海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

ネパール/カトマンドゥ特派員ブログ 春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


久々のバンダ情報です。


バンダ(Banda)というのは、ネパール語でストライキのこと。


以下、8月9日付大使館からのお知らせです。


===以下転載===


当館が入手した情報によれば、8月7日、マオイスト・チャンド派幹部の広報担当元女性子供社会担当大臣のカドカ・バハドゥール・ビシュカルマ(Khadga Bahadur Biswhkarma)氏が、違法献金強要の疑いで警察当局に逮捕されたことに反発し、同マオイスト・チャンド派は、以下の日程で抗議行動等を行うと発表しました。


8月10日(金) ネパール全土における集会
8月11日(土) ネパール全土における抗議行動
8月12日(日) 抗議内容の告示(政府への不満など)
8月13日(月) ネパール全土における抗議行動(たいまつを使ったもの)
8月14日(火) ネパール全土におけるバンダ(ゼネラルストライキ)


これら抗議行動等においては、一部交差点や、主要幹線道路において、車やバイクによる交通が妨害される可能性があります。過去には車が燃やされたり、投石を受けるなど、過激化した例も確認されています。


また、カトマンズ盆地内やネパール各地で、政府関係の施設や政府関係者の自宅に対し爆弾が設置され、爆発して施設が大きく破損するなど、爆弾事件も散見されています。


当日は攻撃される可能性のある建物や施設には極力近づかないようにし、不審物を発見した際には不用意に近づかないようにしてください。


集会や抗議活動中の集団にはくれぐれも近づかないよう注意をしてください。日本人を含む外国人であっても、あらぬ言いがかりをつけられ、被害が及ぶ可能性を排除できません。


上記予定は、中止・変更の可能性がありますので、テレビやインターネットで最新の情報を入手して行動するよう心がけて下さい。


===転載以上===


<補足>
10年ほど前までは、それはもう頻繁にバンダが行われ、そのたびに、交通機関は麻痺し、旅行計画が狂い、手配する側も疲労困憊した、という過去がありますが、最近では大きな混乱もなく過ぎていくことが多いです。


不安を駆り立てるような内容ですが、それほど心配することはありません。


旅行者の方にとって影響が出るとすると、8月14日全国規模のネパールバンダの日。流しのタクシーやローカルバスを使っての移動や観光を予定している場合は、計画通り行かなくなる恐れはあります。


旅行者用車両での観光やツーリストバス移動(いずれも緑色ナンバープレートの物)を利用しての観光・移動予定であれば、それほど影響は受けないと思います。


※バンダについては、過去記事:ネパールバンダ(強制ゼネスト)が旅行者に与える影響 もご参照ください。8年前の古い記事で、当時と状況もかなり変わっており、過去ほど深刻な「バンダ」は最近は行われていませんのでご安心を。


2018年8月10日

IMG_20180809_105046.jpg


ネパール好きの方が当地を再訪する際、現地の人へのお土産として無印良品やGUブランドの衣料品をお土産にするのはよく聞く話。


現地の人にもとても喜ばれます。


でも、ちょっと待って。


袋の前面に書かれているGUMUJIのロゴ。この袋のまま渡すには、ちょっと配慮が必要かもしれません。


袋を手にしたネパールの人たちは、100%の確率で、ぎょっとして無言で二度見し、次に反応に困りながらくすっと苦笑いをします。


なぜって? それは「GU」や「MUJI」は、ネパール語では下ネタ的要素を含む、やや下品な言葉だからです。


(GU(グ)は「うんち」、MUJI(ムジ)は肛門あたりの毛の意味)


こんな言葉がいともさわやかに堂々と書かれていることにネパールの人たちはぎょっとするのです。


それほど親しくない間柄なら、袋を変えて、中身だけ渡したほうが無難かもしれないですね。


ちなみに、冒頭の写真の「MUJI to GO」も、笑いのネタにされていました(笑)。


・・・


「GU」や「MUJI」に関するネパールでの出来事、以前私のプライベートブログでも記事にしたことがありましたので、よろしければご覧ください。


ネパールではGUのロゴに注意

無印良品の広告にぎょっとする


2018年8月 9日

DjGBs-GX0AEjM9u.jpg


本日満月。皆既月食が見られるそうですね。


パットロと呼ばれる、占星術をもとにした様々な情報が記載されている特別なカレンダー(日常的に使うカレンダ―とは異なり、主にヒンドゥ教司祭師が扱うもの)によると、ネパールでは7月28日0:09から月が欠け始め、2:09皆既食となり、04:06に月食終了するそうです。


月食や日食と聞くと見てみたい気持ちになりますが、ネパールでは月食を不吉なものととらえる人も多く、行動を制限し、月食時間中の月明りを浴びないようにする人もいます。


本日の月食情報(冒頭の写真)には、子供やお年寄り、健康ではない者をのぞき、厄を寄せ付けないためには(←かなり意訳ですが)、15:09から月食終了までは断食をし、外出・睡眠を控えるように、と書かれているのです。


そして、月食終了後には沐浴をし身を清めます。


また、誕生星座☆によって、月食を見るとご利益がある星座と、そうでない星座に分かれており、気にする人は気にします。


☆ネパールでは、誕生星座は誕生月ではなく、生まれた場所、日付けや時間などをもとにして導き出されるため、一般に日本で使われている、誕生月別の星座とはまったく異なります。


以前、ネパールの日食事情について書いたことがありましたので、こちらも是非ご覧ください。


→ ネパールの日食事情


国が違えば、の、いろいろな考え方、興味深いですね。


※記載している時間はすべてネパール時間です。


2018年7月27日
2018年7月17日
2018年7月 9日
2018年6月 5日
2018年5月23日
⇒すべての記事を見る

ネパール旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ネパールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

地球の歩き方Web特派員募集