海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > クロアチア/コルチュラ島特派員ブログ

クロアチア/コルチュラ島特派員ブログ すずきあんな

クロアチア・コルチュラ島特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

目の前には海が広がり、海の幸を存分に堪能できるのは島のいいところ、ということでイカ釣りに行ってきました。この時期はさすがに夏のように毎日快晴とはいかず、曇ったり、たまに雨も降ったりするので、天気が良くて風の強くない日を選んででかけました。


陸地の建物は肉眼で確認できるくらいの、島からすこし離れた広い海の上で、ボートひとつぽつんと浮かばせ、イカ釣りのはじまりです。道具はとてもシンプル。イカを模した小さなルアーとおもりのついた長い糸を、海に垂らすとおもりの重さでぐんぐん下へ沈んでいって、しばらくして糸が巻き取られなくなれば海底に辿り着いたサイン。1〜2mくらい引き上げた状態で準備完了です。あとは数秒ごとにクイックイッと少しだけ引いて動きをつけるだけ。


8CC46D42-7F86-4B02-BA89-30533B558215.jpeg


それはそれは静かでした。たまに水面がバシャバシャと音を立てるときがあって、これは小さな魚が大きな魚から食べられないように、海から空中へジャンプしているらしく、少しするとまた静かになりました。自然界。


糸を垂らしてボーッとすること2時間、残念ながらわたしの釣り糸から手ごたえを感じることはなく、記念すべき人生初のイカ釣りは幕を閉じました。が、参加者4人で唯一の収穫、一杯のイカを刺身でいただくことになりました。イェイ。ほんの少し前まで海で泳いでたイカ、今まで食べた中で間違いなく一番新鮮なイカを目の前にして心躍ります。


プラスチックみたいな骨を取り除いて、眼と皮を剥いで。手が透けて見えるくらいのすけすけ透明肌はキラキラと光っています。包丁を入れたとき、柔らかくてプニプニした弾力が最初にやってきて、さらに深く入れると、コリコリとした歯ごたえを想像させる感触が伝わってきました。これが鮮度。柔らかさと甘さ、想像を越えてきたコリコリ感の共存、いやあ、最高でした。 



308F420D-FA89-4DE8-8FBE-DD334925C970.jpeg


スプリットやドブロブニクなどアドリア海沖はもちろん、クロアチア中でイカを使った料理を味わうことができ、ほぼハズレのない味付けとおいしさですので、ぜひお試しください。クロアチア語でイカはlignja/sipa(コウイカ)といいます。


なお、イカを生で食べるには菌を殺すため冷凍する必要があるようです。熟練の現地人は、私達も釣りたてのイカを船上で食べているんだから大丈夫、海は綺麗、とのことでしたがはたして。



2017年11月11日


サマータイムが導入されているクロアチアでは、3月最週日曜午前2時から10月最終日曜日午前3時までの間、国内の時間が1時間早く進められます。具体的にいうと、今年であればはじまりの3月26日午前2時は、時計の針が1時間進んで午前3時になって、おわりの10月29日午前3時は午前2時に戻ります。


これに伴って、日本とクロアチアの時差は通常8時間ですが、サマータイムの間は7時間になります。なお、クロアチア国内で時差はありません。


太陽の出ている時間を有効に活用するため導入されている、このサマータイム。太陽が昇っているのに寝てるなんてもったいないから、国全部の時計を1時間早めよう、ということ。経済効果とか、ナンセンスとか、いろんな声があがっていますが、現地で実際に生活してみると不思議で、少し違和感もありました。


E9EA2E74-66F3-475B-89ED-26EF540CF8CE.jpeg


真夏は夜9時にやっと街灯がつくくらい、日没は遅いです。長い夜を利用してたくさんのイベントが開催され、大人も子どもも夜遅くまでナイトライフをたのしみます。


24CEA2C9-1DC0-441B-BF39-2A18271E30A7.jpeg
6ACCFCB8-089F-4342-BF44-036304345678.jpeg


少しの違和感は、たとえば、夜6時に日が沈んだとして、これはサマータイム導入時の時刻であって、極端な話、次の日にサマータイムが終われば、夕方5時に日が沈んでいるわけで。移行時間が1日なのも、ずらす時間が1時間なのも、大胆というかなんというか。突然、虚構の世界が終わって元通りになりました、とパンパンと手を叩かれて、不自然な力で動かされているような感覚です。


太陽が昇っている時間は、冬至から夏至にかけて少しずつ少しずつ長くなっているのに、ある1日を境にいっせいに1時間早めるなんて、しわ寄せもあるんだろうなあと思います。太陽の光はもちろんだけど、時計によって生活も精神も動かされている(太陽が昇ったら出勤、ではなく、午前8時半に出勤、など)のに、それをなんらかのメリットのために意図的にいじってしまうのは。そのメリットと主張されていることも、果たして本当にメリットなのか、何にとってのメリットなのか。サマータイムはじまりの日は1日23時間で、おわりの日は1日25時間になるのも、なんとも不思議で、「時間とは人間が創り出した概念である」というオノ・ヨーコさんの言葉を思い出します。


さて、この時間の調整は夜中に行われるため、はじまりとおわりの日には、現地の人は時計の針を1時間ずらしてから寝ることになります。10月29日の朝、起きたら家中のアナログ時計はまだ夏時間のままで、唯一、携帯だけは自動で1時間直っていました。みなさん忘れないで体内時間もちゃんと機能して対応できるものなのでしょうか。国民性によって、職場や学校での雰囲気も違うんだろうなあと考えてしまいました。


2017年11月 2日

のんびりとした島の雰囲気で一息つきながら、遠くの誰かに絵はがきを送ってみませんか。日本にいる家族や友人に、日記がわりとして未来の自分に。


やり方はとっても簡単です。まず、はがきを見つけます。コルチュラのいたるところにお土産屋さんがあり、コルチュラ島の名所やクロアチアの景色など、いろんな種類の絵はがきが売られていますので、お気に入りの一枚を探してみてください。


67867A52-BA0B-433A-B0B7-CE103A0279A5.jpeg


そして、ゆっくりと思いの丈を綴ります。外の風を感じながら、カフェで書くのもいいですね。カフェもベンチもこれまたいたるところにありますので、波の音が聴こえる海の近くやグラデーションに染まる夕日が見えるところなど、コルチュラのハイライトが思い浮かぶような自分だけの場所で、空間ごと絵はがきに込めます。


書き終わったら、郵便局にいきます。旧市街の入口の石の門を出て、階段を降りると、右手に見える二階建ての建物が郵便局です。黄色の看板が目印です。


8E2F188B-093C-42D6-AE51-AD31CB11FF78.jpeg


郵便局の中は撮影禁止ということで、ご紹介できる写真がないのですが、手順は切手を買ってはがきを渡すだけです。中に入るとすぐ目の前に、郵便局員さんが座っているカウンターがいくつかありますので、そこで「ワン スタンプ」と言うと切手を買えます。もし伝わらなくても、持っているはがきを一緒に見せると、切手がほしいんだなとわかってもらえるかと思います。切手1枚100円くらいでした。(2017年10月現在 1kn=17.82円)


FFDB9E27-6AF4-40D0-99A4-ACA73A24FE49.jpeg


この切手のサイズが意外と大きくて、縦3cm横5cmあります。日本の標準切手を横に2枚並べたものよりも、ひとまわり大きいです。せっかくはがきいっぱいに書いたのに、切手で隠れちゃったなんてことのならないように、切手用の余白は多めにとっておくことをお忘れなく。


お土産屋さんも郵便局もコンパクトにまとまっているコルチュラですので、絵はがきを手に入れてから、郵便局で送るまで、さほど時間はかからないと思います。ぜひ、島にいらしたら、思い出の一枚を送ってみてください。


郵便局(Hrvatska pošta)
住所:Trg kralja Tomislava,Korčula,Croatia
時間:月〜金曜日 7:00-20:00
_ 土曜日 8:00-13:00



2017年10月26日
2017年10月19日
2017年10月13日
2017年10月 5日
2017年9月28日
⇒すべての記事を見る

クロアチア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■クロアチアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • コルチュラ島特派員

    コルチュラ島特派員
    すずきあんな
    学生時代、航空券が安く買えたのでたまたま行った冬のクロアチアで、たまたま行ったコルチュラ島の田舎っぷりに惹かれてあれこれして移住。好きなことは食べることと眠ること。クロアチア人と5人暮らし。山形県出身。最近ブログをはじめました。 DISQUS ID @disqus_RdtCS0RjnU

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集