海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ 逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

マレーシアではあと2週間、8月31日で経済回復のための行動制限令(RMCO)が終了予定となっています。
現在のマレーシアでは新たな感染者は多い日で20人以下と、かなり抑えられているといった印象です。
実際に、マレー半島側はグリーンゾーンが多いのですが、やはり第二波に警戒をしているといった状況です。

IMG_1051.JPG

では実際に生活しているとどうかというと、公共の場所では個人情報、検温、マスクの着用がすっかり定着しました。
商業施設や飲食店などでもスマホでQRコードを読み込み、名前、電話番号などを入力して送信する手順を踏みます。
当初は慣れずに列ができたり、スマホの操作もあたふたしてしまいましたが、今ではどこかに出かけてもエントランス前ですぐにスマホを取り出す習慣ができました。
もちろんこのような手順が苦手な場合、あるいは電子化されてない小さいお店などではノートに手書き、といったこともあります。

これは全て、標準運用手順(SOP)に沿って必須となっているのです。

DSC_1930.jpg

そして8月1日から、公共の場所でマスクの着用が必須となりました。
いわゆる「あごマスク」も不可となるようです。
違反した場合の罰金はなんとRM1000(約25000円)!
私個人の感覚ですが物価が日本の2/3ほどという印象なので、これはかなりきつい罰則ではないかと思います。

IMG_0928.jpg

また現在マレーシアのマスクの標準小売価格は政府が決めています。
現在三層マスク1枚がRM1.5(約37.5円)となっていますが、8月15日からRM1.2(約30円)に値下げされることが決まりました。さらにもっと値下げをする意向も発表されました。

今回もそうですが、対策と対応が早くしっかりしている、というのがマレーシアのコロナ封じ込め政策のような気がします。
国境封鎖もまずは隣国のシンガポールから8月17日から解除される見通しです。
コロナでロックダウンされる以前のマレーシアからシンガポールに通勤通学をする人は1日で30万人。
今回はまずはこの公的に用事がある人々を中心に国境を再開する予定です。

(全ての写真撮影by逗子マリナ)
※写真の無断転載禁止



2020年8月12日

現在マレーシアは2020年8月31日まで「回復のための活動制限令(RMCO)」期間となっており、SOP(コロナを防ぐため遵守すべき規則)に従い、 マレーシア政府がリリースしたマイセジェヤテラ(MySejahtera)などを使ったチェックインが必要だったり手の消毒やソーシャルディスタンスの遵守が求められます。

また8月1日からは公共の場所ではマスクが必須となり違反者は罰せられるので注意が必要です。

そのなかでもニューノーマルに基づきテーマパークや映画館などの娯楽施設も再開されつつあります。
クアラルンプール市内から車で1時間ほどのゲンティン・ハイランド(Genting Highlands)。ロックダウンにともない一時は閉鎖されていましたが、現在はボディコンタクトがあるアトラクションを除きほぼ再開されています。

DSCN2737.jpg

近年、再開発が進んでいるゲンティン・ハイランドの手前にあり、その圧倒的な存在感が気になるクレードル・ロック(Cradle Rock)と呼ばれる巨岩です。

崖に建つ仏塔で知られるチン・スウィー洞窟寺院(清水岩廟/Chin Swee Caves Temple)を過ぎ、頂上にあるゲンティン・リゾート(Genting Resort)の手前の道路沿いにあります。

ゆりかご(クレードル)という名前ですが、もちろん揺れることはなく巨岩は絶妙なバランスで地面と接しているように見えます。
以前は海外からの観光客を乗せた観光バスが停まっていることも多かったのですが、この日はあいにくの曇りで霧も濃く、誰もいなかったのでちょっとミステリアスな雰囲気です。

DSCN2735.jpg

DSCN2738.jpg

写真にしてしまうとわかりにくかと思いますが、ちょうどほぼ真下に乗用車が停まっていたのでその大きさが想像できるのではないでしょうか。

クレードルロックは固定してあるのではなく、岩がバランスをとっているのだとか。

DSCN2748.jpg

奥にすぐ真下まで行ける坂道があり、ほんの1〜2分歩くと真下に到着。

DSCN2739.jpg

こちらがクレードルロックの支点、ではないかと思われます。

周囲には案内なども見当たらないため詳細はわからなかったのですが、どうやら一部の地元の人々の間ではゲンティン・リゾートにあるカジノに行くときに立ち寄るとよいと言われているそうです。
クレードルロックがある場所はゲンティンリゾートへ行く上り道の途中、つまりカジノに行く道側にあります。反対に下りとなる帰り道に立ち寄ってはいけないのだとか。運がさがる……ということのようです。

DSCN2741.jpg

今回は残念ながら霧が出ていたため何も見えなかったのですが、晴れた日にははるか遠く眼下にクアラルンプールの町並みが見えることもある知られざる絶景ポイントでもあります。
わざわざこれだけを見に行くというほどでもないのですが、ゲンティン・リゾートの手前にあるので機会があったら訪れてみてはいかがでしょうか。
珍しいのはもちろん、カジノを訪れる前の験(げん)担ぎにもなるかもしれませんね。


【クレードル・ロック(Cradle Rock/風動石)】
・住所: 69000 Genting Highlands, Pahang



2020年8月 5日

新型コロナウイルスによるロックダウンの期間が明け、人々が外に出るようになりました。
ロックダウンが解除された当初は必要なものだけを購入して帰宅というルーティンが身についていました。

それでも徐々に買い物に出たついでにショッピングモール内を見て回ることも。
何度も紹介していますが、ローカルの友人曰く「なんでもある」ワン・ウタマ・ショッピング・センター(1 Utama shopping Centre)。
マレーシア国内では売り場面積で1番、世界で7番目に大きいショッピングモールです。

MRTのスンガイブローカジャン線(SBK)のバンダー・ウタマ(Bandar Utama)駅とつながっていますが、隣接されている五つ星のワン・ワールド・ホテル(One World Hotel)のロビーを通り抜けして行くようになっていました。
2020年7月に入り、連絡通路が完成したとのことで通ってみると、新しい中国デザートショップを発見!
さっそく入ってみました。

IMG_1030-2.jpg

IMG_1027.jpg

趙記傳承(Zhao Ji Chaun Cheng)

豆腐やマンゴーなどを使ったシンプルなデザートと中華点心などのスナックなどが中心のメニューは、ぎっしりと品書きが。

DSCN2682.JPG

チャイニーズ系のスイーツは豆腐、タロイモ、クワイなどを使っていることが多く、なんとなく健康にもよさそうですね。
また冷えたものを食べるのは体によくないとの考えもあるようで、キンキンに冷えたものは少なめです。

まずは席に案内されてテーブルに着きます。メニューを持ってきてもらったら会計でオーダーする先払い方式です。
冷たいデザートという豆腐系スイーツを頼んでみました。

豆花布丁+小豆(Tau Fah pudding+Red Bean)でRM12(約301円)

IMG_1028.jpg

豆腐系のスイーツは多いのですが、これはなんとプリンになっています。
絹ごし豆腐っぽいいつもの食感を想像していたのですが、もっとつるんとしていてクセになる味。
ココナッツミルクの中にサゴと小豆が入っていて味変にもちょうどよい感じ。

IMG_1029.jpg

甘さ控えめで食べ頃のひんやり感、とても食べやすくほっとしました。
ただしメニューにはお茶やソフトドリンクなどはないので、あくまでもデザートを楽しむことになります。

IMG_1031.jpg

ほかにもマンゴーを使ったデザートなどがあったのでまた機会があったら食べてみたいと思いました。
場所は駅を降りて連絡通路をワンウタマへ歩くと向かって左側、ベーカリーショップのラベンダー(Lavender)の筋向かいです。

【ワン・ウタマ・ショッピング・センター(1 Utama shopping Centre)】
・住所: 1, Lebuh Bandar Utama, Bandar Utama, 47800 Petaling Jaya, Selangor
・Tel: 03-7726 4788
・URL: https://www.1utama.com.my/
・営業時間: 10:00〜22:00
・休み: なし
・アクセス: MRTのスンガイ・ブロー・カジャン線(Sungai Buloh-Kajang Line)のバンダー・ウタマ駅(Bander Utama)下車すぐ

(すべての写真撮影by逗子マリナ)
※写真の無断転載禁止



2020年7月22日
2020年7月15日
2020年7月 8日
2020年7月 1日
2020年6月24日
⇒すべての記事を見る

マレーシア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マレーシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • クアラルンプール特派員

    クアラルンプール特派員
    逗子 マリナ
    広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集