海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 軽井沢・長野特派員ブログ > 浅間山小規模噴火 その後

日本国内/軽井沢・長野特派員ブログ M下

日本国内・軽井沢・長野特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年8月10日

浅間山小規模噴火 その後


浅間山小規模噴火 その後

8月7日に小規模噴火した浅間山ですが
3日経過しましたが、その後一度も噴火しておりません


今回の噴火、気象庁では「水蒸気噴火」である可能性が高いと発表しました。
水蒸気噴火とは、マグマにより地下水が水蒸気となり圧力が高まることによっておこる噴火で
今回の噴火では新たなマグマの上昇なども見られないようです
また、産業技術総合研究所等により、火山灰の分析の結果
新しいマグマ物質も見つからなかったそうです


今回の噴火で
噴火警戒レベルをレベル1(活火山であることに留意)から
レベル3(入山規制(火口より4km))に引き上げられ
現在もレベル3となっております
ちなみに北陸新幹線の軽井沢駅は火口より約12km


karuizawaasama1.jpg
今日の浅間山
雲で見えませんが・・・


karuizawakuruma4.jpg
町の中も、お盆休みらしく
たくさんの車で賑わい


karuizawahottiichiba3.jpg
農産物直売施設 軽井沢発地市庭 も車がいっぱいでした


今回の噴火、軽井沢では音もなく降灰もないので
ビデオなどの観測機器がない昔なら噴火したことも気づかなかったと思います
テレビを見なければ、噴火したという実感が全くありません


浅間山の麓、軽井沢からでした


浅間山噴火に関する最新情報は、気象庁のページ もご確認ください。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2019年8月10日
« 前の記事「おいしい焼肉屋さんのこだわりラーメン 「和牛焼肉 こうべ高麗」佐久市」へ
»次の記事「浅間国際フォトフェスティバル2019~長野県御代田町」 へ
軽井沢・長野特派員 新着記事
最低気温0.7℃の軽井沢
色づき始めました軽井沢
軽井沢を含む佐久圏域・上田圏域で感染警戒レベル「5」
軽井沢も梅雨明け
軽井沢アンブレラスカイ2021 雨の日はもちろん、晴れの日も楽しめます
梅雨前の浅間山
エムコイデ軽井沢 自由が丘の人気ケーキ店が軽井沢でオープン
新緑の軽井沢
1年前の同じ月に投稿された記事
夏もカーリング
浅間国際フォトフェスティバル

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■長野県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 軽井沢・長野特派員

    軽井沢・長野特派員
    M下
    2001年に長野県に千葉県から移住してきました。知り合いもなく、仕事も決めずにとりあえず移住。気がついたら軽井沢で不動産屋に勤めて別荘販売していました。不動産屋という仕事柄、日々、軽井沢町内をうろうろしているので、そこで見たこと、聞いたことをご紹介したいと思います。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集