海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ 逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

マレーシアでは2020年10月以降、クラスターの発生などにより多くの州や連邦直轄領(クアラルンプール 、プトラジャヤ、ラブアン島など)がソフトロックダウンとなりましたが、11月後半になり一部の州では規制が緩められ「回復のための行動制限令(RMCO=Recovery Movement Control Order)」へと戻りました。

しかしクアラルンプールやセランゴール州といった人口が多く経済活動の中心となるエリアでは州境を閉鎖し、経済活動を最小限に抑えていますが、思うように感染者数が減っていません。
特に11月に入り、世界最大シェアを誇るマレーシアの医療用ゴム手袋を製造する工場からクラスターが出てしまい、従業員だけではなく近隣の住民にまで一気に感染が拡大してしまいました。

クアラルンプールでは現在発令されているソフトロックダウン「条件付き行動制限例(CMCO=Conditional Movement Control Order)」の期限が12月6日までとなっています。クリスマス、ローカルスクールの年度末のスクールホリデーなどを控えるかどうなるのかが気になるところです。

他州から移動が原則禁止されているためクアラルンプール市内は朝夕のラッシュアワーも新型コロナ以前と比較すると驚くほど空いています。
エリア内に在住していても娯楽やレジャーは禁止されていますが、ソーシャルディスタンスをとってジョギングなどをすることは許可されています。

IMG_1697.jpg

ペトロナス・ツイン・タワー(Petronas Twin Towers)前のKLCC公園(KLCC Park)。
レイクシンフォニーという噴水ショーがあり、毎晩ツーリストやローカルの人々が夕涼みがてら集まり、にぎわっていたのですが、もちろん現在は休止中。

公園はオープンしていますが、ジョギングなどをする場合は検温とコロナ追跡アプリのマイサジャテラ(MySejahtera)でQRコードをスキャンしてからの入園となります。
ジョギングをする人は少なめですが、警備員が巡回している姿が目立ちます。

IMG_1713.jpg

人がいないため、公園内の池が水鏡のようになっています。
ショッピングセンターのスリアKLCC(Suria KLCC)が水面に映り、幻想的とも言える風景が見られました。

DSCN3072.jpg

風も凪いでいたため、言われないと水に映ったとは思えないほどです。

IMG_1699.jpg

新型コロナ以前は見ることがなかったような景色です。
いままでにない静かで穏やかな熱帯の夜なのですが、やはり人々が行き交い、楽しそうな笑い声が聞こえ、噴水の音が聞こえるKLCCに早く戻ってほしいと感じました。

【データ】
■KLCC公園(KLCC Park)
・住所: Jalan Ampang, Kuala Lumpur City Centre, 50088 Kuala Lumpur,
・URL: https://www.suriaklcc.com.my/attractions/klcc-park/

(撮影by逗子マリナ)
※写真の無断転載禁止


2020年12月 2日

現在クアラルンプールのある東マレーシア(マレー半島側)は、12月6日までペルリス州、パハン州、ネグリ・センビラン州の3州を除き「条件付き行動制限例(CMCO=Conditional Movement Control Order)」が発令されています。州や連邦直轄領をまたぐ移動は禁止されており、いわゆるソフトロックダウンと呼ばれる状態が続いています。
またクアラルンプールは建築現場でクラスターが発生し、1日の感染者469人のうち462人がここから出てしまいました。
現在マレーシアでは一般の感染者は少なく、おもに工場、建築現場などからのクラスターが問題となっています。

また逆に予定されていたよりも早くソフトロックダウンが解除された州も。
マラッカ州、トレンガヌ州、一部をのぞくケダ州、ジョホール州などです。
また新たにクアンタン州がソフトロックダウンとなるなど状況が変化しています。

クアラルンプールでは現在のところ許可されている外出は、通院やスーパーなどへの買い出し、外食となっています。
一世帯あたりの外出許可人数が2名から3名となったので、飲食店などはやや人が増えたような印象を受けます。


ステイホームの影響で消費内容にも変化がでてきたのか、日用品を買いに行くスーパーにも新しい商品などが増えてきました。
そしてついつい購入してしまいます。

IMG_1487.jpg

マレーシアのイポーに本店があるコピティアムチェーンのオールドタウン・ホワイトコーヒー(OLD TOWN WHITE COFFEE)。コピティアムというのはトーストとコーヒーなど日本でいうモーニングのような軽食を終日提供するカフェで、シンガポールやマレーシアなどでよく見かけます。
このホワイトコーヒーはマレーシアでは定番とも言えるドリンクで、コンデンスミルクと砂糖たっぷりのコーヒー。名前から白いイメージがありますが、白いコーヒーではなくマーガリンで焙煎した豆が白くなることから、こう呼ばれています。

IMG_1488.jpg

IMG_1489.jpg

そのホワイトコーヒーをそのままチョコレートにしてしまったという、ありそうでなかったお菓子を発見。
名前もそのまま「ホワイトコーヒー ホワイトチョコレートとアーモンド(White Coffee White Chocolate with Almond)」です。
値段を忘れてしまったのですが、RM15〜20(約37〜500円)ぐらいでした。

IMG_1512.jpg

見た目がまさにホワイトコーヒーのようですが、味はというとやはり甘い!
ホワイトコーヒーがコーヒー感があまりないところも再現しているような味です。
名前のとおり真ん中にアーモンドが入っています。

マレーシアに住んでいた、あるいはマレーシアでホワイトコーヒーを飲んだことがある人はつい買ってしまうのではないでしょうか。
またいつの日か海外旅行ができるようになったときにマレーシアのおみやげにもよいかもしれませんね。


(撮影by逗子マリナ)
※写真の無断転載禁止


2020年11月25日

現在クアラルンプールがある東マレーシア(マレー半島側)ではペルリス州、クランタン州、パハン州の3州を除きすべての州が2020年12月6日までソフトロックダウンにあたる「条件付き行動制限例(CMCO=Conditional Movement Control Order)」が発令されています。
州や連邦直轄区をまたぐ移動は禁止されていますが、11月13日にSOP(標準運用手段)がアップデートされ、居住エリア内であれば生活必需品の買い物以外に、一世帯3名(ドライバーを含む)までなら車での外出、外食なども許可されています。

IMG_1636.jpg

買い物以外の外出を控えていましたが、食料品の買い出しの際に久しぶりにスターバックスコーヒーに寄ってみました。
アイスコールドブリュー(Cold Brews)のカップにも星が描かれていますね。グランデRM11.5(約292円)
通常なら年末を控えクリスマスの雰囲気が感じられる11月なのですが、やはり2020年はどことなく自粛ムードといった感じもします。
それでもクリスマスらしいアイテムと、時世を反映したコロナ対策アイテムを発見!

IMG_1640.jpg

以前にも何度か紹介しましたが、まずは季節ごとに発売されるスタバのリユーザブルカップ。
2020年クリスマスバージョンは中央に猫のイラストが描かれていて、その周囲にひいらぎのリースのようなデザインが。
サイズは16ozで、スターバックスのホットドリンクだとグランデ(Grande)で価格はRM20(約510円)
ホットドリンクは猫なのですが、アイスドリンク用はボディはピンク色で赤いストロー付き、犬のイラストとなっています。

シンプルですが、今年も年末がやってきた!と少し気分が上がります。

IMG_1642.jpg

IMG_1643.jpg

そしてこちらは、ドリンクやフードアイテムをRM20(510円)以上買うと、RM8(約200円)で購入できるマレーシアのオリジナルアイテムでマスク入れ&マスクストラップです。

スライダーケースはマスクだけではなく携帯用のサニタイザーがちょうど入る大きさ。
確かにマスクは食事などで外す際に、どうするか一瞬迷いますね。
マレーシアではお店によってはビニールを渡され「食事のときに外したマスクはこちらにはさんでください」と言われることもあります。

布製マスクが増えてきたため、マスクのゴムにストラップをつけて首からかけるようにしている人もたまに見かけます。
またはケースのネックストラップとしても使えます。

いずれにせよ、2019年の今頃はまったく想像もしなかったアイテムではないかと思います。
このような形で時世が反映されるのは残念ですが、おしゃれに仕上げることでちょっとした気分転換になりますね。

IMG_1641.jpg

毎年書いていますが、熱帯の国マレーシアでは季節の移り変わりを三大民族のホリデーや季節のイベントなどで感じることも多くあります。
今年はロックダウン期間が長かったこともあり、月日の感覚が例年とは違う印象でした。
遠出はできませんが、買い物に行くついでに外でコーヒーを飲むことができただけでもリフレッシュできました。

(撮影by逗子マリナ)
※写真の無断転載禁止


2020年11月18日
2020年11月11日
2020年11月 4日
2020年10月28日
2020年10月21日
⇒すべての記事を見る

マレーシア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マレーシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • クアラルンプール特派員

    クアラルンプール特派員
    逗子 マリナ
    広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集