海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ 逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

先週もお伝えしましたが、2021年5月13日、14日はイスラム暦の新年ハリラヤ・アイデルフィトリ(Hari Raya Aidilfitri)でした。
例年ならまだお祭り気分が残っているような感じなのですが、昨年に続き今年も州境も閉鎖され観光はできません。

IMG_2608.jpg

雨が降ったあとというのもあったのですが、いままでこれほどまでに人がいないKLCC公園(KLCC Park)はないように思いました。

クアラルンプール市内は慢性的な渋滞で、いつも車を運転していながらも移動は公共交通機関の方が早いかもしれないと感じることもあるのですが、市内はどこも空いていて不思議な感じがします。

IMG_2549.jpg

いままではどこに行っても人や車があふれていて東南アジアの喧騒が感じられましたが、いまは空いているのはいいのですが、どこも閑散としていて寂しい感じがします。

さて、今回はお知らせがあります。
2016年4月からクアラルンプール特派員としてブログを書かせていただいていました。
そして今回をもちまして一度、特派員としての活動をお休みさせていただくことになりました。
日本へ帰国というのではなく、クアラルンプールには引き続き住みます。

また少ししたら活動を再開することも考えていますが、ひとまずこれを区切りとさせていただきます。
いままで読んでいただき、マレーシアやクアラルンプールに興味を持っていただくことがございましたら何よりの幸いです。
本当にありがとうございました。

IMG_2558.jpg

現在クアラルンプールにお住まいの方で、地球の歩き方クアラルンプール特派員をぜひやってみたい!という方を募集しています。
特派員が数名在籍されている国や都市もあるので詳細などは
ご興味がある方はぜひこちらへ↓

https://www.arukikata.co.jp/company/travelwriter.html


2021年5月26日

先週にお伝えした状況から一転、マレーシアは2021年5月12日~6月7日まで全土でロックダウンとなってしまいました。
正確には東マレーシア(サラワク州、サバ州)などは若干条件が異なるようです。

いつもお伝えしていますが、マレーシアのロックダウンは「行動制限令(MCO=Movement Control Order)」と呼ばれています。
まさに行動制限となり、移動距離の制限、州を越える場合は通行許可証が必須、基本的に生活必需品などの買い物以外は外出禁止、一部スポーツの禁止などさまざまな制限がかかります。

そして迎えたのがマレーシアのみならずイスラム教の国々では最も大事なイベントのハリラヤ・アイデルフィトリ(Hari Raya Aidilfitri)。
イスラム暦の新年、つまりお正月です。
昨年に引き続き、今年も家族などが集まって盛大に祝うことはできませんでした。

IMG_2557.jpg

それでも可能な限りお祝いを発信しているのが、いつもこちらでお伝えしているパビリオンKL(Pavilion KL)のデコレーションです。
今年は4月15日~5月23日までとなっています。

IMG_2577.jpg

マレーシアの文化や装飾などをイメージしたもので、ブカプアサバザール(イフタール=断食後の夜の食事)をイメージした屋台なども出ていました。

IMG_2561.jpg

マレーシアのナショナルカラーともいえる緑と黄色がふんだんに使われまた熱帯雨林の自然豊かな大地をイメージしたデコレーションでした。
映えるスポットも多いのですが、冒頭でもお伝えしたように残念ながらホリデー前にロックダウンとなってしまいました。

IMG_2583.jpg

それでもハリラヤの前日に道路脇ではルマン(竹筒で炊いたココナッツミルクのご飯)を売っている屋台を多くみかけて、なんとなく大晦日気分になりました。
(撮影by逗子マリナ)
※写真の無断転載禁止

【データ】
■パビリオンKL(Pavilion KL)
・住所: 168 Jalan Bukit Bintang, 55100 Kuala Lumpur, Malaysia.
・URL: https://www.pavilion-kl.com/
・営業時間: 10:00~22:00


2021年5月19日

マレーシアでも人口が集中するエリアでは新型コロナ肺炎の感染者が増加しています。
2020年3月以来、クアラルンプールもおそらく3度目のロックダウンとなりました。

実は今回クアラルンプール市内のロックダウン、行動制限令(MCO)は5月5日にアナウンスされ7日から発令されるという急な決定でした。
その先日の6日からクアラルンプールに隣接するセランゴール州一部地域がロックダウンとなっていました。
エリアとして考えるとほぼ同じなので、いずれ数日以内にクアラルンプールも……と思っていた矢先でした。

マレーシアはロックダウンになると違反者は罰金刑となりますし、エリア外に出る道路は封鎖され検問が行われます。
場合によっては通行許可証がないと往来はできません。

現在ワクチン接種が進んではいますが、人の流れがあれば感染が拡大し、ロックダウンでやや減少するといういたちごっこの状態です。

13日からイスラム暦新年のハリラヤ・プアサ(Hari Raya Puasa)となる予定です。
本来ならオープンハウスが開催され、人々が家を訪れ新年を祝います。
新型コロナ肺炎が蔓延する前は王宮の敷地(Istana Negara)も解放し、年に1度中に入ることもできました。

残念ながら今年も中止となってしまいました。

IMG_2537.jpg

IMG_2538.jpg

それでもスーパーに行くと、ハリラヤにむけてプロモーションをやっていました。
ホリデー仕様の販促グッズを展開することが多いキットカットです。
過去にもマグカップ、ガラスのジャー、キャラクターとコラボしたティン缶などさまざまなものがありました。
今回はハリラヤランチボックスでした。

IMG_2539.jpg

そして中にはキットカットと、キットカットを利用したスイーツレシピ。
季節のイベントごとの期間限定バージョンのキットカットは多いのですが、今回は特に「ステイホーム」を意識しているのかなといった印象を持ちました。
おそらくかなり甘いと思うのですが、時間があるので挑戦してみようかと思っています。

IMG_2540.jpg

13日からハリラヤを迎えるマレーシア、およびイスラム圏の国々。
来年こそはラマダンバザールやラマダンバフェを楽しめる生活が戻ってほしいと切に願います。



2021年5月12日
2021年5月 5日
2021年4月28日
2021年4月21日
2021年4月14日
⇒すべての記事を見る

マレーシア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マレーシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • クアラルンプール特派員

    クアラルンプール特派員
    逗子 マリナ
    広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集