海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 軽井沢・長野特派員ブログ > 東信濃の古刹、名刹 御代田町の「真楽寺」

日本国内/軽井沢・長野特派員ブログ M下

日本国内・軽井沢・長野特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年4月28日

東信濃の古刹、名刹 御代田町の「真楽寺」


東信濃の古刹、名刹 御代田町の「真楽寺」

軽井沢の隣、御代田町にある


真楽寺 に行ってきました


浅間噴火の鎮静の為、聖徳太子の父・用明天皇の勅願により
587年に建立された歴史ある古刹です
(場所は2度移動し、1145年に現在の地に移ったそうです)
聖徳太子、源頼朝、松尾芭蕉なども参詣したらしいですよ


1.jpg
神秘的な雰囲気があります


2.jpg
御代田町有形文化財の観音堂
寺の記録では1665年建立ですが
1707年三重の塔火災の際に焼けその後再建されたものと言われています


3.jpg
神代杉
周囲約10m樹齢千余年


4.jpg
三重塔 
1751年建立 総高20.776m


5.jpg
甲賀三郎伝説のある大沼
その伝説とは、いろいろあって地下に閉じ込められた甲賀三郎が
龍の姿になってこの大沼から地上に現れ、その後、諏訪大明神になったそうです(端折りすぎ?)


6.jpg
あ、甲賀三郎!


御代田町ではこの伝説を元に毎年7月の最終土曜日に全長45mの龍が舞う
「龍神祭り」が開催されます
是非、行ってみてくださいね

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 自然・風景
2019年4月28日
« 前の記事「浅間しゃくなげ公園まつり、桜もゴールデンウィークには満開です」へ
»次の記事「梅雨も楽しくなる!インスタ映えスポット「軽井沢アンブレラスカイ2019」」 へ
軽井沢・長野特派員 新着記事
最低気温0.7℃の軽井沢
色づき始めました軽井沢
軽井沢を含む佐久圏域・上田圏域で感染警戒レベル「5」
軽井沢も梅雨明け
軽井沢アンブレラスカイ2021 雨の日はもちろん、晴れの日も楽しめます
梅雨前の浅間山
エムコイデ軽井沢 自由が丘の人気ケーキ店が軽井沢でオープン
新緑の軽井沢
1年前の同じ月に投稿された記事
とろっとろのラクレットチーズが食べられる新軽井沢の「リックシャンティー」
軽井沢も桜が咲き始めました

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■長野県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 軽井沢・長野特派員

    軽井沢・長野特派員
    M下
    2001年に長野県に千葉県から移住してきました。知り合いもなく、仕事も決めずにとりあえず移住。気がついたら軽井沢で不動産屋に勤めて別荘販売していました。不動産屋という仕事柄、日々、軽井沢町内をうろうろしているので、そこで見たこと、聞いたことをご紹介したいと思います。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集