
日が昇ると、周囲の雲の輪郭がハッキリと見えて来て、雲海が姿を表します。
DSC_5003のコピー.jpgDSC_5015のコピー.jpg
この山の周辺は湿度が高く、夜と朝の気温差が激しいため、雲が出来やすくなっているんです。
DSC_5091のコピー.jpg
この雲海、早朝〜午前中にかけて多く出現します。早朝の雲海をバッチリ見られるのは、ボーコー山上のホテルに宿泊した人の特権!
日帰りバスツアーなどを利用した場合、山頂付近に来るのはお昼頃になってしまうため、綺麗な雲海はなかなか見られないのです!


この付近は風が強いため、雲の流れも早め。時にはこんな感じでホテル全体が雲に包まれることも。
雲海が自分の身体を通り過ぎていく様子はちょっとしたスペクタクルですよ。
DSC_5061のコピー.jpgDSC_5059のコピー.jpg
さて、ご来光と雲海を見届けたら、次は朝食をいただきます。朝食はバイキング形式ではなく、次々に料理が運ばれて来るコース形式。
DSC_5065のコピー.jpgDSC_5067のコピー.jpgDSC_5053のコピー.jpgDSC_5056のコピー.jpg
うーん、美味しい!ここで使われている野菜の一部は、ボーコー山の農場でオーガニック栽培されたものだとか。


朝食でお腹を満たしたら、次はホテル内を探索だ!他のお部屋を見せてもらいました。
DSC_5042のコピー.jpg
↑ホテル内通路は、どこからでも日光が差し込む作りになっています。
DSC_5041のコピー.jpg
↑謎の天井の低いスペース。かつては小規模なカジノとして使用されたこともあった部分だとか。
DSC_5117のコピー.jpg
↑館内には、ホテルの歴史を物語る資料が多数展示されています。
DSC_5085のコピー.jpg
DSC_5089のコピー.jpgDSC_5083のコピー.jpg
客室は、基本的にベッドルーム/休憩用ミニスペース/洗面所・トイレ/お風呂(バスタブ)で構成されており、
大まかな作りはどこも変わりませんが、部屋ごとに広さは異なっており、またいくつかの部屋にはソファが設置されています。
DSC_5081のコピー.jpg

DSC_5119のコピー.jpg
ここ↑はまだリノベーションの最中。ホテルでも一番広い、最高級スイートになる予定とのこと。

さて、次は展望テラスへ!テラスは2階と3階にそれぞれあります。
DSC_5093のコピー.jpg
3階のテラスは、この建物で最も古い部分。状態がよかったため、ここだけ殆どリノベーションが加えられていないとか。

テラスからみた景色はこんな感じ。
DSC_5094のコピー.jpg
いやー、素晴らしい。奥に見える海はタイランド湾、天気がよければ海の向こうにはベトナム領・フーコック島も見えるんです。
空と海、そして森、雲海。これを一度にみられるスポットはカンボジアでもそうそうありませんよ。
DSC_5096のコピー.jpg
DSC_5113のコピー.jpg
↑反対側の景色はこんな感じ。山全体がリゾートとしては未だ発展途上なことがよくわかります。だがそれがいい。
IMG_2393のコピー.jpg
部屋の見学も終わり、少し疲れてきたな・・・というところで、ホテルご自慢のジャグジーに再度入れてもらうことに。
IMG_2488.JPG
カンポットで露天風呂。湯加減もちょうどよく、とても気持ち良かったです。
・・ただしこのお風呂、外から割と丸見えなので、水着着用での入浴がおすすめです(笑)。
IMG_2407のコピー.jpg
↑こんなトラムを使って、山の中を観光することもできます。
IMG_2395のコピー.jpg
なかなか快適なステイを楽しめました。一泊180ドル前後とカンボジアの中ではかなり高めの相場ですが、その価値は十分にあるはず!
たまには、自分へのご褒美(笑)として、こんなホテルを使ってもいいかも?そう思えるホテルでした!
DSC_5012のコピー.jpg
では、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!
では、また次の特集にて!

取材協力:ソカホテルグループ


2019年1月29日

久しぶりの更新です。前回に引き続き、今回もボーコーマウンテンの紹介をします!
過去の記事は以下からご覧くださいね。

街一番の観光スポット、ボーコーマウンテン
ボーコーマウンテンの守り神!?
ボーコーマウンテンのパワースポット「ワット・サンボー・プラム」
神秘的な廃教会 inボーコーマウンテン
ブラック・パレス-シハヌーク王別荘跡へ


今回ご紹介するのは、100年の歴史を持つコロニアル建築、ル・ボーコー・パレス。
DSC_4953のコピー.jpg
ここは、カンポット最古にして最高級のホテルなんです。

最初の建設は1925年。フランス人向けの高級ホテルとして建てられたのが始まりです。

しかし、70年代、内戦に突入し、ホテルは閉鎖。その後は廃墟としてひっそりとカンポットの地を見守ってきました。

しかし!2018年、50年近く放置されてきたこのホテルが、長き沈黙を破り、ついに復活したのです。
IMG_8102のコピー.JPG
改装され、100年前の姿に戻りました。名称も建設当時の「Le Bokor Palace」に。
内装・外装、調度品に至るまで、建設当時の様子をそのまま再現したとのこと。


今回は、実際にここに一泊滞在してきたので、そのレポートをお届けします。


まずは到着後、ウェルカムドリンクをいただきました。柑橘系のさっぱりしたドリンクで、疲れた体によく効きます!
IMG_2253.jpg
ドリンクメニューも充実。ビールはもちろん、たくさんの種類のワインやウイスキーを取り揃えているそうです。
お値段はカンボジアにしては高め。ビール$3、ウイスキー$5、ワイン$8(グラス)からです。


さて、客室へ行って見ましょう。
DSC_4874.jpg
ルーム設備はテレビ、冷蔵庫、クローゼットに休憩スペース。どの部屋も細かい違いはありますが、基本的な設備は同じようです。
DSC_4879.jpg
このホテルでは、近代設備以外は、殆ど100年前、建設当時の設計や設備をそのまま再現しているようです。ベッドの高さも100年前のトレンドなのかちょっとだけ高め。
DSC_4886 (1).jpg
IMG_2295.jpgIMG_2260.jpgIMG_2256.JPG
どの設備も非常に洗練されており豪華ですが、派手すぎる感じはなく、非常に瀟洒な印象。
Lebokor6.jpg
浴室・トイレ・洗面所も豪華。バスタブは私たちに本人にとっては嬉しいところ。


でも、このホテルには屋外にもっと立派なお風呂があるのです。ジェットバス完備のホットタブ!
IMG_2488.JPG
優雅にホットタブを楽しみながらアンコールビールをプシュッと開けてちょっと優雅なひとときも過ごせます。
DSC_4917 (1)のコピー.jpg
100年前の建物の中で、ゆっくりくつろいで過ごす夜。静かな空間の中で、ひっそりと夜が更けていきます。

・・・と、今回はここまで!

後編に続きます。


2019年1月29日

今日もボーコーマウンテン特集です!
過去の記事は以下よりご覧ください。


街一番の観光スポット、ボーコーマウンテン
ボーコーマウンテンの守り神!?
ボーコーマウンテンのパワースポット「ワット・サンボー・プラム
神秘的な廃教会 inボーコーマウンテン


今回ご紹介するのは、かの有名なシハヌーク王の別荘だった建物です!
DSC_5542.jpg
場所は、先日紹介したロク・ジェイ・マオ像のお向かいさん。
DSC_5536.jpg
DSC_5537.jpg
この半壊した建物が、先代カンボジア国王、ノロドム・シハヌーク王(1941年国王即位)の別荘跡、別名「ブラック・パレス」。
ブラックウッド(アカシア)で色付けされたレンガ作りの遺産建築です。
DSC_5535.jpg
DSC_5545.jpg
この建物の建設は1936年、フランスの植民地時代。
既にフランス人向けのリゾートとして人気を博していたボーコーマウンテン上に、シハヌーク王の避暑用に建てられた別荘がこの建物です。
DSC_5551.jpgDSC_5546.jpg
居住用、キッチン、会議用などの建物がいくつか点在した作りになっており、建物一つ一つは比較的小さめ。
こちらは居住用の建物となっています。
DSC_5553.jpg
内戦後、長らく放置されたままになっていたため、別荘はほとんど原型をとどめないほど破壊されています。
落書きや捨てられたゴミがなんとも痛ましい。※落書きは後日カンポット観光局内で処遇を検討する予定です。
DSC_5564.jpg
ススキに囲まれた道をゆっくり進んでいくと、キッチンや会議室と思われる建物が姿を表します。
DSC_5573.jpg
これまた落書きが。アーティスティックではあるけど、何もここに描かなくても・・・うーん。
DSC_5574.jpg
キッチンの建物は比較的原型が残っており、中の広間跡などを覗くことができます。
DSC_5577.jpg
DSC_5575.jpg
キッチン跡も落書きがひどい・・・なんとかならないものか。
DSC_5581のコピー.jpg
建物を出ると、海側の風景が見渡せるスポットにたどり着きます。海の向こうに見えるのは、ベトナム領フーコック島。
いつか行ってみたいものです・・・・


DSC_5594.jpg
キッチンの建物を出ると、うっそうと茂ったジャングル?のような風景の中に隠れた廃墟が見えてきます。
DSC_5606.jpg
この廃墟は、外側の階段と外壁部分だけが残っており、中は風化して原型をとどめていませんでした。
DSC_5607.jpg
外壁には蔦などが絡み、遺跡のような様相を呈しています。


このブラック・パレスが放棄されてから約50年。かつての国王邸宅も、今やかつての輝きを完全に失っており、
落書きとゴミだらけの廃墟と成り果てていました。
それでも、この廃墟は、かつての内戦ーカンボジアの悲劇も見守ってきた貴重な建物です。
近年、ボーコーの古い建物は続々建替えが進められていますが、この廃墟は再開発して欲しくないな、と感じました。
・・・・あ、でも掃除は必要かも。
DSC_5558.jpg


2019年1月 4日
2019年1月 2日
2018年12月31日
2018年12月30日
2018年12月28日
⇒すべての記事を見る

カンボジア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • カンポット特派員

    カンポット特派員
    大坂 知貴
    カンポット州観光局マーケティング担当。2018年1月よりカンボジア・カンポット州の観光振興施策に携わる。現在の業務内容は、州公式ウェブサイトにおける観光情報の記事執筆、学生向けの講演や日本人向けツアーの企画など。三度の飯より映画が好き。好きな映画は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と「ロッキー」。いつかカンポットを舞台にした映画が出来て、世界中でヒットしたりしてくれたりしないかなあ、と願っている。 DISQUS ID @disqus_MHHj1uKVTZ

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集