海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ 逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


日本で人気のタピオカミルクティ。
マレーシアではチェーン店もあり、ドリンクショップのジャンルの一つとして定番となっていました。

ところが去年あたりから、マレーシアでも新しくタピオカを使ったドリンクショップがどんどんオープンして一気に増えました。
理由はいろいろありますが、中でも目立つのがSNS映え。
ブームとなっている店のカップのロゴ向けて投稿するのが流行っているようです。

そこで今回は筆者が飲んだマレーシアのタピオカドリンクをいくつかまとめてご紹介します!
ドリンクの価格はサイズにもよりますが、だいたいRM10(約255円)前後となっています。
マレーシアでもそうですが、海外ではタピオカドリンクのことをボバ(Boba)、パールミルクティー(Pearl Milk Tea)と呼んだりします。

タイガーシュガー(Tiger Sugar)
2017年に台湾にオープンしたタイガー・シュガー。その名の由来はカップの中の黒糖にミルクを入れるときにできる模様がトラの体に似ているとのこと。
同店シグニチャーともいえるタイガー・シュガー・ボバ・シリーズの中で一番人気のブラウン・シュガー・ボバ・ミルク・ウイズ・クリーム・ムース(Brown Sugar Boba Milk with Cream mousse)でRM12.9(約330円)
渡される時に15回振ってから飲むように言われます。
DSCN0596-2.jpg

DSCN001.JPG


コイ・テ(KOI the)
カップに巻きつけられたお店の紙ナプキンをとらずにSNSの投稿するのが大流行。オーダーしたのは一番人気のバブル・ブラック・ティー(Bubble Balck Tea/珍珠紅茶)。SサイズでRM6.2(約158円)。
購入したレシート番号を呼ばれたら受け取り口へ。人気店ゆえに提供時間がかかることもあります。

DSCN0696-2.jpg

DSCN0700.JPG

チャット(CHATTO)
2017年マレーシア発のカフェ系ショップ。タピオカドリンクの他に、日本風のお弁当など軽食もあります。公式サイトによると茶葉は日本、台湾、中国から輸入したものを使っているのだとか。
ちょっと珍しい炭が入ったチャコール・パール・ウーロン(Charcoal Pearl Oolong)=写真右。人気のほうじ茶味のホワイト・パール・ミルク・ホウジチャ(White Milk Hojicha)=写真左。どちらもRM10.9(約278円)

DSCN0882-2.jpg

DSCN0876.JPG

ティーライブ(tealive)
元Chatimeという名前のチェーン店で、ショッピングモールなどでよく見かける定番のショップ。オリジナル・パール・ミルクティー(Original Pearl Milk Tea)のSサイズでRM6.5(約166円)。タピオカ(ブラックパール)だけではなく、薬草の味がするちょっとビターなグラスジェリー(Grass Jelly)やあずき(Red Bean)が入ったものなどもあり。

IMG_0287-2.jpg

IMG_0286.JPG

アリー(The Alley)
日本でも人気のアリー。店内はよくみるとSNS映えしそうなスポットがたくさんあります。じゃんけんに勝ったら10%オフというキャンペーンなどをやっていることも。こちらの砂糖はさとうきびからできているのだそう。こちらはミルク・ティー・シリーズでアリーの中でも一番人気のブランウン・シュガー・ディリオカ・ミルク(Brown Sugar Deerioca Milk)でRM12.9(約330円)。タピオカ(ブラックパール)は、ナタデココに変更することもできます。

IMG_0445.JPG

IMG_0448.JPG

ムヨー・プラス(Muyoo+)
タピオカの専門店というよりも、パンやスムーチーなどでも知られています。ブラウン・シュガー・ダーティー・ドリンク(Brown Sugar Dirty Drink)はRM12.9(約330円)

IMG_4848-2.jpg

IMG_4854-2.jpg

現在クアラルンプール市内には約90ものタピオカミルクティのブランドがある激選区なのだそうです。
値段も日本と比べると安いようなので、ぜひ試してみてくださいね。
※砂糖の量、氷を入れる入れないなどカスタマイズできるショップもあります。

(写真:全て本人撮影)


2019年9月18日

イスラム教を国教とするマレーシアは人口の7割がムスリム(イスラム教徒)です。
そのせいでしょうか街中でも同じくムスリムが多い中東圏の国々の料理やレストランも多くみかけます。
クアラルンプールの繁華街ブキッビンタン(Bukit Bintang)周辺にはアラブ、レバノン、トルコなどレストランはエキゾチックな雰囲気で目を引きます。

DSCN1008.jpg

DSCN1009.jpg

今回ご紹介するのはセントラル・マーケット(Central Market/Pasar Seni)近くにある中東系メニューがファストフードスタイルで食べられるラップンゴー(Wrap N’Go)。テイクアウトやデリバーが中心ですが、店内飲食も可能です。

メニューの中心となるのは、シャワルマ(Shawarma)=中東風ラップやサンドイッチ、ファラフェル(Falafel)=ひよこ豆のコロッケ風、フムス(Hummus)=ひよこ豆などをペーストにしたディップなどなど。
小さなスペースで気軽に入れ、サクっと食事ができることもあり、バックパッカーなどにも人気です。

DSCN1014.jpg

シャワルマ・クラシコ(Shawarma Classico)は羊ではなくチキンなので、匂いなどもなく食べやすく軽めのラップ。RM6.9(約174円)
3個入りのファラヘル・ボックス(Falafel Box)がRM3.5(約88円)。こちらはやや青っぽい独特な風味で豆類好きにはたまらない味。

DSCN1007.jpg

フムスは注文を受けてから、一つ一つ丸めて揚げていました。

DSCN1016.jpg

飲み物で目を引いたのが、アボカド・ブレンド(Avocado Blend)RM5.5(約139円)。アボカドと牛乳にはちみつを合わせた、とろっとした食感のスムーチーのよう。
サイズはレギュラーとラージがありました。甘みはなく、アボカドの青臭さや牛乳も感じられず、すっと飲めました。インパクトはないけど、クセになる味です。

この3品、見た目のボリュームは軽めのスナックといった感じで、ガッツリ系ではないかと思いきや、意外としっかりお腹にたまります。

中東系の料理はインド料理などとはまた違い、独特のスパイスを使うので時々苦手なこともあるのですが、クセがないので初めて中東料理に挑戦するにもおすすめかと思います。

DSCN1015.jpg

DSCN1011.jpg

店内のイートインスペースから、眺めるセントラルマーケット、中華街界隈の人や車の往来。
ちょっとしたローカル気分が味わえるスポットで、休憩がてら、あるいは軽めの食事がてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

DSCN1017-2.jpg

【データ】
店名:ラップンゴー(Wrap N’Go)
住所:50-G(C1), Jalan Hang Kasturi,Kuala Lumpur,50050 Kuala Lumpur
Tel:012-334 2018
URL:https://wrapngoint.business.site/website/wrapngoint/
営業時間:10:00-22:00


(全ての写真撮影&掲載許諾by逗子マリナ)


2019年9月11日

日本のように四季の区別があまりなく、熱帯の国マレーシア。
マレー半島とボルネオ島の一部と合わせ13の州があります。

マラッカ州(Melaka)の内陸部にあるアイルケロー(Ayer Kroh)。
マラッカ動物園(Zoo Melaka)、ウォーターパークのバイユー・ラグーン・パーク・リゾート(Bayou Lagoon Park Resort)など、観光スポットが集まっていて、ローカルの家族連れに人気のエリアです。

IMG_4266.JPG

ミニ・マレーシア&アセアン・カルチュアル・パーク(Mini Malaysia & ASEAN Cultural Park )もその一つ。

ここは伝統的な建築様式で建てられたマレーシア13州全て実物大の家が展示されている、テーマーパーク。
ASEANとあるのはマレーシアだけではなく、タイ、インドネシア、シンガポールなどの伝統建築も展示されているからです。

IMG_4295.JPG

家を外から眺めるだけではなく、全て中に入ることができるのが特徴。
中には生活用品が置かれていたり、子どもたちが実際に使っていた遊具などもあります。
禁止されていないものに限っては実際に触ったりすることも可能。

スタッフの方にお伺いしたところ、現在でもこのような伝統的な建築様式の家に住む人々もいるそうです。
しかしどちらかというと、ひと昔前のスタイルを再現しているのだそう。
日本にもある過去の時代体験ができるテーマパークのイメージに近いかもしれません。

海外の家というと土足であがるイメージかもしれませんが、日本同様に靴を脱いで室内に入ることも多いマレーシア。
園内の家に入る時もまずは靴を脱ぎます。

IMG_4275.JPG

訪れた日は日差しも強く、日中の最高気温は35度ぐらいでした。
しかし家の中は風通しもよく、外と比べると暑さがずいぶん違います。
窓ガラスではなく木製の開き窓で、屋根の庇(ひさし)も長いため、光があまり入ってこないのですが、編み上げられた壁の隙間からはほんのりと光がさしてきます。
外を歩いていた時には汗だくでしたが、家の中では意外なほど心地よさが感じられました。

またエントランス向かって左にあるステージでは時間帯によってマレーシア伝統舞踊ショーが見られたり、家の前庭では昔の生活用品を使ってココナッツを割っていたりと、マレーシアのちょっと前の生活をかいま見ることができます。

IMG_4290.JPG

ひとくちに熱帯と言っても、州のよって文化や気候、地理などに微妙な差があるため、思ったよりも屋根や家のスタイルが違います。
今まで郊外などで見ることがあった高床式で屋根が長い家。
改めてマレーシアの気候に沿って快適に過ごすために工夫されていることがわかり印象的でした。

訪れる場合の注意として、園内には蚊がいるので、虫除けなどを持参してください。
そして歩いて回ることになるので水分補給を忘れないようにしてくださいね。

(写真:本人撮影)

【データ】
施設名:ミニ・マレーシア&アセアン・カルチュアル・パーク(Mini Malaysia & ASEAN Cultural Park )
住所:Lebuh Ayer Keroh, 75450 Malacca
URL:https://minimalaysiaasean.my/
営業時間:9:30-17:30
入園料:RM23(大人)、RM17(子ども、学生) ※MyKad(マレーシア国民のIDカード)なしの場合


2019年9月 4日
2019年8月28日
2019年8月21日
2019年8月14日
2019年8月 7日
⇒すべての記事を見る

マレーシア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マレーシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • クアラルンプール特派員

    クアラルンプール特派員
    逗子 マリナ
    広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集