海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ケンダル特派員ブログ > ダルメイン マーマレードフェスティバル パート1

イギリス/ケンダル特派員ブログ トモコ・オルダーソン

イギリス・ケンダル特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年12月17日

ダルメイン マーマレードフェスティバル パート1


ダルメイン マーマレードフェスティバル パート1

イギリスの湖水地方、は「たくさんの美しい湖がある風光明媚な国立公園」と「ピーターラビットの生まれ故郷」「ナショナルトラストの発祥の地」して世界的に有名です。夏には世界中からたくさんの観光客がやってきます。
画像 126.jpg

湖水地方北部にあるアルズウォーター湖の近くには、広大な敷地を持つダルメインというお屋敷があります。NHKでもお屋敷の四季を通した「魔法の庭 ダルメイン」というドキュメンタリー・シリーズが放映されているのでご存じの方も多いかもしれません。
dalmain 1-2.jpg

ダルメイン館は現在12代目館主ヘーゼル・マコッシュ家によって受け継がれています。2万平方メートルの庭は、たくさんの多年生の草花と魅力的な珍しい花のコンビネーションを楽しむことができます。NHKで紹介されたお庭と館について少しご紹介します。
dalemain1-5.jpg
テラス・ボーダーには、高山植物や寒さに強い花。エリザベス朝に流行したノット・ガーデンには、幾何学模様の生け垣の中に、ハーブや白い花々が植えられています。
アップル・ウォークには、りんごの古木とともにバラが植えられています。
ワイルド・ガーデンには、ダルメインの庭で品種改造された「ダルメイン」と呼ばれるブルー・ポピーが植えられています。
ダルメインの屋敷の裏には、デイカー村へ続く小道があり、自然の中を散策することができます。
中庭には、16世紀のエリザベス朝時代に建てられたバーン・ハウスがあり、カブを押しつぶす「ターニップ・バッシャー」やチーズを握り出す「チーズ・プレス」など、カンブリア地方の古い農具が展示されています。
ギフトショップには、マーマレードフェスティバルで賞を受賞したマーマレードをはじめいろいろな様々なお土産やアンティークもあり、庭の植物の苗も買うことができます。
ティー・ルームは古いお屋敷の暖炉の火をゆっくり楽しみながら、アフタヌーンティなどをお楽しみいただけます。

ケンダル特派員おすすめ、ダルメイン通の楽しみ方
ーミセス・マウスの家をさがす
ージミーさんと一緒に野生の鳥たちの餌付け
ー売店で秀逸なマーマレードの味見
ーチャイニーズルームのエキゾチックな柄の壁紙を鑑賞
ーダルメインのドラゴンを見つける
ー手作りのおいしいスコーンを味わう、もちろんマーマレードで!
ーダルメインの野生のシカたち
ー5月から7月初旬にかけて開花するブルー・ポピーの観賞
ーダルメイン・ゴールド・アップルというリンゴの古木を探す
ー300年以上に渡りダルメインに代々暮らした人々の肖像画を鑑賞

dalemain1-6.jpg

ダルメイン館への行き方ー
ロンドンからはユーストン駅からバージントレインでペンリス下車、そこからタクシーで約20分。マンチェスター空港からはグラスゴー行のノーザントレインに乗りペンリス下車です。(詳細はホームページで)
http://www.dalemain.com/index.php

次回は 3月に行われるマーマレードフェスティバルについてご紹介します。
(パート2に続く)
dalmain1-4.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2018年12月17日
« 前の記事「ノッティング・ヒル ウォーキングガイド vol.3」へ
おすすめ記事
ケンダル特派員 新着記事
ダルメイン マーマレードフェスティバル パート1
ノッティング・ヒル ウォーキングガイド vol.3
ノッティング・ヒル ウォーキングガイド vol.2
ノッティング・ヒル ウォーキングガイド vol1
【はじめまして】ノッティング・ヒル ウィーキングガイドーはじまりー

イギリス ツアー最安値


2019/2/21更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ケンダル特派員

    ケンダル特派員
    トモコ・オルダーソン
    イギリスの湖水地方に住んで20年。通訳・翻訳の傍ら、英国アートアンドクラフトと日本の民芸運動に深い関心を寄せるインテリア・デザイナー。地元のアーティスト、陶芸家や工芸家と交流、ウイリアム・モリスやリバティの美しいデザインのプリント生地のコレクターでもあります。 DISQUS ID @disqus_Fmhc9y4wB7

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集