海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/桐生・群馬特派員ブログ

日本国内/桐生・群馬特派員ブログ 加藤良夫

日本国内・桐生・群馬特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


おはようございます。桐生特派員の加藤です!
今日ご紹介するのは、近くの梅田町を散策したときのことです。里山の風景は四季折々の変化を見せ、古い文化と良くあっていると思います。山、川、お寺、神社、湖、ダム、古民家、長閑な風景........
いい所がいっぱいあって、ぼ〜っとしてまったり〜しちゃいます。
今回は、梅田の民話を二つ紹介させて頂きます。
まず始めは、六三大士(ロクサンダイシ)
六三除けで重病人を救ったという為雲(イウン)和尚様の話。この和尚様はお酒が大好きで、お礼はお酒でしたものだという。長泉寺境内にある六三大士堂には、今でも竹筒に入ったお酒が供えてある。


もうひとつは、ダムの近くにあった軍場(イクサバ)のお話です。昔、太田金山城主由良氏に敗れ、追い詰められた桐生勢最後の集結地であるともいわれている。梅田ダムが建設され、風景もだいぶ様変わりしたが、このダム堤真下の桐生川右岸高台一帯が、軍場といわれている。
梅田地区生涯学習推進委員会 梅田町自治会連合会


撮影桐生特派員加藤
732AD70B-58A4-4139-8F4B-6C282E678511.jpeg
こんな歴史ある板塀も残っていた。
F5B38856-DA55-4AAA-A5D6-488697805868.jpeg
木枠のガラス戸のある立派なお屋敷もあるぅ〜
20035661-1597-4424-88B9-770FA5FB199D.jpeg
ここは、二渡神社

-二渡神社 桐生市史神社編由緒-
 上野国誌に「猿石社二渡村にあり、祭神猿田彦命」と記されている。桐生美和神社々家小島家文書「慶安四年卯十月、桐生領七社明神神号」の中に「猿石大明神、山田郡梅田村大字二渡鎮座」と記載されている。猿石社はまた猿田彦神社と古くは称されていた。桐生館の古社の一つである。明治四十一年一月十四日許可により二渡村字上ノ原の無格社八坂神社、字大石窪無格社稲荷神社、字残馬の無格社残馬山神社を合併した。
 大正三年九月九日二渡神社と改称を許可された。明治四十四年四月一日に火災にあい、善美を尽した本殿、拝殿、神楽殿を焼失したが、昭和二年二月十七日許可があって新たに社殿を建設した。昭和八年九月二十九日神饌幣帛料供進神社に指定され村社に列した。
二渡神社は桐生七社の一社で、昔は猿石明神と呼ばれていた。
ちなみに桐生七社は二渡神社・桐生天満宮・兼宮神社・日枝神社・常祇稲荷神社・美和神社・白髭神社。

参照元URLhttp://kaguraden.blog11.fc2.com/blog-entry-198.html

63F5C374-EDCA-4E8B-BE77-986CE247E92C.jpeg
E9C870B2-3779-420C-AC9C-E4DC8EB4F4AA.jpeg
E97F2BD1-3671-4AFF-AFCA-3843287E227F.jpeg
F7691C48-1154-40D5-B8D6-14E152CF5980.jpeg
E1AE7663-22D5-4BB1-8AEE-C07C27053357.jpeg
4DF6D631-5DDF-4E61-AAF0-0FA410A3E33E.jpeg
B7230FF2-00E9-462B-A78F-CD980A70FA48.jpeg
9E945040-E732-4240-BE9E-6CC125FD29A6.jpeg
BCB5B99C-0082-4E5F-82F5-442EDDB14895.jpeg
桐生川のせせらぎの音が聞こえますか?
F31360A3-12C5-47EF-9D9D-9B6D80DD2A8E.jpeg
8DDD3D66-94B9-4E8B-A429-11BD0B02CD37.jpeg
その周辺の味のある古民家
070BF6BB-3AAC-415C-9027-024D12B299F6.jpeg
どうでしたか?いい所でしょう。私は近くだから、いつも行けますがみなさんにも来て欲しいです。
美味しい空気、清らかな水、まったりしちゃう長閑な風景がお待ちしてます。
それではご機嫌よう♪


桐生市梅田町周辺


2019年8月23日

おはようございます。桐生特派員の加藤です!
今日ご紹介するのは、西伊豆の土肥温泉牧水荘土肥館です。


土肥温泉(といおんせん)は、静岡県伊豆市にある温泉。伊豆半島の西岸に位置する。夏季には海水浴客で賑わう。
土肥温泉の歴史は、土肥金山開発中の1611年、当地にある安楽寺境内の坑口から温泉が湧出したのが土肥温泉の始まりで、この源泉は発見者の間部(まぶ)彦平に因みまぶ湯と名づけられた。
近代土肥温泉は、明治33年に馬場(ばんば)地区で飲料用井戸を掘ったところ、温泉が湧出したのが始まりである。参照元URLhttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E8%82%A5%E6%B8%A9%E6%B3%89


牧水荘土肥館は、創業100年を超える老舗旅館です。
西伊豆随一の広さ、毎分20万ℓの最大の湯量を誇る大野天風呂を始め、洞窟風呂、天空貸切露天風呂など、湯巡りも楽しい温泉宿です。


撮影桐生特派員加藤(承諾済)
98DF94D3-ED23-40C0-B172-410F8E2270A6.jpeg
グレードUPして頂いたお部屋!
広くて快適な空間でした。
471DFB8F-B23A-4B20-8668-BF41943597E6.jpeg
F74558B8-B1F3-4418-BEBF-C597960BB88E.jpeg
こちらは、食事処です。
本日のディナーのお品書き

食前酒 枇杷酒
先付 胡麻豆腐
前菜 五点盛り合わせ
向付 鮮魚盛り合わせ
鍋物 陶板焼き
台の物 鮑踊り焼き
替皿 ずわい蟹
中皿 海鮮サラダ
蒸し鉢 海老真薯
止肴 もずく酢
食事 御飯 香の物
止椀 お吸い物
デザート 季節の果物
F7811F19-99F2-4108-A9F6-259E20645D12.jpeg
全部ではなく、何点か上げてみます。
B0B72F5D-F3A1-4A37-89F7-83F3112F5BA8.jpeg
D04E16CE-359E-4627-9B8B-50CE53B20C00.jpeg
9147908A-ABE8-48ED-ACC3-9CA33C8A5145.jpeg
75A48BE7-B94C-4155-9487-491930E9BC92.jpeg
泡の踊り焼き!これがいいですネ〜
D24E8FDB-2097-42A2-BDB8-B0F74F0AD590.jpeg
5BD80E41-E7D0-47D4-985B-1F5C9CE28D25.jpeg
EF09F422-C87A-4EF9-AA96-29BAA21F6753.jpeg
こんな感じでたくさん食べてしまいました。
56BEC606-47EF-4457-894B-D8D4A786DD62.jpeg
お腹がいっぱいになったので、一休みしてお風呂です。
西伊豆随一の大露天風呂若殿の湯
源泉100%掛け流しの大野天風呂。樹齢百年のゴムの木・巨石・四季の花々に囲まれて
A8771002-AB56-47EF-838D-49A90CBE52D4.jpeg
279BB191-0884-41F4-946D-CD0B168324F5.jpeg
洞窟風呂 天然のサウナで女性には嬉しい美肌効果!
C7B88C15-C954-4A3E-B091-259E8038954B.jpeg
麗人の湯 自然美豊かな庭園を眺めながら〜
E36EF9E0-6E40-43BA-9B85-1909BC19E7FC.jpeg
F8AF66E5-4C93-4909-B5FB-3AEA5C1147F8.jpeg
そして朝食はこんな感じ〜
D26AAF6E-04A9-4411-B629-BA70E92C8B0F.jpeg
87D8C816-F5E8-4087-A04C-17AE647ACD0E.jpeg
DC3CB716-4643-4B8B-86C1-327A328C8515.jpeg
いい温泉に入って、美味しいものをいっぱい食べて
たまにはいいヨネェ〜!
皆さんも是非出かけて下さいネ!
それではご機嫌よう♪


牧水荘土肥館
住所 〒410-3302 静岡県伊豆市土肥289-2
TEL 0558-98-1050



2019年8月16日

おはようございます。桐生特派員の加藤です!
今日ご紹介するのは、えびす講が行われる桐生西宮神社です。毎年11月19,20日は大勢の人で賑わうここも、普段はご覧の通り静かでちょっと寂しい感じです。でも私的には好きな風景で良く訪れています。


桐生西宮神社
恵比寿神として蛭子大神(ひるこおおかみ)を祀っており、毎年11月19日から20日にかけて桐生ゑびす講が開催される。
桐生が岡公園に隣接し、山手通りに面している。美和神社の境内社の一つであるが、西宮神社の社殿・手水舎・参道は、美和神社のものより規模が大きい。

歴史
明治34年(1901年)11月20日に、えびす総本社である兵庫県西宮市の西宮神社から分霊勧請される。
関東で唯一の直系分社であることから「関東一社」と称される。

桐生えびす講
毎年11月19日から20日にかけて行われる。参道(恵比寿通り)や、山手通り・本町通りの一部が歩行者天国となる。19日が宵祭り、20日が本祭りであり、西宮神社本社から献幣使を迎えて祭典を執り行う。
奉納行事として、美和神社の神楽殿にて、神楽・えびす太鼓・福まきが行われるほか、桐生からくり人形芝居が上演される。また、桐生が岡公園の入り口にある特設会場にて、芝居や手品、歌謡ショーなどが行われる。
隣接する美和神社の祭神が大物主(大国主・大黒)であることから、桐生ゑびす講は、恵比寿・大黒の二大福神が揃った祭であるといえる。
参照元URLhttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%90%E7%94%9F%E8%A5%BF%E5%AE%AE%E7%A5%9E%E7%A4%BE


撮影桐生特派員加藤
46F8A8C9-20A5-4FD0-9D60-67DCAE1393D0.jpeg
22EE7B3D-1D2A-4B4F-997D-E98956ADF3CB.jpeg
FC74630A-A31D-4EB6-B198-8FFDBE4B1789.jpeg
F96DFE3B-7451-41BD-9BBD-DAA361A4B41D.jpeg
1A16D761-4451-4D0C-8F97-1DCFDDA839EC.jpeg
6A0ED894-93B4-465D-9D9F-E671EF3A8161.jpeg
C72A83E8-8E74-4119-BFD7-A6DFDA55C488.jpeg
65ACE145-617E-4EEE-83F4-8161C77D2A5A.jpeg
682B8F4F-8029-4B09-9F29-FF73FC0DC38D.jpeg
2803803F-4B22-4A8E-95E8-4A395459EB0C.jpeg
B4FF4048-D666-4E7F-BC89-424B1886B4F1.jpeg
BA343DA4-2CD2-476B-9283-C19000EF4240.jpeg
55E7C8A6-AAE2-40E7-A45F-07A74E9C07E4.jpeg
85FC7120-1C4B-492D-A302-3466FF937683.jpeg
D2C0D07C-F791-408E-B09F-C14902A7B1AC.jpeg
普段のほうがゆっくりお参りできて、きっと御利益も上がるかもですネェ〜
みなさんも是非出かけて下さいネ!
それではご機嫌よう♪


桐生西宮神社
住所 〒376-0056 群馬県桐生市宮本町2-1-3
TEL 0277-22-4390


2019年8月 9日
2019年8月 9日
2019年8月 2日
2019年7月12日
2019年7月12日
⇒すべての記事を見る

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■群馬県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 桐生・群馬特派員

    桐生・群馬特派員
    加藤良夫
    飲食店経営30年、人生のほとんどを食の世界で過ごしてきました。そんな私が生まれ育った桐生、その広域のレストラン・風景・観光などを発信していこうと思います。どうぞ宜しくお願いします。 DISQUS ID @disqus_CMlbdvbDG8

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集