海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > クアラルンプール特派員ブログ > ドリアンを食べるなら年2回の旬を逃さずトライ!

マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ 逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年6月12日

ドリアンを食べるなら年2回の旬を逃さずトライ!


ドリアンを食べるなら年2回の旬を逃さずトライ!

果物の王者と呼ばれるドリアン(Durian)
食べてしまえばその口当たり、食感、香りから甘み、苦味まで本当に魅了されてしまいます。
しかし、よく言われるハードルがその匂い。
日本ではドリアン=臭いというイメージになっているのではないでしょうか。

驚くことに新鮮なドリアンはほとんどあの独特の香りが全くしません。
ドリアンが匂いのは腐りかけ、もしくは実をとったあと廃棄される部分だったりします。

ドリアンの旬は2月、6~7月頃。
クアラルンプール近郊でドリアンの産地というとベントン(Benton)のものがよく知られています。

DSC_0772.jpg

というわけで、さっそく屋台に行ってきました。

この時期はナイトマーケット(パサ・マラム)などでもドリアン屋台を見かけますが、匂いがあるのでポツンと離れた場所で営業しています。

DSC_0765.jpg

DSC_0770.jpg

実はドリアンと一口に言ってもさまざまで、10種類ほどあります。
甘い、苦味、お酒のような風味などなど。
ローカル(中華系)は、炊いたもち米の上にのせて食事のように食べることもあるそうです。

DSC_0766.jpg

ドリアンを食べに初めて屋台を訪れる場合はどれがおすすめか店の人に尋ねてみてください。
そうすると「スイートとビターどっちが好み?」と聞かれたりします。
ビターとはこれもまたドリアンの風味の一つで、苦味のあとから甘さがくるような種類なのだそうです。
ちなみにドリアンはホテルに持ち込み禁止のことが多いので、なるべくその場で食べましょう。
冷やさずに常温でそのままかぶりつくのがマレーシア流。

DSC_001.jpg

IMG_0265.jpg

今回は「初心者オススメドリアン(!?)」で、甘みと苦味のバランスがよいとされるD101(ディーアイオーアイ)を食しました。
その場で食べることにしたので、使い捨てのビニール手袋を渡してくれます。

DSC_0769.jpg

パックに入れてもらい実食。
写真のサイズでRM18(約468円)
顔の近くまで持っていっても匂いません。
口に入れると、本当にとろけます。
ふわっとした甘みが口の中に広がります。

冒頭でもお伝えしましたが、ドリアンのシーズンは7月頃までです。
これを逃すとまた来年になってしまいます。
機会があったらぜひ一度は食べて(挑戦して?)みてはいかがでしょうか。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材
2019年6月12日
« 前の記事「ラマダン中に見かけたキャンペーン」へ
»次の記事「セキンチャンの海岸の浜茶屋でシーフードを味わう」 へ
おすすめ記事
クアラルンプール特派員 新着記事
ベーカリーショップ直営のカフェL.Tableでアフタヌーンティー
セキンチャンの海岸の浜茶屋でシーフードを味わう
ドリアンを食べるなら年2回の旬を逃さずトライ!
ラマダン中に見かけたキャンペーン
レトロでちょっと謎な店がぎっしりのスンガイ・ワン・プラザ
ミニキャメロンハイランドと呼ばれるアグロテクノロジーパーク
KLのトイレ事情とKLCCのプレミアムトイレ!?
歩行者専用の空中歩道KLCC-ブキッ・ビンタン・ウォークウェイブリッジ
1年前の同じ月に投稿された記事
南国らしさあふれる果物ドラゴンフルーツを食べよう
クアラルンプール郊外にあるローカル公園でサイクリング
クアラルンプールの台所!?TTDIで本格的で安いスパイスを買う
2018年ラマダン中のクアラルンプールはこんな感じです

[an error occurred while processing this directive]

マレーシア ツアー最安値

アジア 航空券情報


マレーシア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マレーシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • クアラルンプール特派員

    クアラルンプール特派員
    逗子 マリナ
    広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集