海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > カトビッツェ特派員ブログ > ボボリツェの城/門の側にある小さい象、見て触ると良...

ポーランド/カトビッツェ特派員ブログ ポーランドの数学者

ポーランド・カトビッツェ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年3月25日

ボボリツェの城/門の側にある小さい象、見て触ると良いことがある!


ボボリツェの城/門の側にある小さい象、見て触ると良いことがある!

ポーランド南部にあるシロンスク県に属し、カトヴィツェから54km北東に位置しています。
私はカトヴィツェより車で1時間ほどで行きました。

IMG_0869.jpg

このお城は、鷲の巣古城街道の一つです。
鷲の巣古城街道の説明はこちら
ポーランドへ来たらお城を訪れないわけにはいきません。25の城を巡るこの街道はポーランドで最も人気のある観光街道で、全長は163kmあります。自転車用ルートも整備され、188kmあります。この街道一帯の多くの地域は1980年より「鷲の巣景観公園」として自然や景観の保護が行われています。晴れた日に自転車で走破すると自然を楽しめると思います。

ちなみに、鷲はポーランドの象徴です。ポーランドの国章には白鷲が描かれています。

IMG_0884.jpg IMG_0897.jpg
ハンサムで背の高い案内人が部屋の説明や武器などの説明をしてくれました。鎧は格好良く興味深かったです。10数kgほどのある重さで、歩くだけで疲れてしまいそうです。

20180126_143201417_iOS.jpg
お城としてしっかり修復され、お城の上から下を見るととても見晴らしがよかったです。50mほど下に見えるのがレストラン付きのホテルです。ここで入場券も売っています。
近くに公共交通機関はありません。入場料はPLN15です。
営業時間はグーグル検索で、「Bobolice Castle 営業時間」を入力すると出てきます。

15世紀中頃に建てられましたが、侵略や洪水などにより、19世紀には荒廃しました。現在の城は1999年からの再建です。19世紀には地下室の中に巨大な宝物が見つかりました。
このお城には、悲しい物語があります。1km ほどには、CASTLE MIROW(ミルフ城)がありました。この2つの城には2人の双子が所有者となり、この2つの要塞の間には、トンネルが掘られていました。2人はとても仲が良くお互いを理解していました。彼らの仲の良さは、美しい女性を弟が遠征のときに連れ帰ってきたときに崩れました。弟が恋に落ちたと疑い、兄弟殺し合い、美しい女性を地下牢に閉じ込め殺してしまいました。この女の幽霊がまだ城の塔で出くわすと言われています。
珍しい幽霊の看板もあります。

20180126_143934426_iOS.jpg
さて、これは門の側にあり、案内人が「触ると縁起がいい」と言ったので、多くの見物客が触っていました。50cmほどの小さな全裸の不思議な銅像でした。印象に残ったので、題にも書いてしまいました。何のために誰が作ったのかわかりません。

IMG_0874.jpg
修復された様子の看板も飾ってありました。修復されたきれいなお城なので、行ってみる価値のあるものだと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2018年3月25日
« 前の記事「はじめまして/カトビッツェからアウシュヴィッツの今を発信」へ
»次の記事「ヴロツワフ探検~情緒ある町並みを感じる~」 へ
おすすめ記事
    カトビッツェ特派員 新着記事
    【番外編】⑤イタリア ヴィエステ ~珍道中の行方 夜のムードはここ~
    【番外編】④イタリア Lecce ~ドゥオーモ広場 サントロンツォ広場 見所いっぱい~
    【番外編】③イタリア ~Bari駅からLecce駅~
    【番外編】②イタリア Bariの夜2018 ~聖ニコラウスのイベント~
    【番外編】①イタリア Bari ~大聖堂までの生活感がおもしろい~
    Polańczyk Zdrój ズドルイ~スパ村♨~
    サンドミエシュ ~ポーランドの小ローマ~
    ワルシャワ ~W杯の戦いの前に~

    ポーランド ツアー最安値


    2018/7/22更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ポーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ポーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • カトビッツェ特派員

      カトビッツェ特派員
      ポーランドの数学者
      教員を25年以上続け、自分のやりたいことはできました。私はもっと世界を見たいと思い、ポーランドを選びました。ここを拠点にイタリア、ドイツと回り、経済や経営学びたいと思います。ポーランドには、力強い知人もできました。まだ日が浅く学ぶことは沢山あります。「火中の栗を拾う」という諺にあるように、まだ知られていない部分に先陣を切って取組みブログ配信し、少しでもお役に立てればと思います。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_RF77QCwIx2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集