海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

ネパール/カトマンドゥ特派員ブログ 春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

061.jpg


ネパールには、外国人料金と現地人料金があり、観光地の多くでは外国人からのみ、入場料を徴収しています。


その入場料が年々高くなり、しかも、今まで取っていなかったところでも徴収を始める傾向にあります。


去る9月17日からは、カトマンドゥ近郊展望地「ナガルコット」へ行く全ての道の途中にチェックポストが設けられ、入場料(通行料)と称し、外国人一人あたり339ルピーを徴収し始めました。


カトマンドゥから約30km程の場所にあるナガルコット。2年ほど前から道路拡幅工事が行われており、山の斜面を削り、舗装をはがしているため、大変な悪路となっています。


道路工事前は、カーブの多い山道ながらも、舗装は比較的きれいで、片道平均移動時間1.5時間程でした。順調に行けば片道1時間で移動できたこともありましたが、工事開始後は凸凹道を徐行しながら慎重に運転する必要があり、2時間近くかかることも。


私自信、近場のリゾート地感覚で、のんびりしたいときにふらっとナガルコットへ1泊しに訪れていたのですが、最近の悪路を思い出すと、とても「ふらっと」行けるような気持にはならず、おっくうさが先に立つように。


それでも、写真のようは壮大なヒマラヤの光景が拝められるのであれば、悪路移動する価値はあるのですが、天候次第ではヒマラヤは見えず、ヒマラヤが見えなければ、他に見どころがあるわけでもないただの村。しかも通行料まで徴収し始めるとのことで、なんだかなあ、という気持ちも。徴収するからには有意義に使ってほしものです。


あと2~3年経てば、道路も整備され、快適に移動できるようになるのかな、と期待しています。


20131125.jpg


2017年11月 6日

C-E5-n-VoAAbSV2.jpg


10月30日付、在カトマンドゥ日本大使館からの注意喚起を転載します。


===転載ここから===


●大型バスが川に転落し、少なくとも31名が亡くなる大事故が発生。

●ネパールでの交通手段は、安易に値段だけで決めず、天候、季節、道路運行状況、風評等を考慮して慎重に選んで移動してください。


(内容)

1.10月28日早朝6時頃、ネパール首都カトマンズの西約60キロのダディン郡での幹線道路プレティビーハイウェイにて、サプタリ郡からナランガード・ムグリン道路を通ってカトマンズに向かっていた50名以上を乗せていた大型バスがトリスリ川(Trishuli River)に転落し、少なくとも31名が死亡、16名が負傷する大事故が発生しました。現在までのところ日本人被害の情報は入っていません。


2.ネパールでは、天候、季節、各種イベントによって交通障害が起こりやすく、予定通りに運行できないことが頻繁に起こります。ドライバーはこれらで起こった遅延を取り戻すべく、過度にスピードを出したり、無理な運行状況下でも走行したりしたりするので、このような大事故が度々発生しております。交通手段選択時は、安易に値段だけで決定せず、天候、季節、道路運行状況、風評、各種イベントの実施状況などを考慮して慎重に選んで移動してください。


===転載以上===


この事故は日本でもニュースになっていたようですね。
http://www.afpbb.com/articles/-/3148495


国内を車移動していると、かなりの確率で事故車を目撃します。
川に転落したまま放置されているバスやトラックも。
こちらが安全運転していても、無謀運転する車に巻き込まれそうになることも、毎回1~2回はあるといっても過言ではありません。


一番ヒヤッとしたのは、今年4月。ソル地方ダプ(約2900m)からの陸路帰り。対向からスピードを出してきたトラックが、曲がり角でハンドルを切り損ね、こちらのジープの右サイドミラーをかすってきたことがありました。


幸い、運転手が軽くハンドルを取られた程度で、こちらには何の被害もなかったのですが、後方で衝撃音が。見ると、トラックがガードレールに激突していたのです。


トラック運転手が焦ってハンドルを左に切り、道脇のコンクリ製ガードレールにぶつかり急停車したようです。崖下転落は免れましたが、一歩間違えば50m程下まで転落し、今回のような大事故につながっていたかもしれません。


トラックはフロントガラスが割れ、助手席に抱っこ(たぶんシートベルト未着用)で乗っていた幼児の額は血だらけになっていました。


冒頭の写真はその時のものです。


道路事情も、運転手のマナーも悪いネパールでは、このような事故が割と頻繁に起きます。
回避するためには、利用しないのが一番かもしれません。


2017年10月30日

20161107_104320.jpg


今年10月より、カトマンドゥ空港早朝発、ヘリコプターでのエベレスト遊覧フライト(エベレストアドベンチャーフライト)が毎日実施されています。


エベレスト遊覧フライトと言えば、通称「マウンテンフライト」と呼ばれる、国内線小型機を使ったカトマンドゥ発1時間のフライトが主流でした。こちらも継続して運航されており、時間はないがエベレストを近くで見たい、という旅行者の方には人気のフライトです。


そして今回新しく運航が始まったヘリコプターでの遊覧フライトは、さらに充実したプランとなっています。エベレストを間近で見られるだけではなく、エベレスト街道にも降り立ってみたい!という方におすすめです。


エベレスト街道トレッキング後に、自分の歩いたコースを上から眺める、という利用の仕方もありますね!


詳細は次の通りです。


●料金:999USドル


●料金に含むもの:運賃、燃油料、カトマンドゥ空港利用税、エベレスト国立公園入園料、エベレストビューホテルでの朝食、フライト証明書


●予定行程:
6:15 カトマンドゥ空港国内線集合
7:00 カトマンドゥ空港出発 → 給油のためルクラ空港立ち寄り。再離陸後、シャンボチェ上空を飛びながら、ゴーキョピーク、カラパタール、エベレスト近くを周遊後、シャンボチェにあるエベレストビューホテルにて朝食。その後再びカトマンドゥに戻ります。
11:00 カトマンドゥ空港到着予定。

IMG_20171024_142202.jpg


●運行会社:Simrik air
http://www.simrikair.com/services/daily-real-everest-adventure-flight/


●備考:
※大きな荷物の持ち込み不可。ハンドバッグ程度の荷物のみ持ち込み可となります。
※シャンボチェまでの片道利用も可能ですが、大きな荷物の持ち込みはできませんので、トレッキングの片道移動に利用することはできません(荷物が少ない場合は応相談)
※体重100kg以上の方は、2人分の料金がかかります。
※行程は、当日の天候により左右されます。また、天候不良時および諸事情により、当日欠航が宣告されることもあります。
※エベレスト街道で途中降機する場合、別途追加料金が発生します。


===


上記カトマンドゥ発着フライトの他、ルクラ発着プラン(350USドル)もあります。


私の経営する旅行会社でも手配受け付けています。詳しくはお問い合わせください!


※冒頭のエベレスト&ヘリコプターの画像は、Simrik Air公式サイトより許可を得てお借りしました。行程図画像は、パンフレットに印刷されているものです。


2017年10月24日
2017年9月 6日
2017年9月 1日
2017年8月31日
2017年8月21日
⇒すべての記事を見る

ネパール旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ネパールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

地球の歩き方Web特派員募集