海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 軽井沢・長野特派員ブログ > 軽井沢歴史の道「三笠通り」

日本国内/軽井沢・長野特派員ブログ M下

日本国内・軽井沢・長野特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年3月 8日

軽井沢歴史の道「三笠通り」


軽井沢歴史の道「三笠通り」

軽井沢駅北側の旧軽井沢・新軽井沢のエリアには「軽井沢歴史の道」という38本の道があります。
その中のひとつ「三笠通り」を紹介します。
実は以前軽井沢歴史の道「軽井沢本通り 」を紹介しているのですが、2017年9月以来の2回目。すっかり忘れていました(笑)


mikasa1.jpg
重要文化財級三笠ホテル、小瀬温泉、白糸の滝から鼻田峠を経て鬼押し出しに通じる重要道。三笠方面に向かって左側に草軽電鉄線路がありました


mikasa2.jpg
旧軽井沢ロータリー近辺から始まっています


mikasa3.jpg
このカラ松並木の左側に草軽電鉄線路がありました
草軽電鉄は軽井沢から草津までの区間を、大正時代から昭和30年代まで走っていました


mikasa4.jpg
新日本街路樹100景に選ばれている美しいカラ松並木
冬のいま、少し寂しいですが、春の新緑から秋の黄葉までとても美しいです
軽井沢と言えば、このカラ松並木を思い出す方もいらっしゃると思います


mikasa5.jpg
三笠通りは白糸の滝までですが、その後、北軽井沢・草津へと続きます


mikasa6.jpg
軽井沢町の指定有形文化財(建造物)として登録されている
旧スイス公使館(深山荘)


mikasa7.jpg
令和6年(予定)まで大規模保存工事中の明治後期の純西洋式の木造ホテルである国の重要文化財「旧三笠ホテル」もあります


暖かくなり、新型コロナウイルスが落ち着いたら
ぜひサイクリングを楽しんでいただきたい道です


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2021年3月 8日
« 前の記事「軽井沢 湯川の甌穴(おうけつ)」へ
»次の記事「芭蕉句碑 旧軽井沢」 へ
軽井沢・長野特派員 新着記事
最低気温0.7℃の軽井沢
色づき始めました軽井沢
軽井沢を含む佐久圏域・上田圏域で感染警戒レベル「5」
軽井沢も梅雨明け
軽井沢アンブレラスカイ2021 雨の日はもちろん、晴れの日も楽しめます
梅雨前の浅間山
エムコイデ軽井沢 自由が丘の人気ケーキ店が軽井沢でオープン
新緑の軽井沢

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■長野県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 軽井沢・長野特派員

    軽井沢・長野特派員
    M下
    2001年に長野県に千葉県から移住してきました。知り合いもなく、仕事も決めずにとりあえず移住。気がついたら軽井沢で不動産屋に勤めて別荘販売していました。不動産屋という仕事柄、日々、軽井沢町内をうろうろしているので、そこで見たこと、聞いたことをご紹介したいと思います。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集