海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > クアラルンプール特派員ブログ > 年2回マレーシア各地の風物詩ドリアンフェスティバル

マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ 逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年7月24日

年2回マレーシア各地の風物詩ドリアンフェスティバル


年2回マレーシア各地の風物詩ドリアンフェスティバル

フルーツの王様とも呼ばれるドリアン(Durian)。
旬は年2回、2〜4月と6〜7月ぐらいと言われています。

DSCN0653.JPG

6月下旬ぐらいから、クアラルンプールでも各地でドリアンフェスティバルなるものが開催されています。
ポップアップのドリアン屋台なのですが、ドリアンのスイーツやアイスクリームなども売られていて、高道路沿いの店などと比べてちょっとオシャレな感じがします。

そろそろシーズンも終わりかと思っていたところ、ローカルの友だちから週末にドリアンフェスティバルがあると聞き出かけました。
会場があるのはクアラルンプール北部の新興住宅地デサ・パークシティ(Desa Parkcity)

DSCN0655-2.jpg

DSCN0656-2.jpg

犬を飼っている人にとっては、マレーシアでは少ないドッグフレンドリーな公園があることでも知られています。
ドリアンフェスティバルはプラザ・アーカディア(Plaza Arkadia)というショッピングモールに隣接する駐車場で開催されていました。
近くまで行ってもあまりドリアンの香りがしてきません。
可食部のドリアンではなくて、ゴミとして捨てた皮や種などがあの独特な匂いの元とも言われています。

DSCN0631-2.jpg

会場で販売していたドリアンはディーアイオーアイ(D101)、ムサンキング(Musang King)の2種類のみ。
実はドリアンの中でも一番と言われていたムサンキングよりもさらに美味しいと言われているブラック・ソーン(Black Thorn)があるかもと期待して行ったのですが、すでに売り切れだったのか残念ながら味わうことができませんでした。

DSCN0630.JPG

ドリアンはkgあたりの値段で売られており、可食部だけではなく全体の実の重さで値段が決まります。
中は5~6房に分かれていて、直径10cmほどのバナナぐらいのサイズのドリアンがそれぞれ入っています。

DSCN0646.JPG

ムサンキングを頼みました。価格はRM118(約3090円)。中にドリアンは5つほど入っていました。
種が直径4cmぐらいあるので、身は思ったよりも少ないのですが、何しろコクはあってクリーミー。
そしてどことなくブランデーのような芳香がただよってきます。
値段も高いのですが、さすが果物の王者と称される味に納得です。

DSCN0625.JPG

もちろんドリアンがメインなのですが、会場内にはドリアン餅、ドリアンアイス、ココナッツジュース、そしてドリアン同様にホテルでは持ち込み禁止なことが多いマンゴスチンなども売っていました。
マンゴスチンがホテル持ち込み禁止なのは、色素がつくととれなくなるからだとか。

DSCN0642-2.jpg

お店の人に聞いたところ、マレー半島のドリアンの産地はクランタン州、パハン州、ペラ州、マラッカ州などだそうです。
それぞれの産地によって味や品種も違うので、旬の時期にマレーシアを訪れるならば、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2019年7月24日
« 前の記事「マラッカのおすすめみやげ!マレーシア全州のコーヒー13種類が一箱に」へ
»次の記事「フードだけじゃない!インド人街で買うプチプラアイテム」 へ
おすすめ記事
クアラルンプール特派員 新着記事
光の祭典パビリオンKLのディーパバリの風景
クアラルンプール市内観光に便利な無料バスGOKLの2ルート
美味なチョコレートが続々登場中のクアラルンプール
マレーシアのローカルスナック菓子
森林保護区FRIMで熱帯雨林の自然に癒される
タピオカミルクティ飲み比べinクアラルンプール
中東料理に注目!マレーシアのストリートフード
マレーシア全州の実物大住宅が集まったテーマパーク
1年前の同じ月に投稿された記事
ペトロナスツインタワーが映えるおすすめの撮影スポット
【2018年最新版】セントラルマーケット店舗スタッフがオススメみやげ
赤いランタンが映える天后宮とひんやりココナッツデザート
実食!マクドナルドでドリアン味のマックフルーリー

マレーシア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マレーシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • クアラルンプール特派員

    クアラルンプール特派員
    逗子 マリナ
    広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集