海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

ネパール/カトマンドゥ特派員ブログ 春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


11449.jpg


ネパール西部バルディア郡のはずれ、インド国境近くにある「コティヤガート(カルナリ・ゲルワ)橋」。


11451.jpg


1,015mあり国内最長説があるのですが、長さでいえば、ここよりさらに西のカンチャンプル郡に、1,496.5mあるドダラ・チャンダニ橋の方が上。


ドダラ・チャンダニ橋について:
https://tokuhain.arukikata.co.jp/kathmandu/2019/02/1_3.html


ただ、ドダラチャンダニ橋が歩行者や二輪車専用であることに対し、コティヤガート橋は車も通ります。


「自動車が通れる橋」の中では、今回ご紹介したコティヤガート橋が国内最長のハズです。


11448.jpg


他にも長い橋をご存知の方、お知らせください。


11450.jpg


2019年2月 6日

11446.jpg


ネパール極西部カンチャンプル郡、マハカリ川にかかる「ドダラ・チャンダニ橋」。


1,496.5mあるネパールで一番長い橋、見ごたえあります。


二人並んで歩くのがやっとの幅しかありませんが、人だけではなく、自転車やバイクも通ります。


ネパールには、「最長の橋」と呼ばれる橋がいくつもあり、情報が錯そうしています。


自動車が通れない最長の橋は、今回ご紹介したドダラチャンダニ橋、自動車が通れる最長の橋は、次回ご紹介するコティヤガート(カルナリ・ゲルワ)橋であっているかと思うのですが、正しい情報をお持ちの方、是非お知らせください。


11447.jpg


2019年2月 6日

11420.jpg


カトマンドゥから陸路チトワンやルンビニなどタライ地方へ向かう際に通る、ムグリン~ナラヤンガート間。山の斜面を切り開いて作られた崖道の途中にある川沿いのダスドゥンガという場所に、ひっそり慰霊碑が建っているのをご存知でしょうか。


1993年5月、ポカラからチトワン方面へ向かっていた車がここから崖下転落し、同乗していた2名の政治家が死亡、運転手のみ助かる、という事故があったそうです。慰霊碑の二人の男性は、その時亡くなった政治家で、マダン・クマル・バンダリ氏とジブラジ・アシュリット氏。


マダン・クマル・バンダリ氏は、現ネパール女性大統領・ビディヤ・デビ・バンダリ氏の夫でした。


この事故は、事故ではなく何者かによる陰謀だという説も濃厚で、事故当時一命をとりとめた運転手が、この事故(事件)から10年以上経って、何者かに殺される、という闇深い事件も起きています。


噂では、運転手が、車ごと川に転落するよう何者かに指示されていたのだろう、と言われており、口封じのために殺されたのだろう、という説も。


当時、運転手が十分な見返りを受け取っていたとしても、車ごと崖下転落させれば、自身も死亡するリスクがありました。しかしこのルートを車で走行していると、運転手はうまく脱出できそうなポイントがあることに気づきます。事故直前、そのポイントに目印があったという説も。


たとえば、事故現場より北側・ムグリン方面には、ガードレールもない崖すれすれの場所に道があります。車ごと谷に突っ込めば即死の可能性が高くなりますが、谷が深すぎるため、運転手自身が脱出することは厳しそうです。


事故現場より南側・ナラヤンガート方面では、道から川までの間に川岸が広がる、比較的平坦な場所となるため、崖下転落させるには向かない地形となります。


事故現場は谷に突っ込みやすいカーブになっていますが谷はそれほど深くなく、車をうまい具合に転落させ、すぐ運転手席から脱出すれば、生き残れる可能性がかなり高そうであることが、素人目にもわかります。毎回現場を通るたびに、運転手や、何も知らなかったであろう政治家たちの心情を思い、一瞬背筋が冷たくなるような錯覚を覚えます。


ちなみに、現場周辺、2018年夏前に道路拡張工事がほぼ終わり、慰霊碑がある敷地面積もかなり削られてしまいましたが、慰霊碑自体は今も残っています。


11421.jpg


※写真は道路拡張工事前の2016年3月に撮影したものです。


2019年2月 4日
2019年2月 1日
2019年1月31日
2019年1月29日
2019年1月29日
⇒すべての記事を見る

ネパール旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ネパールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

地球の歩き方Web特派員募集