海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > コルチュラ島特派員ブログ > 当たらないと噂の生牡蠣

クロアチア/コルチュラ島特派員ブログ すずきあんな

クロアチア・コルチュラ島特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年12月21日

当たらないと噂の生牡蠣


当たらないと噂の生牡蠣

クロアチアに引越してから、初めて食べた生ものが「生牡蠣」でした。クロアチアに生牡蠣のイメージはなかったのですが、コルチュラ島方向に突き出た半島の根元に「ストン」という、ドブロブニクとコルチュラ島のちょうど中間地点に、養殖場あり生牡蠣フェスティバルありの牡蠣好きの中では有名な村があるというのです。


778A6F7F-BA7E-4E9B-A4EE-7EDE4704B96B.jpeg
C2CEA1F2-9516-4C97-AEA7-AD0337AA5B09.jpeg


生牡蠣は当たるかもしれないからちょっと怖いな、とクロアチア人に言うと不思議な顔をされて、どうやら生牡蠣で当たった(体調が悪くなったり吐いたりする)経験もなく、そんな話は初めて聞くとのこと。偶然にしてはすごい。初めこそ半信半疑で控えめに抑えていたものの、日本の生牡蠣と比べてこぶりながらも1つ87円という安さ、陸路でドブロブニクからコルチュラ島に向かうときに寄られるアクセスの良さ、そして当たるかもしれないという恐怖心いらず、そんな三拍子揃って今まで食べた生牡蠣は数知れず、当たったこともないです。


C472C8DD-C737-442F-972B-A8B2D74C9223.jpeg
CD585F3A-DFB0-4BB3-812F-F6A2321DA451.jpeg


先日参加したワインの試飲イベント の際に、「ブラジェヴォ(Blaževo)」という集落の牡蠣養殖場を訪れました。ドブロブニクを背にしてストンから車で30分ほど行ったところにあり、情報として出回っていないだけで現地ではずっとつくり続けているんだよなと、見知らぬ土地の初めて見る景色を目の前にして考えされられました。


代々受け継がれてきた伝統的養殖方法でやっているという現地の男性は親切に対応してくださり、当たらない牡蠣について訊くと、「生牡蠣を食べたあとに体調が悪くなったという話は聞いたことがない。生ものを食べる文化は一部の限られた地域のものだから、食べ慣れていないものを口にしたときに身体がアレルギー反応を起こしてしまうことはあるけど」「このような牡蠣をつくられることについては、まず海が綺麗。あとは定期的に水質検査をしている」「ベストシーズンは4月。夏の早朝や秋もボートに乗って見学することができる」「魚の養殖もしている」「生牡蠣と抜群に相性のいいスパークリングワインもつくっている。見た目もナイスだからお土産にピッタリ」


D8677C00-D8A3-4A09-B7BE-33E3CEDA1D0B.jpeg


そういって見せてもらったのがこちら。ワインボトルは海中の藻がモチーフにされていて、確かにこれはインパクト大です。日本と同じように四季があるクロアチアですが、海水は温度変化が激しくなく、ゆるやかに変化していくため、ワインを海中に沈めて保存しているそうです。


日本のドキュメンタリー番組で気仙沼の牡蠣養殖場の方が特集されていて、「海づくりは山づくり」と言って植林活動をされていたことをクロアチアに来て思い出しました。綺麗な海のはじまりは山だとしたら、あちこち海から突き出ている巨大な石灰岩は、石灰の溶けた海水は、そんな海水で育った牡蠣は。


--------
OYSTER AND FISH FARM TOUR "ĐIDO"

住所:Blaževo,Pelješac peninsula,Croatia
電話:00385 91 480 9149
メール:matoancic@gmail.com


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年12月21日
« 前の記事「半島総ぐるみでのワイン試飲イベント」へ
»次の記事「コルチュラ島の家庭で過ごすクリスマス」 へ
おすすめ記事
    コルチュラ島特派員 新着記事
    コルチュラ、観光シーズン到来
    早くも春の兆し、2月のコルチュラ島
    夏とは一味違う冬のドブロブニク
    コルチュラ島の家庭で過ごすクリスマス
    当たらないと噂の生牡蠣
    半島総ぐるみでのワイン試飲イベント
    作業音響く晩秋のコルチュラ島
    コルチュラ島のポート基本情報

    ヨーロッパ 航空券情報


    クロアチア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■クロアチアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • コルチュラ島特派員

      コルチュラ島特派員
      すずきあんな
      学生時代、航空券が安く買えたのでたまたま行った冬のクロアチアで、たまたま行ったコルチュラ島の田舎っぷりに惹かれてあれこれして移住。好きなことは食べることと眠ること。クロアチア人と5人暮らし。山形県出身。最近ブログをはじめました。 DISQUS ID @disqus_RdtCS0RjnU

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集