海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 金沢特派員ブログ > 文豪や作家が愛した浅野川界隈

日本国内/金沢特派員ブログ ayucame

日本国内・金沢特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年8月 9日

文豪や作家が愛した浅野川界隈


メール プリント もっと見る

文豪や作家が愛した浅野川界隈

金沢の中心部を犀川と浅野川の二つの川が流れています。男川と呼ばれる犀川に対して穏やかな流れの浅野川は女川と呼ばれています。

7-1.jpg

浅野川の界隈には金沢らしい情緒が最も色濃く残っています。その風景は金沢に縁のある文豪や作家の方々にも愛され、数々の作品の世界観を育んだと言っても過言ではないでしょう。

7-2.jpg

7-3.jpg

泉鏡花は浅野川近くに生家があり、徳田秋声はひがし茶屋街近くに暮らした時期があるそうです。
その名前から犀川の方に縁が深いと思われる室生犀星も浅野川界隈の街を愛していたと云う文章が残っているそう。
金沢に縁が深い五木寛之さんもこの辺りを舞台とした作品があり、唯川恵さんは常盤橋近くに御実家があるそうです。
7-4.jpg

以前は、金沢が舞台となるドラマや映画では兼六園・長町武家屋敷などがロケ地になっていましたが、最近はひがし茶屋街や主計町などこの辺りがロケ地になる事が多いようです。
国内No.1の自動車メーカーの新型ハイブリッド車のCMもやはりこの辺りで撮影されました。

CM撮影風景


7-5.jpg

界隈の見どころを簡単にご紹介します。

7-6.jpg

ひがし茶屋街。昼間は多くの方が訪れます。

7-7.jpg

7-8.jpg

7-9.jpg

観音坂。


7-10.jpg

梅の橋。


7-11.jpg

梅の橋近くにある徳田秋声記念館


7-12.jpg

主計町茶屋街。


7-13.jpg

主計町と対岸を繋ぐ中の橋。


7-14.jpg

暗がり坂。


7-15.jpg

泉鏡花の生家跡を利用した泉鏡花記念館。


7-16.jpg

川沿いに建つ泉鏡花の小説「義血侠血」の悲劇のヒロイン滝の白糸こと水島友の像。


7-17.jpg

路地の先は五木寛之さんが銘々した「あかり坂」です。


7-18.jpg

主計町の路地から浅野川を望む。


7-19.jpg

「加賀友禅灯籠流し」。百万石行列の前の晩に行われます。


7-20.jpg

和風バーが何件もあります。大人な金沢を味わいたい方はどうぞ。


各スポットは順次詳しくご紹介したいと思います。


にほんブログ村  

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年8月 9日
« 前の記事「野生のイルカが見られるかも・・・のと鉄道観光列車「のと里山里海号」」へ
»次の記事「昼の街と夜の街を繋ぐ坂道」 へ
おすすめ記事
    金沢特派員 新着記事
    山里のお寺と版画ギャラリー「礫堂」
    鞍月用水に沿って続くお散歩道「せせらぎ通り」
    宝石にいちばん近い果実を使った期間限定の特製パフェ
    しっとりとした大人の金沢を味わう 和風バー「一葉」(ひとは)
    昼の街と夜の街を繋ぐ坂道
    文豪や作家が愛した浅野川界隈
    野生のイルカが見られるかも・・・のと鉄道観光列車「のと里山里海号」
    豪華絢爛 観光列車「花嫁のれん号」

    北陸旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■石川県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 金沢特派員

      金沢特派員
      ayucame
      金沢市近郊の寺院で女性住職をしています。 女性住職と聞くと珍しく思われるかもしれませんが、私の周囲には意外に多いのです。 最近カメラを始めました。時間が出来れば1眼レフを抱えて金沢市内を撮り歩いています。 主な被写体は街並みと坂道。それと美味しいお料理です。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集