海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 金沢特派員ブログ > 昼の街と夜の街を繋ぐ坂道

日本国内/金沢特派員ブログ ayucame

日本国内・金沢特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年8月12日

昼の街と夜の街を繋ぐ坂道


メール プリント もっと見る

昼の街と夜の街を繋ぐ坂道

8-1.jpg

主計町茶屋街の路地と坂上の尾張町を繋ぐ「暗がり坂」は短く普通の何て事無い階段ですが、妙に風情を醸し出しています。
今はそうでもないないですが、かつては鬱蒼と樹木が茂り辺りは昼間でも薄暗く、坂は短い割には2度曲がっているので前を歩く人の姿も見えなかったとか・・


8-2.jpg

金沢の現代の中心的繁華街は片町・香林坊界隈ですが、藩政期から昭和初期までは主計町・ひがし茶屋街や浅野川から近い橋場町・尾張町辺りだったそうです。
尾張町には老舗の商店が軒を連ねていました。その商店の旦那衆が夜な夜な茶屋遊びに向かうのに通ったのが暗がり坂だそう。人目を忍んでの夜遊びには薄暗く人目につかない方が好都合だったのでしょう。

8-3.jpg

8-4.jpg

8-5.jpg

8-6.jpg

坂の上の商店街は現実の昼の街、坂の下の茶屋街は非現実的な艶めかしい夜の街。その二つの街・昼と夜・現実と非現実を繋いだのが「暗がり坂」です。


8-7.jpg

8-8.jpg

階段を降りたところにある町家は版画家の故クリフトンカーフ氏が晩年アトリエ兼住居としていた建物で、現在はギャラリー「かーふコレクション」として作品の展示や販売が行われています。

ギャラリーの前に1本の桜の木があって、桜が散り始めると辺りは桜色の絨毯を敷いたようになります。

8-9.jpg

8-10.jpg

8-11.jpg

8-12.jpg

8-13.jpg

8-14.jpg

小説家の泉鏡花はこの付近の生まれで、この坂と街は鏡花の作品の世界観の源になっているのだと思います。
坂の上には生家跡を利用した「泉鏡花記念館」があります。
この施設は先にご紹介した「金沢文化施設共通観覧券」でも入場できます。
街中の小さな美術館
金沢文化振興財団HP


8-15.jpg



にほんブログ村  

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年8月12日
« 前の記事「文豪や作家が愛した浅野川界隈」へ
»次の記事「しっとりとした大人の金沢を味わう 和風バー「一葉」(ひとは)」 へ
おすすめ記事
    金沢特派員 新着記事
    山里のお寺と版画ギャラリー「礫堂」
    鞍月用水に沿って続くお散歩道「せせらぎ通り」
    宝石にいちばん近い果実を使った期間限定の特製パフェ
    しっとりとした大人の金沢を味わう 和風バー「一葉」(ひとは)
    昼の街と夜の街を繋ぐ坂道
    文豪や作家が愛した浅野川界隈
    野生のイルカが見られるかも・・・のと鉄道観光列車「のと里山里海号」
    豪華絢爛 観光列車「花嫁のれん号」

    北陸旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■石川県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都仙台和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 金沢特派員

      金沢特派員
      ayucame
      金沢市近郊の寺院で女性住職をしています。 女性住職と聞くと珍しく思われるかもしれませんが、私の周囲には意外に多いのです。 最近カメラを始めました。時間が出来れば1眼レフを抱えて金沢市内を撮り歩いています。 主な被写体は街並みと坂道。それと美味しいお料理です。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集