海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

ネパール/カトマンドゥ特派員ブログ 春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

ch window.jpg


盆地内の感染者数が日々2000人前後と、感染者数増加が止まらないなかでも日常生活が戻り始めているカトマンドゥ。


すでにホテルやレストランは営業を再開しており、やや後ろめたさも感じつつ、先日、約9ヵ月ぶりに外泊してきました。


行き先は、カトマンドゥ近郊ヒマラヤ展望地ナガルコット。日本発団体ツアーの宿泊先でもよく利用される、クラブヒマラヤに宿泊。


例年なら旅行者があふれどのホテルも満室が続く季節。クラブヒマラヤも外国人でにぎわい、空室確保も難しい時期ですが、このときは宿泊客は私たちだけ。週末には、ネパール人やネパール在住外国人の利用が多少はあるそうですが。


メインバザールの人通りも少なく、切なさがこみ上げます。


ch nagarkot.jpg


泊まり慣れたクラブヒマラヤですが、コロナ禍により、スタッフの対応やホテル備品もいろいろ変わっており、現実を突きつけられたような気持ちでした。


ch front.jpg


まず、屋内に入る前に検温と手指消毒。レセプションのスタッフもマスクと使い捨て手袋を着用。


ch reception.jpg


通常の宿泊者記入フォームに加え、過去1週間の間に発熱はなかった、外国に行っていなかったか、PCR検査で陽性になったことはないか、などの質問票への記入をさせられました。


ch reception mask.jpg


使用するペンは、消毒済みペン立てに立てられており、使用後は使用済みペン立てに移し替えます。コピーのため提出した身分証明書など、ゲストが触れたものはスタッフが一つひとつ消毒をします。


部屋には、いつものアメニティのほか、使い捨てマスクと手袋も常備されていました。


ch sanitizer.jpg


食事は客室でとる客が多いそうですが、このときの宿泊客は私たちだけだったので、レストランを利用。


ch restaurant.jpg


私たちだけのためにホテル内の照明をすべてつけてくれ、申し訳ない気持ちもしました。繁忙期のこの季節に貸し切り状態で利用できることなど、今後二度とないでしょう。


通常はビュッフェスタイルで提供される夕食や朝食ですが、コロナ禍の現在は、事前注文式に。インド料理やネパール料理、中華料理のセットメニューの中から、ネパール料理を選択。


お通しとして、ネワール風カジャ:川魚フライ → ジャガイモのピリ辛レモン汁和え(アチャール) → 炒り黒大豆のスパイス和え(バトマスサデコ) → 鶏肉ピリ辛マリネ(チキンチョエラ) → サクサクの干し飯(チウラ)。中華風野菜ワンタンスープも。


ch newali khaja.jpg


ch soup.jpg


メインメニューはダルバート:時計回りに12時から、ダルスープ→白身魚のカレー → ギウで揚げた細切りポテト → トマトのアチャール → 生野菜 → パパド → ロティ → 青菜炒め → 野菜カレー → 中央ご飯。


ch dalbhat.jpg


久々の外食、ホテル仕様の豪華版ダルバートに感動です。


ところで、ゲストのチェックアウト後はそのまま放置し、清掃スタッフは72時間後に入室するのだそう。掃除消毒し次の客を受け入れるという、徹底した対応ぶりでした。しばらくはこのような状況が続くのでしょうね。


1年後の同時期には、また活気のあるナガルコットに戻っていることを願います。


〈ホテル情報〉
Club Himalaya Nagarkot


2020年10月20日

コロナ禍により外国人の入国規制があり、気軽に計画できない状況ではありますが、2020年10月18日付ネパールトレッキング協会(TAAN)からの情報によれば、去る10月17日より、ネパール国内各地トレッキングにおいてトレッカーの受け入れを再開したとのことです。


しかしアンナプルナBCやガンドゥルン方面は地元の反対により一部受け入れ不可となっているとのこと。


トレッキングに行く際には、外国人トレッカーは通常通りトレッキング許可証などを取得する必要があるほか、PCR検査陰性証明も必要とのこと。また、5000米ドル以上のコロナ補償のある保険への加入が必須とのこと。


本人のみならず、同行するガイドやポーターのPCR陰性証明、10万ルピーのコロナ補償のある保険への加入も必須とのこと。


詳しくは ネパールトレッキング協会フェイスブックページ にて確認してください。


2020年10月20日

2020年9月18日付在カトマンドゥ日本大使館からのお知らせを転載します。


===転載以下===


ネパール政府の新型コロナウイルス感染拡大の予防措置(カトマンズ盆地内3郡における新たな行動規制の無期限延長および緩和)について


1 カトマンズ、ラリトプール及びバクタプールにおいて現在実施されている行動規制を9月17日から無期限延長することを決定しました。


2 なお,行動規制自体は無期限延長されましたが,以下の事項に関しては,活動が許可されることが決定されています。主な緩和の内容については,以下のとおりです。


(1)ホテル・レストランのサービスの再開

(2)カトマンズ盆地内への車両の通行

(3)カトマンズ盆地内の全ての店舗の営業再開(緩和が許可されていない店舗を除く)

(4)車・バイクの使用制限の継続(使用できる車両はナンバープレートの末の数字が奇数の場合は,ビクラム暦の奇数日,偶数の場合はビクラム暦の偶数日に限る)


3 以下については,依然として規制されております。


(1)美容院,サロン,映画館,ジム,パブ,スパは追って通知があるまで閉鎖。

(2)教育機関

(3)抗議,集会等のオープンスペースでの集会活動

(4)パーティー,セミナー等,人々の集まりを必要とする活動

(5)宗教活動等


4 当地に滞在している邦人の皆さまにおかれましては、行動規制が大幅に緩和されましたが,外出する場合には、引き続き、適切なソーシャル・ディスタンス(2m以上)を取り、3密(密閉・密集・密接)を避け、マスクの着用・手指消毒を行う等、各自十分な感染対策をしていただき、感染状況に関する報道等の情報をご確認くださいますよう、お願いいたします。


===転載以上===


2020年9月18日
2020年9月15日
2020年9月10日
2020年9月 4日
2020年9月 3日
⇒すべての記事を見る

ネパール旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ネパールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

地球の歩き方Web特派員募集