海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > クアラルンプール特派員ブログ > 島全体が免税のランカウイで酒類を買うとこの値段!

マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ 逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年11月16日

島全体が免税のランカウイで酒類を買うとこの値段!


メール プリント もっと見る

島全体が免税のランカウイで酒類を買うとこの値段!

CIMG4764.jpg

マレーシアの首都クアラルンプールから飛行機へ北へ約1時間。
ビーチリゾートとして知られ人気のランカウイ島ですが、実はもう一つ魅力があります。
それは、島全体まるごと免税(Duty Free)になっています。
2016年8月から法改正に伴い厳しくなりましたが、それでもタバコ、種類などが安く買えます。
規定にもよりますが種類に限らず免税品は買った国で開けてはいけないことになっています。
でもランカウイ島では極論すると缶ビールを買ったその場で開けても飲んでも問題がありません。

IMG_0881.jpg

ランカウイ島の中心部クアタウン(Kuah)には、多くの免税店があります。
あちらこちらのショップには免税(Duty Free)の看板が掲げられています。
扱っている商品のメインはビール、ワイン、スピリッツなどの種類、たばこ、輸入菓子、キッチン用品、ブランド品などです。

IMG_4832.jpg

IMG_4831.jpg

日本のビールが6缶でRM15.3(約373円)です。1本なんと約62円!
余談ですが日本とサイズが違いビール1缶は320mlです。

IMG_4829.jpg

IMG_4830.jpg

こちらは同じ輸入ワインなのですが、よく見ると違いがあります。
左側はマレーシアで通常売っているもので、税金かけられているもの(Duty Paid)。
右側はランカウイ島で売っていたもので、税金が免除されているもの(Duty Not Paid)。
値段も実際に1/3程度だったように思います。

マレーシアは物価も安く、外食なども気軽にできるのが魅力です。
しかしイスラム教国家のため、お酒などノンハラル(Non Halal=イスラム教で「認められていない」という意味)は、日本と同等かそれ以上の値段です。そのため割高感を感じてしまうこともあります。

ただし2016年の規定改正で、免税店店舗数の制限などがかけられる予定でしたが今のところ延期されています。
現地で消費する分にはかまいませんが、おみやげなどで出国時に持ち出す場合、免税の制限を超えますと通常の関税となりますので注意してください。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2016年11月16日
« 前の記事「常夏のマレーシアにあるマイナス6度の真冬のアトラクション」へ
»次の記事「マレーシアで普通に食べられるこんな日本食」 へ
おすすめ記事
    クアラルンプール特派員 新着記事
    クアラルンプールの語源とマスジッドジャメのボードウォーク周辺散策
    2018年のクアラルンプールのチャイニーズニューイヤー
    マレーシア旧正月限定で食せる縁起物の祝膳イーサン
    クアラルンプール郊外にある日系ラーメン店「麺屋大和」
    クアラルンプールの憩いのオアシスKLCC公園内に飲料水の給水ポイント
    マレーシアの熱帯雨林を眼下に!ゲンティンハイランドの新しいロープーウェイ
    バツー洞窟で人気の実演!マレーシア名物ココナッツジュースに挑戦!
    マレーシアで定番のアメリカ系カフェチェーンCBTL

    マレーシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マレーシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • クアラルンプール特派員

      クアラルンプール特派員
      逗子 マリナ
      広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集