海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ 逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

マレーシアでも人口が集中するエリアでは新型コロナ肺炎の感染者が増加しています。
2020年3月以来、クアラルンプールもおそらく3度目のロックダウンとなりました。

実は今回クアラルンプール市内のロックダウン、行動制限令(MCO)は5月5日にアナウンスされ7日から発令されるという急な決定でした。
その先日の6日からクアラルンプールに隣接するセランゴール州一部地域がロックダウンとなっていました。
エリアとして考えるとほぼ同じなので、いずれ数日以内にクアラルンプールも......と思っていた矢先でした。

マレーシアはロックダウンになると違反者は罰金刑となりますし、エリア外に出る道路は封鎖され検問が行われます。
場合によっては通行許可証がないと往来はできません。

現在ワクチン接種が進んではいますが、人の流れがあれば感染が拡大し、ロックダウンでやや減少するといういたちごっこの状態です。

13日からイスラム暦新年のハリラヤ・プアサ(Hari Raya Puasa)となる予定です。
本来ならオープンハウスが開催され、人々が家を訪れ新年を祝います。
新型コロナ肺炎が蔓延する前は王宮の敷地(Istana Negara)も解放し、年に1度中に入ることもできました。

残念ながら今年も中止となってしまいました。

IMG_2537.jpg

IMG_2538.jpg

それでもスーパーに行くと、ハリラヤにむけてプロモーションをやっていました。
ホリデー仕様の販促グッズを展開することが多いキットカットです。
過去にもマグカップ、ガラスのジャー、キャラクターとコラボしたティン缶などさまざまなものがありました。
今回はハリラヤランチボックスでした。

IMG_2539.jpg

そして中にはキットカットと、キットカットを利用したスイーツレシピ。
季節のイベントごとの期間限定バージョンのキットカットは多いのですが、今回は特に「ステイホーム」を意識しているのかなといった印象を持ちました。
おそらくかなり甘いと思うのですが、時間があるので挑戦してみようかと思っています。

IMG_2540.jpg

13日からハリラヤを迎えるマレーシア、およびイスラム圏の国々。
来年こそはラマダンバザールやラマダンバフェを楽しめる生活が戻ってほしいと切に願います。



2021年5月12日

マレーシアでもいよいよ民間人に向けて新型コロナワクチンの接種が始まってきています。
3月から4月にかけては医療関係者や必須業種従事者を優先とするフェーズ1という段階でしたが、4月には生活習慣病を罹患している方、障がいを持つ方、60歳以上を対象に。
そしていよいよ、最終段階ともいえるフェーズ3も目前に。
一般のマレーシア国民だけではなく、私たち在住外国人も無料で接種できるようになります。

現在マレーシアはラマダン(Ramadan)中です。
クアラルンプールは1月13日からロックダウンに相当するMCOに入りました。
その後やや緩和されたロックダウンCMCOとなり、現在にいたります。

ステイホームで家にいる時間が多かったので、いままで気になりつつもそのままになっていたものを試すことも多かったこの一年。
今回はマレーシアの食べるラー油とも言えるサンバル(Sambal)を紹介します!
サンバル・ブランチャン、サンバルソースなどと呼ばれたりもします。

余談ですが、東南アジアのピリ辛ソースというとチリソースを思い浮かべますが、こちらのファストフードで提供されるものはピリ辛ケチャップといった味で甘かったりもします。海老チリみたいな感じのソースです。

サンバルは日本的に言ってしまうと「食べるラー油」です。
とはいえ、実際にマレーシアではチャーハンや炒め麺などに使うものですが。
そして、ひと言でサンバルと言ってもそれこそ辛さも千差万別で、ご飯の上にのせて食べるとおいしいものから、ちょっと使っただけでもピリッとした唐辛子の風味が感じられるものまであります。
またインドネシアのサンバルというと、どちらかというとチリソースなので、名前は一緒ですがちょっと風味が違います。

サンバルの中にはドライえび、イメージ的には「あみえび」のようなものが入っているのですが、発酵調味料なので中にはけっこう生臭い?というかきつい匂いがするものもあります。
原材料は油、塩、シャロット、にんにく、ブラチャン(これが発酵した「あみえび」のようなもの)。
そこで今回紹介するのは個人的に「ご飯にのせてもおいしい!」と思ったサンバルを紹介します。


IMG_2513.jpg
ケポン地区にある日系ラーメン店「麺屋大和」のサンバル
日本人がオーナーのラーメン屋さんで知られている同店ですが、店頭でオリジナルのサンバルを販売しています。
実はこれは店内飲食の場合、テーブルに酢やしょうゆといった調味料と一緒に置かれています。
スタッフの女性が「容器の半分ぐらい食べてしまう人もいました」と言っていました。
これは調味料というよりも「食べるラー油」と言ってもよく、臭みなどもまったくありません。
炒飯の隠し味や、ラーメン、餃子、中華スープの中にちょっと入れても本格的な味になります。
きゅうりや冷奴の上にのせる薬味としてもおすすめです。
個人的な好みとなりますが、坦々麺RM18(約450円)にたっぷりのせていただくと本当に止まりません。

IMG_2225.jpg

ラカスト(La Cust)
スーパーで手軽に買えるのと、油なのであっさりという言い方も変なのですが食べやすい味。
今回記事を書くにあたり公式サイトを訪れてみたら、なんと創業者は日本に留学していたことがあったそうです。
その当時に飲食店のアルバイト先で食べた日本の「食べるラー油」からインスパイアされてマレーシアに帰国して、もともとあったサンバルと融合、進化させて試行錯誤を重ね苦労して商品化したのだそう。
日本人好みの味だと思ったらそういうことだったようです。
そのまま食べてもおいしいのですが、鶏ガラスープにちょっと足し、ワカメとネギ(できたら白髪ねぎ)を足すとお手軽絶品中華風スープに。

IMG_8325.JPG
PLSの売店で販売されているクリスピー・プローン・チリ(Crispy Prawn Chili)
RM16(約400円)ですが、瓶のサイズが大きい!
セランゴール州北部の米どころといえば、セキンチャン(Sekinchan)。
PLSグループはローカルライスから、日本米に近い品種まで田植えから精米までやっている会社として知られています。
精米工場内にあるお米の販売所の向かいにある売店ではセキンチャン周辺の名産なども扱っています。
その売店で販売されているのがこちらのクリスピー・プローン・チリ(Crispy Prawn Chili)です。
サンバルが好きになるきっかけとなったもので、海の町でもあるセキンチャンで手作りされているもの。
同じ店内でライスクリスプというお米を揚げたおせんべいを販売しているので、のせて食べても。

IMG_2500.jpg

このほかにもスーパーなどではさまざまなものが売っています。
ハラルではないものはノンハラルコーナーで売っていたりも。
マレーシアでは1瓶でRM8~18(約200~450円)くらいです。
中華系だけではなく、マレー系(ニョニャ)の食文化にも欠かせないサンバル。
日本もこれから夏に向けてピリっと辛い料理が合う季節となりますね。

調べたところサンバルはオンラインショッピングや輸入食料品を扱うショップなどで入手できるのできるようです。
よろしかったら試してみてくださいね。

(撮影by逗子マリナ)
※写真の無断転載禁止


2021年5月 5日

現在マレーシアはイスラム教の重要な行事となるラマダン(Ramadan)となっています。
イスラム暦の新年を迎えるハリラヤ・プアサ(Hari Raya Puasa)まで約1ヵ月続きます。

一般的に断食月と言われていて、この期間ムスリムは日中は飲食ができません。
日没後のイフター(Iftar)から日の出前のスフール(sufur)まで許可されます。
新型コロナ肺炎が広まってからは、錯塩はロックダウンされてしまいましたが、今年2021年はラマダンバザールは朝6時まで開催してもよいことになっています。
ラマダンバザールとは、イフタールのための食べ物や飲み物を販売しているマーケットで、通常のナイトマーケットなどと違って飲食物のみの販売がメインとなります。

IMGP3858.JPG

さて、今回は以前訪れたマラッカ(Melaka)の、ヴィラ・セントーサ(villa Sentosa)を紹介します。
実はここは実際にマレー式住宅に住んでいる人々が町をそのまま博物館にしてしまったエリアです。
正確にはカンポン・モルテン(Kampung Morten)というマラッカ川沿いの地区です。

IMGP3848.JPG

世界遺産の町マラッカも近年はかなり開発が進みつつあって旧市街エリアの周囲には高層ホテルやコンドなども増えています。
その中でテーマーパークのようにも見えるヴィラ・セントーサですが、歩いていると洗濯を干している人、近所の人たちが立ち話をしている姿、開け放した窓からはお茶を飲む家族の姿などが垣間見られます。

1988年にマラッカの指定文化財として保護されることになり、観光スポットになりました。

家々の一部は内部を公開しています。
実際に生活をしているそのままなので、キッチンには鍋があったり、テーブルの上には飲みかけのドリンクが入ったコップが置いてありました。

入場料はありません。
ですが、家の中を見せてくれた方に尋ねると気持ちだけということでしたので、マラッカの観光アトラクションなどの料金より気持ち少なめの金額を寄付金入れとなっている錫の蓋つき鍋の中に入れました。

IMGP3853.JPG

周囲はホームステイ、つまり民泊をやっている一般家庭もあり、散策しているとそのような家が何軒か目に入ってきました。

観光化されつつあるような感じはするのですが、訪れた当時はお土産店などはまったくありませんでした。
ただし普通にホーカー(屋台)やマレーシアご飯の定番ナシレマ(Nasi Lemak)のお店はありました。
そして、よく作り込んだテーマパークのようなのに、どこかそこだけ空間が違うようなのは、基本的に人々の生活の場であるため、町の息吹のようなものが感じられたからではないかと思います。

IMGP3836.JPG

私が見学した家はエアコンがなかったのですが、炎天下の暑い日だったにもかかわらず、風通しがとてもよくむしろ涼しさが感じられました。

マラッカというと世界遺産の町のイメージが定着し、中心となるスタダイスやジョンカー界隈にスポットがあたりがちですが、時間があるようでしたらぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。
地域だけでももちろんSNS映えするのですが、なんといっても生活感あふれる博物館の独特な雰囲気からマレーシアを感じてみるのもおすすめです。

※現在は州境を越える移動が許可されていません。こちらの情報は取材時のものとなります。

【データ】
■ヴィラ・セントーサ(villa Sentosa)
・住所: Jalan Kampung Morten, 75300 Malacca City, Malacca
・URL: https://villasentosa.business.site/


2021年4月28日
2021年4月21日
2021年4月14日
2021年4月 7日
2021年3月24日
⇒すべての記事を見る

マレーシア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マレーシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • クアラルンプール特派員

    クアラルンプール特派員
    逗子 マリナ
    広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集